また一つ景観破壊のアイストップ

文京区にまたひとつ景観破壊のアイストップが登場。

東大前から本郷通りの上り方向を見ると、そびえ立つ順天堂病院の超高層病棟です。V字型にフェードアウトする美しい並木道だった本郷通りはもうなくなって久しいとはいえ、景観計画にも書き込んであるアイストップの緑はどこへ行ったの? 建ち上がって来て初めて実感できるのですが、その時はすでに遅し。困ったものです。しかも病院です。威圧感と日照阻害は病院としていかがなものでしょう。

建築は単体の良さだけでなく風土や地域文化との調和が必要、ということは瀬戸内国際芸術祭のプログラムとして現在開催中の丹下健三生誕100周年プロジェクトのメインシンポジウムでも言われていましたが、この景観阻害、圧迫感、周辺の日照阻害は、単体としてはもとより、地域性から見ても病院の社会的責任から見ても失敗ではないでしょうか。

このシンポジウムや香川県立ミュージアムの展示を見てつくづく感じたこと、建築は哲学であり思想であり文化です。

www.facebook.com/photo.php?fbid=561963013868132&set=a.204150176316086.55480.203417443056026&type=1&theater

 

8月19日の朝日新聞に、長周期地震動で東京や大阪の超高層ビルが壊れて使えなくなる恐れがあることが防災科学技術研究所の解析でわかったと報じられました。

www.asahi.com/special/news/articles/TKY201308170169.html

www.asahi.com/shimen/articles/TKY201308180314.html

ほーらやっぱり、これで認めざるを得なくなったね、という感じですが、ただ超高層でお客(患者?)を呼ぼうという短絡的で安易な発想では、地域コミュニティを破壊するだけでなく、近い将来とんでもない災厄をもたらしかねません。建設会社のみなさん、建築家のみなさん、夢や思想と責任と誇りを持って未来に恥じないものを100年後に残してください。

DCIM0798

DCIM0797

 

 

 

 

 

夏休みの終わりに・・・

原爆の図展が終わり、翌日からお墓参り兼つかの間の夏休み。 箱根仙石原のかつて男爵邸だったというホテルを拠点に、美術館巡り、アウトレット、ケーブルカー、ゴンドラ、遊覧船・・・2013081017490000

ベタだなあと我ながら苦笑いですが、想定外に感動しました。特に、ポーラ美術館の西洋美術館とのコラボによる松方コレクションなどのモネ。そしてガレなどのガラス器。

20130811164600002013081116300000

ガラスの森美術館の圧巻のガラスたちや絵のような庭でのカンツォーネライブ。50年ぶりの大涌谷や初めてのアウトレットも楽しかった。

それにしてもなに? この暑さ!! 帰ってきたら我が家はサウナでした。

 

そして、帰宅後早々に大切な恩人の急逝の訃報。酷暑の終戦記念日に葬儀がおこなわれました。

いつもフィッシングジャケットに釣り竿携帯で、河川・水辺環境・在来生態系保護、地域コミュニティなど幅広い分野で、したたかに、あくまで楽観的に活動された大きな方でした。

とんがらず、いつもにこやかに、言いたい放題でも軋轢なく、そんな手法を学ぼうとくっついていましたが、習得は叶いませんでした。持病を抱えていらしたものの、闘病はせず、2~3時間苦しまれただけで旅立たれたことは救いです。

最期の日まで過ごされたコミュニティセンター(地域活動センター)での葬儀もよかった。武蔵野市ではコミセンが市民斎場に指定されているそうですが、いつも一緒に活動している人々に見送られるのは最高です。お寺で大々的に葬儀をしたい人はそうすればいいとして、日頃活動の拠点としていたところで仲間とお別れをしたい人には地域活動センターの方が嬉しいかも。区民斎場って本来そういう人たち向けにあるべきではないでしょうか。

奥様の言葉が素敵でした。「夫の葬儀にこんなに多くの人たちが来てくれるとは思わなかった。夫も喜んでいると思うが、あらためて夫がコミュニティの中で人々とつながっていたことを知り、私も本当に嬉しい。残された私たちは、夫を見習ってこれから何か社会のためになる活動をして、人々とつながっていければと思っている。」短いながら光っていました。

*