高次脳機能障害への合理的配慮に関する意見書案

9月議会に「高次脳機能障害への合理的配慮」について政府への意見書案を提出しました。社会が高齢化する中で、在職途上で発病し、突然病気療養・職場復帰と言う課題に直面する人が増えています。自らの経験を踏まえて「障害への理解を深め、生活支援等の手法を職場でも確立できる」施策を国に求めるものです。
—–
障害者差別解消法に基づく高次脳機能障害への
合理的配慮の在り方に関する意見書(案)

障害の様態は様々で、それ故合理的配慮が必須となります。
障害者にとって何かをするには「頑張る」ことが必須ですが、頑張ると緊張が高まり、動悸がしてパニックに陥ります。逆に「ゆったり」することで緊張を緩め、それによって思考の幅を広げるという結果を得ることもあります。
人様々な結果や効果がある中で、障害者差別解消法が求める障害者への合理的配慮の対応は非常に難しい面があります。
病気やケガにより、脳の損傷をおって言語・思考・記憶・行為・学習・注意などの症状がでる高次脳機能障害に誰もが好きで陥るのではありません。「同じことを繰り返し質問する」「ふたつのことを同時に行うと混乱する」といった障害を運悪く抱えても、療養リハビリを経て、運良く復帰していきます。
その中で、議員という職を持ち中途で障害となるのは少ないケースですが、公平という言葉が到底及ばない不公平を合理的配慮で少しでも補い、障害を得た人の一助となるよう、文京区議会は議員一体となり支援しています。
よって、文京区議会は政府に対し、日常生活及び社会生活への適応に困難を有する高次脳機能障害への理解を深め、生活支援等の手法を家庭だけでなく職場等でも確立できるように、相談機関の設置、職場復帰ののちもリハビリテーションに十分通院できるような制度の制定を望みます。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します
厚生労働大臣
内閣府特命担当大臣

区政への提言(地方連携)

区長に以下の提言をしました

4-1 森林環境譲与税をつかった協定自治体との森づくり・木材利用の新たな展開

協定対象自治体に「文京区の森」をつくる。その森づくりを通じて、二酸化炭素の排出のオフセットとしての吸収源の確保、区民・学校児童の自然体験を踏まえた森づくり協力を行う。
協定自治体の森で育った木材を、区内の教育•福祉施設など公共施設の新設・改修などの事業の中で利用し、木材利用を通じた経済的な関係、森作りと公共施設の関係を共有した文化的な関係を深める。

区政への提言(みどりとまちづくり)文京区の宝、歴史、文化、みどり、水をまもるまち

区政に2つの提言をしました

3-1 歴史と文化と緑を尊重し活かすため、住宅地の緑を確保する新たな施策の検討

次期の「緑の基本計両」策定に向けて、住宅地の緑を守るための新たな制度を検討する検討会を設置。(緑化計画の提出基準、みどりの保護条例の中の所有者の義務、近隣者の受忍など規定の挿入、公園の中に保育所設置する時代除草剤選定の適否、などを視野に)

3-2 再開発に関する諸間題及び、建築紛争の解決のための新たな制度

一定規模以上の開発事業及び建築計画(延べ面積1万平方メートル以上の計画も含む)について、(士地取得段階など)事業・計画を早期に公開し、表示場所を主旨にそって見やすい場所とする。
また、住民意見がある場合には区を事務局とし、専門家の関与のもとで、区民と事業者が協識する透明性のある制度をつくる。
また、関連して、事業実施段階の一定規模以上の計画変更についても情報の開示に関する基準を作成すべきである。

区政への提言(子育て)子どもが主役。地域と一緒に子育てを

区政に2つの提言をしました

2-1 学校を中心とした子育てと地域問題の連携

学校価値と地域価値、家庭価値の峻別を前提に、学校が地域の共通した情報発信基地であることについて議論を深め、以下のような活動に取り組む
● 学校施設整備に際し、地域の高齢者・ボランティアとの交流など地域連携のための複合的施設利用を念頭に、区内の先行事例を踏まえて、地域の人々や保護者も利用しやすいスペースになるよう配慮する。
● 学校のHPを使った情報発信の中に、学校施設を使った地域行事等事例の掲載、公開期間以外の参観希望者への情報など、地域住民、保護者に対して積極的に情報を提示することにより、地域連携の一助とする。

2-2 子ども食堂を発展させ、柔軟な対応を

こども食堂支援を、対象者を子どもだけでなく、貧困だけでなく孤食の高齢者、障害者などにも対象を広げるとともに、地域さまざまな困難を抱える人の、居場所づくりにもする。

区政への提言(福祉・医療。障害者・高齢者)いくつになっても生き生きくらせるように

標記に関して3つの提案をしました

1-1 高齢者・障害者もふくめた全ての人に安全安心な福祉のまちづくりを進めるため、公共施設のユニバーサルデザイン化の推進

福祉のまちづくりの、文京区の独自の遵守基準を作成することを念頭に、関係者(障害者団体など)の意見を聞き整備基準の検討を行う。
(やまびこ荘など保養施設・宿泊施設を含む)区営施設については、民間の施設と別のよりハードルの高い義務基準を設け、啓発と制度の普及につとめる。

1-2 裔齢者・障害者に配慮した交通インフラの整備

高齢者の自動車運転を減らすため、運転免許自主返還制度を支援することとし、商店街のサービス、交通料金のサービス、自転車駐車場の優先利用など見返りの充実をはかる。
自転車駐車場の抜本的な拡充をはかり、若年の通学、通勤客と高齢者の利用を分別して使いやすいシステムとする。
B―ぐるの路線拡大と再編をはかるとともに、坂道の多い住宅地を回る小回りのきく準公共交通手段として、より小型のバスを定年後のサラリーマンを運転者にしたシーぐる(之:::ア、上ょうがいしゃのシーぐる)のネットワークをつくる。

1-3 高齢者への支援の充実と多様化

高齢者をはじめ区民の運動施設の利用料金を他区との均衡も考え概要て見直すこと。
高齢者クラブヘの支援の見直しをはかり、支援の必要要件(30人を引き下げるなど)を緩和するとともに、施設利用費の無料化,給食の提供など、支援内容を拡大する(場合によっては団体への助成金という形でなくてもよいかもしれない)

区長・教育長面談ー来年度の施策に向けて区政提案

8月24日金曜日11時半から区長面談、13時過ぎから教育長と面談をしました。

ちょうど区政の来年度施策を検討する時期になるので、そのタイミングで区政に対して日頃思っていることを、提言書の形にまとめて、提案をするという大切な一日でした。会派みんなの・まちづくりとしては、最初の区政提案。支持者の方と意見交換をしながら、8つの提言をまとめました。

提言書は本文「文京区政への提言ー平成31年度予算編成に対する提案書」はこちらからダウンロードできます

タイトルは以下の通りです


1 福祉・医療・障客者高齢者

1-1 裔齢者・障害者もふくめた全ての人に安全安心な福祉のまちづくりを進めるため、公共施設のユニバーサルデザイン化の推進

1-2 高齢者・障害者に配慮した交通インフラの整備

1-3 高齢者への支援の充実と多様化

2 子育て

2-1 学校を中心とした子育てと地域関題の連携

2-2 子ども食堂を発展させ、柔軟な対応に

3 みどりとまちづくり

3-1 歴史と文化と緑を尊重し活かすため、住宅地の緑を確保する新たな施策の検討

3-2 再開発に関する諸間題及び、建築紛争の解決のための新たな制度

4 地方連携

4-1 森林環境譲与税をつかった協定自治体との森づくり・木材利用の新たな展開


全体として、区長も教育長もよく内容を聞いていただきました。

提案の内容は追ってご説明して参ります

いろいろご意見をいただけると、ありがたいです。

1月12日(金)「民泊勉強会」のお知らせ

「民泊勉強会」のお知らせ
1月12日(金)    18時30分~ 20時30分  シビックセンター4階  会議室A
出前講座  講師:アカデミー推進部  観光・国際担当課  鈴木大介課長
オリンピック・パラリンピックを間近に控え、宿泊所確保は急務ですが、
それを狙った事業者の中には、地域の環境や都市計画上の制約を無視する人たちがいます。
それに対して、私たちは住環境をどう守るか。
パブリックコメントの締め切りは、1月15日。
締め切りが近いですが、皆さんの声を届けたいので、各会派によびかけ、
みんなで考えたいと思います。
ちなみに新宿区、大田区はすでに規制済み、千代田区は文教地区や人工密集地区を中心に、
民泊を規制する条例案を、2018年2月の定例議会に提出するそうです。
家主や管理者が常駐するかどうか、また客が外に出た場合の管理はどうするか、
意見の集約ポイントはさまざまです。
参加申し込みはしなくても構いませんが、資料の都合上お願いできれば幸いです。

電動歩行機装着と運動機能と脳波の関係について

 

 

 

 

 

リハビリテーションセンター上野での実験的取り組み

新年おめでとうございます。

新年おめでとうございます。
昨年は障害者の差別解消をテーマに、頑張って参りました。
暮れにようやく文書を取り交わし、スタート地点に立てたところですが、
取り交わした文書は私文書扱いで、文京区の障害者支援という明確な位置付けはなく、
障害者の立場からは、まだまだ必要な支援が不足しており(例えば補助者の同席、手助け、メモとり、録音などなど)、
合理的配慮の範囲で補助できるものは、引き続き求めていきたいと思います。
本年もご指導、ご意見等、どうぞよろしくお願いいたします。
藤原美佐子誓約書1221手交版
藤原美佐子議員のサポートについて(名取議長)手交版

都政新報に藤原美佐子の記事と写真

都政新報といってもご存じないかたも多いかとお見ますが

都議会議員、区議会議員、都の職員、区の幹部職員はみんな見ている新聞です。

その新聞に

障害者の政治参画ー文京区議が「配慮」要望

外部介助の同行や録音

と13日の藤原美佐子の一般質問についての取材記事が掲載されています

www.toseishimpo.co.jp/modules/news_detail/index.php?id=5429

こちらから一部読めます

*