違法建築にご用心

巷は違法建築でもちきり。しかし困ったものです。

大手が勢ぞろいして、三井不動産レジデンシャル、三井住友建設、日立ハイテクノロジーズ、旭化成建材、虚偽記載やデータ転用は犯罪ですね。おまけに東洋ゴムは、今回は建築ではなく船や鉄道の防振ゴムですが、性能の改ざんで3件目の不正です。

横浜市では去年も、住友不動産と設計・施工熊谷組のマンションがやはり杭が支持地盤に届いていなくて傾いた事件が発覚しました。

港区でも去年、設計・販売が三菱地所系列、施工が鹿島と関電工、というマンションが配管のスリーブを設計するのを忘れ、それを修復するために穴をあけたら鉄筋を切断してしまったとかで強度不足になり建替え、というとんまな事件がありました。

多分今回のは、地中の地盤の傾きや地層をきちんと調査せず、平らだろう、どこも同じだろうと高をくくって見切り発車してしまったのでしょう。

運を天に任せて。下手するとどういうことになるか想像力も枯渇して。

これらは当然、工事完了後でも完売後でも人が住んでいても建替えまたは是正ですが、今回も多分そういうことになるのでしょう。

しかしこういう時代になったということは、大手も準大手も中小も関係なく、売れていても住人が決まっていても関係なく、違法は違法、ダメなものはダメということを再確認するしかないのです。

ダメ出しする側からすると、遠慮なく、情け容赦なく、ある意味やりやすいとも言えますが、しかし困った時代です。

資産価値はロシアンルーレットのようなもの。当たるも八卦、当たらぬも八卦。これだけは言えるのは、入居が遅れる迷惑より、疑わしいという風評被害より、避難経路がしっかりし、崖が崩れない実質的安全性が大事ということです。

藤原フィナーレでのメッセージ

毎日大音量で申し訳ありません。今日で選挙活動は終わりですので、もう少し我慢いただき、せっかくですから色々な政策を聞き分けて、明日の投票の参考にしてください。棄権はもったいない。あなたの1票をこの文京区を少しでも住みよい区にするために有効にご活用ください。

藤原美佐子は4年前、無所属市民派の区議会議員として議会に送っていただきました。「守ろうこのまち、変えよう議会!大事なことは市民が決める。」というのは1期目からのフレーズです。このすぐ北側に、150mという超高層再開発計画があり、私の住む町はまたそのすぐ北側で、住民の半分くらいの方が日照を阻害されることになります。その町の仲間たちと共に再開発を見直そう、文の京と言われる文化と歴史の薫り高いこの文京区の佇まいを守ろう、という思いで立候補し当選させていただきました。1期4年間は無所属として、主に景観づくり条例や高さ制限の策定などにたずさわり、まちづくりやマンション紛争のご相談を数多く受けてまいりました。

今回、子育て中の若い世代の新しい仲間を加え、文京・生活者ネットワークを立ち上げ、その代表として、「ひとりにしない子育て、介護!」というテーマで2期目に挑戦しています。生活者ネットワークという名前、お聞きになったことのある方もいらっしゃると思いますが、少し説明させていただきます。

私自身、杉並・生活者ネットワークに20年以上関わってきましたが、練馬区で始まり、約40年、35自治体で地域の課題解決に市民の声で政策を練り上げ、市民提案を代理人と呼んでいる議員を通して議会につなげていく活動をしています。

食品表示の徹底、添加物などからの食の安全、エネルギーの地産池消、脱原発、子どもの遊び場問題、子どもの権利条例推進、などを進めてきました。

東京全体の課題については東京・生活者ネットワークの調査機能や政策立案機能を活用し、大事なことは市民が決める。政治を生活の道具に。子育て介護は社会の仕事。という大きな理念を持って、都議会議員3人、区議会市議会に52人の議員を送っています。文京・生活者ネットワークは、35番目、一番新しい生活者ネットです。

生活クラブ運動の中から生まれてきた社会運動の一環、生活者ネットワークですが、ほかにも、助け合いや食のワーカーズなどの新しい働き方と働く場をつくるワーカーズコレクティブ運動、市民シンクタンクの市民調査会や東京ランポ、ひとまち社などと運動を広げてきました。

 

私たちは、3つのルールで参加型市民政治を進めてきました。

  1. 議員を職業化せず、特権を廃止し、最長3期12年で交代することで、多くの市民が課題を共有し、議会での活動を平場の市民活動に生かすこと。
  2. 議員歳費は仲間たちの市民活動につかうこと。
  3. 選挙はカンパとボランティアでおこなうこと。

 

さて、2期目に向けての私藤原美佐子のテーマは、1期目まちづくりでやり残したまちづくり条例策定に加え、「ひとりにしない子育て・介護」です。今、待ったなしの問題となっている、子育てと介護です。安心して子どもを預けて働くための保育所や育成室の整備、数の整備と保育の質の確保です。そして、今年介護保険制度が大きく変わり、要支援1,2が介護保険からはずされ自治体の事業に移管されますが、文京区は独自事業の制度設計が遅れています。秋には区民意見を募集すると言っているので、区民の声をぜひあげてください。必要なサービスをきちんと提供し、高齢者が最後まで住み慣れたまちで自分らしく、地域の仲間と集い、働き、自由が利かなくなってからも訪問医療や看護で支えられ、またできることでは支え、生き抜けるような文京区にしたい、ということです。

大事なことは市民が決める、その部分に市民シチズンという意味での市民と区民の声を入れて行きましょう。ぜひ私藤原みさこに声を届けてください。ともに政策に練り上げ、議会に届けましょう。

選挙公報でご覧になったと思いますが、成澤区長は3期目に向け、今後やるべきこととして保育園や育成室、特別養護老人ホームの増設を数値目標を上げて示されています。頼もしいと思われる方が多いと思います。しかし、その質が問題です。この春、認証から認可への移行をふくめ、9園の認可保育所が新たにオープンしましたが、車で回っていると、街角のいたるところに、小さな保育園や民間の育成室のようなものが見られます。子どもたちはトロッコに詰め込まれ公園に行き、順番を待って遊んでいます。子どもの成長に欠かせない大事な地面との触れ合い、泥んこ遊びや木登り、私が子育てしたころを思い出すと、のびのびと園庭で遊ぶことの大切さはどこにいったのだろう。不安になります。文京区は予算も基金も潤沢にあります。予算の配分をチェックし、再開発に巨額の補助をするのではなく、用地取得を補助するなど、子育て支援や保育に予算を回しましょう。

せっかく越してきて出産したのに、乳児保育が受けられず、無認可になってしまった。4年生になったら育成室がなく、塾やおけいこごとでなんとかしのいでいる。などのお悩みをたくさん聞きます。

私藤原美佐子は、2期目は区民の方のこうした悩みをひとりにせず、生活者ネットの仲間とともに政策に練り上げ、行政や議会に届け、政策提案をしていこうと考えています。

 

1期目、手つかずでやり残したまちづくり条例については、区は今の制度で十分機能しているからまちづくり条例はつくらないと明言していますが、建築紛争の多発する現状を見ると、機能しているとは思えません。ぜひ必要です。

建築物は高さの2倍の範囲に説明しさえすれば自由につくれるというのはおかしい。どんな高さのものも、周辺住民の生活を脅かすものであってはいけない。そのためには、土地取得の段階から周辺住民にどんな規模のどんな建物を建てるか、それがどんな影響をもたらすかを速やかに説明し、周辺住民の不安や疑問をききとり、対応すべきものにはきちんと答えることを事業者に義務付けること。

 

建物は大きくなるほど周辺への影響は比例以上に大きくなる。説明会の範囲も、10mのものは20mの範囲に説明すればいいとしても50mのものは200m300mに影響し、150mとなると300mではとても足りない、1km2km、文京区内全域、ことによると他区にも影響を及ぼす。

景観行政団体になった文の京ならことさら、独自にそうした大きな範囲への説明義務を条例化してもよいと思います。そして、建築確認申請の1か月、2カ月前と言わず、土地取得と同時に説明義務を課しても良い、と考えます。そして周辺住民との調整会を民民だけでなく区も関与してつくる、そんなことも条例化してよいと考えます。

 

しかし、このような政策提案をしても議会を変えなくては実現に至りません。藤原美佐子は、守ろうこのまち、変えよう議会!議会を開き、議員一人ひとりの行動や発言を見えやすくすることで、真の市民自治、区民の政治参加を進めます。文京区、投票率は都内1位、なのに市民の声が区政に通らない、実現できない。何が障壁となっているのでしょう。それは区長与党という、区長の提案にはすべてYES、野党の提案にはすべてNO、の多数会派の論理が立ちはだかっているからです。

 

まず、傍聴しやすい仕組みをつくること、傍聴に来られない方のために本会議や委員会の同時中継を導入し、子育て中の方が傍聴しやすいように託児制度、審議会などは希望者全員が傍聴できる仕組み、をつくります。

 

今、選挙カーから流れる政策はほとんど差がわからない、みんな同じようなことを言っているとよく言われますが、実際の議会内での行動や発言を聞けばすぐに違いがわかる。どの議員がどの議案や請願に賛成したか、公表するだけでもわかります。「申し訳ないけれど反対」とか、「趣旨はよくわかるが反対」などの言い訳も傍聴すればすぐにわかります。このように言う議員たちは、議会では反対した条例や請願の内容を選挙公約にしているのです。

 

こういう本心と逆の公約で当選する議員には投票せず、本心を言う議員を選べば、議会は変われます。会派の論理、数の論理で区長与党と言われる議員たちが多数を形成している中で、少数会派の私たちが覆すには、区民の大きな声が必要です。市民の声を政治につなぐ、ということは区長与党が無視することができないくらいの大きな声を区民の皆さんがあげてくれなければできない。区民意見、パブリックコメント、区民の声、傍聴、すべてが参加の方法です。フル活用してお任せでない市民自治をつくりましょう。

私のホームページにはパブリックコメントのお知らせも度々載っています。今現在も東京都景観計画の小石川植物園の景観誘導区域の意見募集を載せてあります。ぜひ見てください。そして意見を出してください。

 

藤原みさこ、2期目に挑戦の今回の選挙では、お任せでない市民参加の政治をぜひ実現したい。それができて初めて政策立案からの区民参加が進められるのです。

あなたを選んだのだから、あなたにお任せするからやって、ではなく、みなさん、藤原みさことともに、参加と自治の真に文化的な文京区をつくりましょう。

 

選挙運動も残りわずか数時間。

短いフレーズの中に違いを込めて、精いっぱい私藤原みさこの考えをお伝えできるよう、最後まで頑張ってまいります。最後までどうぞ応援をよろしくお願い申し上げます。

 

河津桜八分咲き

DSC_1477啓蟄に 春猫騒ぐ 河津夜桜 (字余り、季重なり三重)

写真は、元町公園前の外堀通り沿いの河津桜、今日の八分咲きのと2月21日の1分咲きの頃。DSC_1470

 

議会は今期の締め、予算審査特別委員会の3日目です。

「すべての世代の豊かな暮らしを27う予算」について、あきれた、ある意味最高に面白い審議が続いています。

宿題が終わらない~

いろいろなことがあった夏が終わっていく焦り。今日までに出すべきもの多数。
それなのに集中できず新聞チラシや広告を眺めていると、移り変わる浮世の世相が垣間見える。

昨年火事で焼けた須田町(淡路町?)の老舗神田藪蕎麦、和風建築では日本一と言われる水沢工務店で建て替えとの噂を聞いていたが、10月に復活オープンするらしい。求人広告で花番(お運びさん)を募集しているが、時給だとビル清掃の次に高い1200円。資格・経験問わず。資格や経験の必要な介護・保育・銀行窓口より高い。福祉労働があまりにも軽んじられているという問題はさて置き、すごいことかも。清掃が3Kなのは頷けるけど、蕎麦店員は危険なのか、きついのか。それとも単に老舗の力か。

深川富岡八幡宮の本祭りが終わった。清洲橋通りから分かれる資料館通りは空き店舗活用のまちづくり事例として地域振興・まちづくり調査特別委員会で紹介したことがあるけれど、その…中の元調剤薬局を活用した調剤室ギャラリー「Art Labo深川いっぷく」が4月に宝理仏蘭西菓子店というカフェにリニューアルしたらしい。本郷元町公園保存運動の時にも協力してくださった元のオウナーの白濱さんは、北海道に移住して農業をされているとか。いつの間にか深川も人が入れ替わっているが、継続的に活用されているのが素晴らしい。

そして15日に本郷1丁目に文京区初のドン・キホーテが開店した。年中無休24時間営業って本当にこのまちに必要なのか。おそらく来店客のほとんどは区外からで、法人税も文京区には入らないのではないか。
周囲のマンション住民が日照阻害や騒音に対処するよう開発段階から求めていたけれど、結局折り合ったのか。

大規模店舗法の規制について管轄の東京都に聞いたところ、24時間営業については規制がないという。事業者の経営判断のみで、人件費などの経費に対して儲けが多ければ24時間、儲からなければ営業時間短縮になるでしょう、と。マクドナルドもコンビニもみんなそういう論理で、地域によって自由です、と。

経営効率のみで規制が決まる世の中。周囲に住んでいる人は商業地域に住む以上がまんがまんなのか。条例で住民生活を保護することもできそうだが、今の文京区行政や区議会のメンバーでは悲しいかなそれは考えられない。

さよなら、XP~~

年度明け、消費税が上がったことはどう生活に影響しているのでしょうか。まだ見えてきませんが、一つ気になるのは、年度替わりとWindowsXPのサポート終了の時期が重なったことによるパソコンの不具合です。

我が家も今年1月に8.1に買い替えた口ですが、以前からのプリンターが3月末に急に使えなくなっていました。最初はアップデートやらサポートナビやらで四苦八苦工夫しようとしましたが、どうにもお手上げ。息子、夫、電話サポートの順に泣きつくと、どうやらDellのプリンターが8.1に対応していないらしい。ではどうして3月までは使えたのか、これが不思議。不安定な中たまたま運がよかっただけで、何かの拍子に本来の不整合が表に出てきたらしいのです。

XPがあまりにも使いよくて尾を引く中で、Vista、7が評判悪く、8、8.1と立て続けにヴァージョンアップしたところに消費税アップが重なり、どっと買い替えが増えたために(これは相談窓口氏の言葉ではなく私の解釈ですが)、整合性を図るソフトが間に合わなかったのだとか。

そんな無責任な~、困りますよ、それならXPのサポート期間を延長するなり何なり対応してくれなきゃ。

いや、末尾の記事を読むともう限界だったようですから、後継OSの低容量デバイスへの対応を急ぐべきでしょう。

外国の方と思われる日本語堪能な窓口氏は、「それは担当が違います! しかるべき窓口にどうぞ。」

結局、窓口氏の指示に従い再設定の方法を教わって、なんとか使えるようになりました。

たまたま我が家は他の家人もパソコン&プリンターを持っていたので別条ありませんでしたが、XPサポート終了の4月9日の周辺でもっと重大な不整合は他になかったのでしょうか。

騒がれたほどは買占めも消費減もなく穏やかな幕開けのようですが、陰ではこんな騒動もありました、という一席でした。おそまつ!

news.mynavi.jp/articles/2014/04/09/windowsxp/

 

 

国立裁判弁論再開

昨日、3月25日、暖かかったですね。待ち遠しかった東京の桜の開花宣言がようやくありました。

報告が遅れましたが、国立市元市長、上原公子さんに対して国立市が損害賠償請求をしている訴訟は、昨年いったん結審し、3月18日に判決が出るかと思われましたが、暮れの国立市議会の求償権放棄の議決を受けて 弁論が再開されることになりました。

もう一往復、弁論と反論があり、7月くらいに判決が出る見込みです。

次回の公判は 5月20日 16:30 東京地方裁判所 703号法廷

裁判所も人事異動があり、最初の裁判で上原さんに違法を認め、明和地所を勝訴させた裁判官は、東京地裁を去ったとのことなので、上原さんに勝訴判決を出しやすい状況になったとも言えます。

文京区の人事異動はどうなったかなあ・・内示は出たようなのですが。。いろいろな立場で、理由はともあれ、そこここで移動が期待されるこの頃です。

 

河津ざくら

本郷の元町公園前の外堀通り沿いに河津ざくらの木が3~4本あります。

今年は見頃が長く、まだ満開です。

区議会では昨日から予算審査特別委員会が始まりました。

「区民のさらなる安心を26ぐ予算」と命名された来年度予算ですが、保育ひとつとっても認可保育園に入れなくて職場復帰に不安を抱える家庭が激増しています。

2月27日現在の認可保育園二次募集状況は、0才児が6人の枠に応募187人、1才児が同じく6人の枠に223人となっており、マッチング云々以前に絶望的な感じがします。本当に安心を26(つむ)げるとは思えません。認証保育所も満杯との噂もあり、乳飲み子を預けて安心して仕事ができる社会とは程遠いとなると、ワークライフバランスも程遠い。

DSC_0063さてさて予算審査はどうなるでしょう。来週はかかりきりなので、今日河津ざくらを見てきてよかった。

 

 

ショックな閉店

ご近所で34年間親しまれてきたケーキ屋さんが31日で閉店になります。

3代に渡りほんとうにさまざまお世話になってきました。

母は料理教室で手のかかったメニューを習ってきて食卓にのせてくれ、私は余ったケーキをいただいたり、ポスターを貼らせていただいたり、娘は結婚式のお配りものを手作りしていただき。。。

閉店の事情を伺うと、やむを得ないなあとも思いますが、ずっと赤字だったとは残念です。もっと値上げすれば、と言うと地域の皆さんに申し訳ないからそうはいかないと。そうだねえ、仕方ないか。涙が思わずあふれます。

これからは趣味で木・金・土だけお惣菜をつくるから覗いてみてね、と。注文でクリスマスやバースデーなど記念日ケーキは続けるそうです。息子の結婚式のお菓子を仮予約して帰ってきました。いつになるかはわかりませんが。

我が街の地域の小売店はどんどんなくなり、壊滅状態です。わずかに残った魚屋さんと床屋さんを支えねば。

 

 

忘れていたラジオドラマで気づく忘れかけた日本の魅力

「音でつづる明治の旅」が面白い。ラジオドラマなんて何十年ぶりだろう。新鮮。

J-WAVE 開局25周年記念番組 「イザベラ・バードの日本紀行」

10月11日までの月曜~金曜 全9回 午後11:45~12:00 FM81.3

www.j-wave.co.jp/special/isabellabird/

明治時代にイザベラ・バードというイギリス人旅行家が日本を訪れたときに書いた日記を音で脚色したもの。当時の日本の風景や日本人の姿、リアルな生活が描かれている。

当時のイギリス女性の目には、日本の子どもはしゃちほこばって従順、おとなは過干渉で子煩悩に映ったらしい。確かに40年ほど前、イギリスに短期留学しホームステイしたとき、子どもたちは夕方6時にはごく簡単な夕食をとらせられ、寝かせられ、その後9時頃からおとなの社交の時間がパブで始まるのに面食らった記憶がある。おとなと子どもは別人種。多分乳幼児期を除いては否応なく自立しているのだろう。食事だって朝を除いて別だった。だからピーターパンのような物語ができるのかも。

www.asahi.com/culture/articles/TKY201310010361.html

以下、「三谷幸喜のありふれた生活」から。

「「小柄で醜くて親切そうで、しなびていて、がに股で、猫背で、胸のへこんだ貧相な人々」といった、日本人に対してのシニカルな表現は、若干むかつきはするが、心当たりがなくもないので、どこか笑える。 なにより、日本の美しい自然を描写する文章は、こちらが照れ臭くなるほど。僕らが忘れかけていた、この国の魅力を再確認させてくれる。」

www.asahi.com/culture/articles/TKY201310030313.html

 

あなたの1票、無駄にしないで!

投票所は8時まで。まだ1時間以上あります。

今日は参議院選挙、投票率(期日前含まず)が低いようです。期日前投票は参院選で過去最高だそうですが。

どうせ、、、と思って棄権する人、抗議の意味で棄権する人、どーでもいいと諦めている人・・・さまざまだと思いますが、もし投票率が50%だったら、その中での多数決は有権者の1/4で決まることになります。

もしそういう選挙で選ばれた国会議員が国民の代表として政策を決めたら、国民の声が届いたと言えるでしょうか。

若い人の投票率が低いと言われます。これから就職し、輝かしい未来があるべき世代なのに、社会で活躍できるかもしれないのに、もし憲法9条がなくなったら、戦争が始まるかもしれない。徴兵制が復活するかも知れない。若い戦力として駆り出されるかもしれない。

そのときになって戦争反対と言っても、日本国憲法9条が残っていたらと思っても、もう遅いかもしれない。

憲法、原発、非正規雇用対策、子育て施策、などなど大きな問題が山積しています。選挙に行って意思表示をしましょう。まだ間に合います。あなたの1票、無駄にしないで!

www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

digital.asahi.com/articles/TKY201307190490.html?

*