いだてんプロジェクトの実施について

11月27日に開催された文京区議会の地域振興まちづくり調査特別部会で標記について、以下のような説明がありました

来年度の大河ドラマ「いだてんー東京オリンピック噺」の主人公が、区内にあった東京高等師範学校に在籍していた、オリンピックにはじめて出場した金栗四三を取り上げることとなったので、文京区の持つ魅力を全国に発信し、観光振興を進める!。

www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0164/6619/3_7.pdf

これについて、藤原議員が質問と意見をいいました。

Qこの話はNHKから来たはなしか、こちらから持ちかけた話か?
A こちらから
Q 東京高等師範学校、東京教育大学の話しだが、東京教育大学なくなり筑波大学ができるとき、私はその附属高校にいたが、その過程はそこまで築いてきた良き伝統を壊す話でもあった。文京区の高等師範学校の事跡がストーリーになっているとすると、そのへんがどのように総括されているのかなど気になるところ。
A:大学でなく人にスポットを当てているので、大学の問題とは直接関係がない
Q 大河ドラマの金栗氏の話しは、6ヶ月でおわるというが、どうなのか
A 二部構成で前半は金栗氏、後半は田畑(田端?)某氏と二部構成だと聞く
Q 金栗氏あまり知られている人でないので、イメージを明確にしてしっかり伝達をしていくように。また、熊本との連携を図るべし
A 玉名市との連携は考えているところ

以上ご報告でした

 

本日から定例議会 初日に誠之小学校事案

11月議会の議案の中に、文京区立誠之小学校改築その他工事請負契約と関連する電気施設工事、等4本の、総額約70億円の請負契約相手先がきまったので、承認をもとめる議案が提出されました。

母校であり、西片の象徴でもある誠之小学校の、改築工事、春先から契約相手を決める入札手続きを何回繰り返しても、応札者がいない、応札価格が高すぎて決まらない・・・・。

やっと、応札者と金額の折衝をして随意契約ができました。それも早く発注しなければならないので、他の議案と切り離して、初日に、急きょ本会議を休憩している間に、文教委員会を開催し1時間ほどの議論をして、可決、再会した本会議に上程して、可決。離れ業のような議会運営でした。

一人会派で文教委員がいないのですが、重要な議案なので、「委員外議員発言申出書」というのを委員長に提出して、発言しました。(文京区議会議会規則第61条というのに基づく発言申請なのですが、こんな例ははじめて?かも)

文教委員会で全ての会派が質疑をして議案に賛成し、議案が可決すべきモノと決まってから、委員長から、「藤原議員から発言申し出がありました。どうぞ」

ーーーー

委員長!ありがとうございます!車椅子なので座ったままで失礼します。

全ての議案に不承不承賛成しますが・・・
決定過程がいわゆる「不落随契」であり、契約相手との間で契約内容に無理があるのではないかなど、不安を感じている住民もたくさんいます。
地域にとっては、きわめて大切なシンボルとなる誠之小学校という施設の改築事業であり、地域住民に十分な説明を行い住民が安心できるようにして下さい。また、不落の経緯を踏まえ無理のないように、しっかり施工管理をして、安全・適切な工事が執行されるよう万全な対応をお願いします。
また、たびたび施工業者の候補者が変更することで不安に思う地元住民に応えるように、校内の緑化、地域貢献、地域への開放など学校運営についても丁寧な対応をお願いしますね。

ーーーー

と、話をしました。

質疑を聞いてみると、敷地は台地のはしの崖地にあり、崖の部分からのアクセスできるようにするという、結構の難工事の部分があって、契約にいたるまで折衝が長引いたようです。

いざ出発。本当に安全に、良い小学校ができように、そして地域に開かれた素晴らしい学校となるように、期待しています。

 

 

『羽田空港のこれから』国交省 航空局・東京航空局が文京区民センターに情報展示

2年前に羽田空港で展示し、パブリックコメント募集をしていましたが、
夜間増便や住宅地の上空飛行等について、更なる強化がされるようです。

そのときも意見を出しましたが、言い訳ばかりで、ご理解くださいでした。
事故が起こってからではおそいのですが、今回はどうすべきか。

まずは11月5日~8日、9:00~17:00(5日は13時から8日は14時まで)区民センターへ。

—–

国土交通省では、飛行経路見直し等による羽田空港の機能強化(国際線増便)
に取り組んでおり、この情報提供の一環として、情報発信拠点を開設します。
開設期間中はご都合に合わせて自由にお越しいただけますので是非お立ち寄り下さい。

☆開設場所・開設日時
場所:区民センター2階2A会議室
日時:11月5日13時から 11月8日 14時まで
7日、8日は9時から17時まで

☆展示内容の紹介

□紹介映像
・会場に設置したテレビモニターで「羽田空港のこれから」をわかりやすく紹介します。
・「羽田空港のこれから」ニュースレター(広報紙)をお持ち帰りいただけます。

□サウンドシミュレータ(飛行機の音の体験)

□情報タブレット
情報タブレットでは「羽田空港のこれから」の紹介映像、「みなさんのご質問にお答えし―ます(FAQ) 」などをご覧いただけます。

www.mlit.go.jp/koku/haneda/news/2017012001.html

*