高次脳機能障害への合理的配慮に関する意見書案

9月議会に「高次脳機能障害への合理的配慮」について政府への意見書案を提出しました。社会が高齢化する中で、在職途上で発病し、突然病気療養・職場復帰と言う課題に直面する人が増えています。自らの経験を踏まえて「障害への理解を深め、生活支援等の手法を職場でも確立できる」施策を国に求めるものです。
—–
障害者差別解消法に基づく高次脳機能障害への
合理的配慮の在り方に関する意見書(案)

障害の様態は様々で、それ故合理的配慮が必須となります。
障害者にとって何かをするには「頑張る」ことが必須ですが、頑張ると緊張が高まり、動悸がしてパニックに陥ります。逆に「ゆったり」することで緊張を緩め、それによって思考の幅を広げるという結果を得ることもあります。
人様々な結果や効果がある中で、障害者差別解消法が求める障害者への合理的配慮の対応は非常に難しい面があります。
病気やケガにより、脳の損傷をおって言語・思考・記憶・行為・学習・注意などの症状がでる高次脳機能障害に誰もが好きで陥るのではありません。「同じことを繰り返し質問する」「ふたつのことを同時に行うと混乱する」といった障害を運悪く抱えても、療養リハビリを経て、運良く復帰していきます。
その中で、議員という職を持ち中途で障害となるのは少ないケースですが、公平という言葉が到底及ばない不公平を合理的配慮で少しでも補い、障害を得た人の一助となるよう、文京区議会は議員一体となり支援しています。
よって、文京区議会は政府に対し、日常生活及び社会生活への適応に困難を有する高次脳機能障害への理解を深め、生活支援等の手法を家庭だけでなく職場等でも確立できるように、相談機関の設置、職場復帰ののちもリハビリテーションに十分通院できるような制度の制定を望みます。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します
厚生労働大臣
内閣府特命担当大臣

区政への提言(地方連携)

区長に以下の提言をしました

4-1 森林環境譲与税をつかった協定自治体との森づくり・木材利用の新たな展開

協定対象自治体に「文京区の森」をつくる。その森づくりを通じて、二酸化炭素の排出のオフセットとしての吸収源の確保、区民・学校児童の自然体験を踏まえた森づくり協力を行う。
協定自治体の森で育った木材を、区内の教育•福祉施設など公共施設の新設・改修などの事業の中で利用し、木材利用を通じた経済的な関係、森作りと公共施設の関係を共有した文化的な関係を深める。

区政への提言(みどりとまちづくり)文京区の宝、歴史、文化、みどり、水をまもるまち

区政に2つの提言をしました

3-1 歴史と文化と緑を尊重し活かすため、住宅地の緑を確保する新たな施策の検討

次期の「緑の基本計両」策定に向けて、住宅地の緑を守るための新たな制度を検討する検討会を設置。(緑化計画の提出基準、みどりの保護条例の中の所有者の義務、近隣者の受忍など規定の挿入、公園の中に保育所設置する時代除草剤選定の適否、などを視野に)

3-2 再開発に関する諸間題及び、建築紛争の解決のための新たな制度

一定規模以上の開発事業及び建築計画(延べ面積1万平方メートル以上の計画も含む)について、(士地取得段階など)事業・計画を早期に公開し、表示場所を主旨にそって見やすい場所とする。
また、住民意見がある場合には区を事務局とし、専門家の関与のもとで、区民と事業者が協識する透明性のある制度をつくる。
また、関連して、事業実施段階の一定規模以上の計画変更についても情報の開示に関する基準を作成すべきである。

区政への提言(子育て)子どもが主役。地域と一緒に子育てを

区政に2つの提言をしました

2-1 学校を中心とした子育てと地域問題の連携

学校価値と地域価値、家庭価値の峻別を前提に、学校が地域の共通した情報発信基地であることについて議論を深め、以下のような活動に取り組む
● 学校施設整備に際し、地域の高齢者・ボランティアとの交流など地域連携のための複合的施設利用を念頭に、区内の先行事例を踏まえて、地域の人々や保護者も利用しやすいスペースになるよう配慮する。
● 学校のHPを使った情報発信の中に、学校施設を使った地域行事等事例の掲載、公開期間以外の参観希望者への情報など、地域住民、保護者に対して積極的に情報を提示することにより、地域連携の一助とする。

2-2 子ども食堂を発展させ、柔軟な対応を

こども食堂支援を、対象者を子どもだけでなく、貧困だけでなく孤食の高齢者、障害者などにも対象を広げるとともに、地域さまざまな困難を抱える人の、居場所づくりにもする。

区政への提言(福祉・医療。障害者・高齢者)いくつになっても生き生きくらせるように

標記に関して3つの提案をしました

1-1 高齢者・障害者もふくめた全ての人に安全安心な福祉のまちづくりを進めるため、公共施設のユニバーサルデザイン化の推進

福祉のまちづくりの、文京区の独自の遵守基準を作成することを念頭に、関係者(障害者団体など)の意見を聞き整備基準の検討を行う。
(やまびこ荘など保養施設・宿泊施設を含む)区営施設については、民間の施設と別のよりハードルの高い義務基準を設け、啓発と制度の普及につとめる。

1-2 裔齢者・障害者に配慮した交通インフラの整備

高齢者の自動車運転を減らすため、運転免許自主返還制度を支援することとし、商店街のサービス、交通料金のサービス、自転車駐車場の優先利用など見返りの充実をはかる。
自転車駐車場の抜本的な拡充をはかり、若年の通学、通勤客と高齢者の利用を分別して使いやすいシステムとする。
B―ぐるの路線拡大と再編をはかるとともに、坂道の多い住宅地を回る小回りのきく準公共交通手段として、より小型のバスを定年後のサラリーマンを運転者にしたシーぐる(之:::ア、上ょうがいしゃのシーぐる)のネットワークをつくる。

1-3 高齢者への支援の充実と多様化

高齢者をはじめ区民の運動施設の利用料金を他区との均衡も考え概要て見直すこと。
高齢者クラブヘの支援の見直しをはかり、支援の必要要件(30人を引き下げるなど)を緩和するとともに、施設利用費の無料化,給食の提供など、支援内容を拡大する(場合によっては団体への助成金という形でなくてもよいかもしれない)

参議院比例区 大河原まさこさんを応援します

参議院比例区に立候補した民進党の大河原まさこさんは、元生活者ネットワークの都議会議員です。

3期務めた後、民主党参議院議員を1期務め、今回民進党から比例区で立候補しました。13010671_1708932696013501_3109122366934559527_n

比例区は掲示板にポスターを掲示できないし、ネットのみんなは勝手連で、口コミやミニ集会に頑張っています。
もちろん生活者ネット以外でも支援者が頑張っています。

比例は大河原まさこ、

「大河原まさこ」

と名前を書いてください!

大河原さんを囲んで、気になることをなんでも聞こう!今回の選挙の重要さを知ってもらい、応援してくれる人をふやそう!投票につなげて安倍政権の独走を止めよう!という集まりがいくつかあります。
ぜひぜひご都合のよい企画に参加してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
企画1. 大河原まさこさんと語る in 港・千代田・新宿

◆日時:6月28日(火) 12時~14時
◆場所:シャン・ドゥ・ソレイユ 4階
千代田区内神田1-10-6 一世会館ビル
TEL.03-5281-0333

◆大河原まさこさんは、市民派環境派の女性議員として、いのち優先の政治を実践してきた人です。
◆ぜひ、参議院で、大河原まさこさんに6年間しっかりと、平和や原発、食の安全はもちろんのこと、東京一極集中問題、都市法改正等にも取り組んでいただきたく、語る会を開催します。

呼びかけ人:矢島凉子(飯田橋)、加藤宣幸(九段)、下田武夫(六番町)、加藤真希子(九段)、広井政子(平河町)、上村千寿子(飯田橋デザイン事務所)、大橋智子(富士見、建築家)、小枝すみ子(千代田区議)、岩佐りょう子(千代田区議)、清家あい(港区議)、三雲崇正(新宿区議)ほか
【問い合わせ先】小枝 090-5506-1516 岩佐 080-5075-5799

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
企画2. サロンdeネットin湯島(文京)
なんでも聞こう!話そう!お茶会

◆日時:6月30日(木) 10:30~11:30
◆場所:アカデミー湯島 学習室
文京区湯島 2-18-14
◆参加費:300円

◆食品安全条例に始まり、遺伝子組み換え食品、TPP問題と一貫して「食と農」に関わってきた大河原さん、基本は「いのち」と「平和」です。

【問合せ】文京・生活者ネットワーク 03-4283-3430
藤原 090-5581-9288

6月定例議会が始まりました

5月17日に今年の議会が招集され、同日から2017年4月30日までの349日の会期で始まりました。昨日6月定例議会が開会し、今日から一般質問です。

3日(金) 14:00~14:50 田中和子議員(市民の広場)が登壇します。

これまで別立てで、重層性や整合性などが区民協議会の中でも課題として挙がっていた基本構想推進と行財政改革推進が、今年度から一本化され、区民協議会も合体しました。これまでの積み重ねをどう次期基本構想実施計画に生かしていくのか。地方版まち・ひと・しごと創生総合戦略と今年から始まる公共施設総合計画策定に、矛盾なく人口ビジョンを反映させられるのか。再開発現場におけるアスベストのずさんな管理などについて質問します。

同日15:00~15:55は、前期同僚だったぶんきょう未来の海津敦子議員が登壇します。

この二人の質問はぜひおきき逃しなく。

質問要旨は以下。

www.city.bunkyo.lg.jp/kugikai/nittei/yousi/yousi0806.html

 

 

卒業、おめでとう!

我が家の秘蔵っ子、サクランボ実生桜が咲きました!
昨日、誠之小学校の卒業式があり、今年の卒業式シーズンが終わりました。

誠之の式はとにかく長い。でもおもしろいことがいっぱい。卒業証書授与式の間中、126人分約1時間、ずっとライブでピアノメドレー演奏があること。ときどきこけながら、はずしながら、ふるさと、バッハのメヌエットに始まり・・・春よ来い・・・別れの曲、卒業写真まで多分30曲くらい、先生お疲れさまでした。

式辞や祝辞の中で聞いたおもしろい話。
発明王エジソンは失敗ばかりで何をやってもうまくいかず、2度も解雇され、努力で研究の道を切り開いてようやく電球や電力システムの発明にこぎつけたのですが、「私は失敗したことはない、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけ」と言っていたとか。
ネガポ辞典によると、飽きっぽいは、気持ちの切り替えが早い、視野が広いとなる。私ってこれだな。

子どもたちの呼びかけの中から。「組体操、友だちの重みに耐えて支えました。」
みなさん、可能性を信じる心、諦めない心でこれからの長い人生を進んでくださいね。卒業おめでとうございます!DSC_1542

夏休みの終わりに・・・

原爆の図展が終わり、翌日からお墓参り兼つかの間の夏休み。 箱根仙石原のかつて男爵邸だったというホテルを拠点に、美術館巡り、アウトレット、ケーブルカー、ゴンドラ、遊覧船・・・2013081017490000

ベタだなあと我ながら苦笑いですが、想定外に感動しました。特に、ポーラ美術館の西洋美術館とのコラボによる松方コレクションなどのモネ。そしてガレなどのガラス器。

20130811164600002013081116300000

ガラスの森美術館の圧巻のガラスたちや絵のような庭でのカンツォーネライブ。50年ぶりの大涌谷や初めてのアウトレットも楽しかった。

それにしてもなに? この暑さ!! 帰ってきたら我が家はサウナでした。

 

そして、帰宅後早々に大切な恩人の急逝の訃報。酷暑の終戦記念日に葬儀がおこなわれました。

いつもフィッシングジャケットに釣り竿携帯で、河川・水辺環境・在来生態系保護、地域コミュニティなど幅広い分野で、したたかに、あくまで楽観的に活動された大きな方でした。

とんがらず、いつもにこやかに、言いたい放題でも軋轢なく、そんな手法を学ぼうとくっついていましたが、習得は叶いませんでした。持病を抱えていらしたものの、闘病はせず、2~3時間苦しまれただけで旅立たれたことは救いです。

最期の日まで過ごされたコミュニティセンター(地域活動センター)での葬儀もよかった。武蔵野市ではコミセンが市民斎場に指定されているそうですが、いつも一緒に活動している人々に見送られるのは最高です。お寺で大々的に葬儀をしたい人はそうすればいいとして、日頃活動の拠点としていたところで仲間とお別れをしたい人には地域活動センターの方が嬉しいかも。区民斎場って本来そういう人たち向けにあるべきではないでしょうか。

奥様の言葉が素敵でした。「夫の葬儀にこんなに多くの人たちが来てくれるとは思わなかった。夫も喜んでいると思うが、あらためて夫がコミュニティの中で人々とつながっていたことを知り、私も本当に嬉しい。残された私たちは、夫を見習ってこれから何か社会のためになる活動をして、人々とつながっていければと思っている。」短いながら光っていました。

夏休み

 

原爆の図展が終わりました。6日から9日の期間、連日猛暑の中約150人の来場者がありました。

お子さん連れも多く、みなさん熱心に見てくださいました。

翌日から夏休みに入りました。

DSC_0163

*