大晦日のしめくくり

今年は統一地方選挙に始まり、国政では安保法制度、マイナンバー制度、TPP大筋合意等、かなり危機感をもたざるを得ない事案が強行突破され、ザハ・ハディド設計新国立競技場建設の白紙撤回も含めびっくりする重大ニュースが目白押しでした。

区政では教育センター、福祉センターをはじめ、新認可保育所や高齢者グループホームまで、数多くの施設の開設がありました。

私にとっては何より、生活者ネットワークを立ち上げネット議員として2期目をスタートしたこと。春日・後楽園駅前地区市街地再開発の権利変換計画の認可が下り、解体工事着手、あらたな100億という補助金要望など、気になる動きがあったこと。12年越しの小石川2丁目NIPPOマンションが、ほぼ完成し完売してから、東京都建築審査会による建築確認の取消しという前代未聞の事件があったこと。請願採択を受けて議会として7月には安全保障関連法案の廃案を求める要望書、また12月には同関連法の廃止を求める要望書を内閣や衆参議長宛に提出したこと。は大事件でした。

12月22日には、上原公子元国立市長が高裁で逆転敗訴したこと。そして、かなりマニアックですが、都市再生特別措置法改正として新年の通常国会に、再開発の手法によるマンション建て替えの合意率を4/5から2/3にさらに緩和する法案が提出されること。などが注目されます。

news.asahi.com/c/alffasgyjblOtZah

www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H0V_W5A221C1MM8000/

マンション建替え円滑化法や区分所有法で建て替えるには、高齢者は資金がなくて同意できないのが課題という捉え方なのに、必要同意率を下げたらどうなる?同意できない高齢者は追い出されるしかなくなる。ちょっと想像すれば わかることです。
そして新制度で建替えが進み利便性が高まったら若年層を呼び込めるというけれど、人工分布が崩れたら、また30年後には高齢者率が上がり、同意できない人が増える。そのときは2/3を1/2にまた下げる?同意率を下げることではコミュニティの分断も生じ、つまり悪循環しか生まないのです。

建替え円滑化法でも同様ですが、人口減社会では容積緩和で保留床のゼネコン・ディベロッパー発想より、耐震補強の改修でむしろ減築でコストを減らす発想への転換が必要ではないでしょうか。

 

小石川NIPPOマンションの建築確認取消について、東京建築士会の法規委員長がコメントを出していますが、とてもショッキングな内容です。

www.tokyokenchikushikai.or.jp/topics/2015/12/714/

 

「審査会や裁判は疑わしきは罰せずの精神で・・・」と言っていますが、刑事裁判で犯罪者と判決するときと、建築審査会で基準に合わない建物と裁決するときを混同しているようです。

罰せざるべき疑わしさとは、証拠や自白が明白でないこと。建築確認の場合は、ふつう一義的に基準法に適合するかどうかの判断をすればいいので、だれが確認を下したか証拠や自白がない場合はともかく、疑わしいということはないはずです。万が一基準法の解釈を誤って判断に疑義がある場合は、再審査請求や裁判に訴えればいいのです。

いずれにしても審査を受ける立場の建築士が審査会に対し、確認取消をするべきでないなどのコメントを出すことは僭越で慎むべきではないでしょうか。

 

今年の最後に、新国立競技場問題に関わって来られた森まゆみさんの言葉をご紹介します。

「いらないものは造らせない。大事なものは残す。」これにつきます。

www.nikkei.com/article/DGXKZO95533930V21C15A2NNP000/

 

年初には恒例のパブコメです。

文京区のパブコメとしては、バリアフリー基本構想(素案)(今日まで!)、地域防災計画修正、まち・ひと・しごと創生総合戦略(素案)、障碍者差別解消法に基づく推進対応要領(素案)等大事な計画や構想が並んでいます。

今年から私たち議員は意見を出せなくなりました。どうぞ皆さまから意見を送ってください。

www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/koho/pabukome.html

国のパブコメとしては以下の2件

電力小売り営業の指針について

goo.gl/XtDS3K

使用済み核燃料再処理新体制(延命)についてhttp://goo.gl/iZMn2r

どうぞよいお年をお迎えください。来年が少しでも希望の見える年になりますようお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*