請願が本会議で逆転採択される痛し痒し

長かった9月定例議会が昨日終わりました。
建設と厚生の各委員会に付託され、自民・公明の反対で不採択となった請願5本が、最終日の本会議で起立表決により一転採択されました。

羽田便の文京区上空飛行の停止と実態に即した住民説明を求めていく請願、これ以上銭湯を失わないよう対策を求める請願、原発の収束宣言を撤回し再稼働や輸出をやめるよう求めていく請願などなど。

東京新聞したまち面に大きく載りました。
www.tokyo-np.co.jp/…/…/201510/CK2015102102000170.html

羽田便については特に社会面でも取り上げられました。
www.tokyo-np.co.jp/…/…/201510/CK2015102102000131.html

今、丁度これを書いている午前0時20分、飛行機のゴーッという音が(6000ft以上上空なのかもしれませんが)聞こえています。夜中の陸風の中、北に向かって離陸した機体の発する音でしょうか。

さて、どうしてこういう逆転現象が起きるのか。委員会の会派構成が必ずしも議会全体の会派構成と比例していないためですが、本会議では請願は普通簡易表決で行なうところ、5人以上から異議がある場合は起立表決となるからです。(文京区議会会議規則80条)今後も逆転の可能性がある場合は今回と同様起立表決を行うことが幹事長会で確認されました。

昨年12月と今年の2月には、今回とは逆に、柳町小増築に関して文教委員会で採択されたものが本会議で不採択となりました。今回は嬉しい逆転ですが、前回は私たちはすごく悔しかったのです。前回は自・公・民が絶対多数で反対でしたが、今回は民主党が無所属や維新の党と未来という最大会派をつくり、賛成に回っているからです。こういうことが起きるのは、会議規則に従えば当然といえば当然なのですが、こうなると請願者としては熱心にロビー活動をして、付託委員会では委員ががんばって討論し審査しても、結局は多数派工作しか意味を持たないということになる。多数派工作でできた最大会派の与するところしか結果としては残らないのも虚しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*