ねこに未来はない

我が家のトイレにはトイレライブラリーがあり、8年前、飼い猫の「いつか」が死んで間もなくから、一冊の本が置いてあります。
長田弘さんという童話?作家(詩人でもある)の書いた「ねこに未来はない」という薄っぺらい不思議な本です。
猫が死んでしばらくして、古本屋さんで見つけた1975年刊の角川文庫。ページはほとんど茶色に変色し、最後の「なだいなだ」さんによる解説(ぜんぜん解説になっていない)のページには子どもの落書きまであるけれど、素晴らしい本なのです。

長田さんが大好きな奥さんと結婚して嫌いだった猫を飼うようになり、何匹もの猫とあっけなかったり悲惨だったりの別れを重ねる話です。
「日曜のあさ、まだ重たい町のまぶたがかすかにふるえながらおしあげられようとし、うつぶせでねむっていた家々の影を、太陽の暖かい指さきが、ひんやりした夜の感触をのこしている平たい通りのうえからようやく揺すりおこそうとしている、そんな時間」に、近所の猫好きおばさんがタマラ・プレスのような自信に満ちた足取りで、洗面器に入れて持ってきた美しい猫が、けんかの末死んでしまい、「実現した不安を寂しく確認」していたとき、ふと気づくのです。猫には前頭葉がないから未来を知覚したり描いたりする能力がなく、想像力もないから、突然の死で豊かな未来を失うこともないと。

確かに猫は犬に比べてすばしこいのに、交通事故で死ぬのは圧倒的に猫なんです。犬には前頭葉が少しはあるのでしょう。3年前に死んだ飼い犬の「ジャンプ」は、幼いころ三四郎池に落ちた経験から、滑稽なくらい臆病で、ラブラドールにあるまじき水嫌いお風呂嫌いでした。

余談はさておき、そんな前頭葉のない本能だけの猫たちを殺処分から守り、地域の猫嫌いな人たちの環境を少しでも向上させようと、飼い主のいない猫を増やさないための活動、つまり捕獲し手術し地域で適正に飼う、TNR活動を推進している団体があります。
千代田区の「ちよだニャンとなる会」は有名ですが、文京区にもいくつかあり、里親探しや仲介の手助けなどもしています。
そのひとつ「ぶんねこの会」では2014年度中に33匹の里親募集をおこない、27匹の養子先が決まったそうです。

私も委員会質問で、マッチングをする譲渡会の区による支援や、環境省や東京都のおこなう啓発事業の広報推進を述べたことがありますが、区民の皆さんから要望の強い、猫が近寄らない安全な忌避剤の配布や紹介、飼い主が亡くなったときの一時的保護や里親紹介のしくみなども、今後は調べて提案していきたいと思います。

「ねこに未来はない」の長田弘さんが5月3日に75才で亡くなりました。長田さんが死の直前に書き下ろした渾身の「全詩集」巻末の「場所と記憶」の言葉から。
<パトリオティズムというじぶんにとっての詩の変わらぬ主題……。パトリオティズムとは「日常愛」のことだ。「愛国心」とする日本語は当たらない。……パトリオティズムは宏量(こうりょう)だが、ナショナリズムは狭量だ。>

日常の生活様式を愛し、その中で奥さんや猫を愛し、ドスの利いた声で理不尽を一喝する、沖縄の宝刀治金丸のように鋭くおっかない、そして下等動物のように切られても切られても不死身のはずだった長田さんは、数々の珠玉の言葉を残して舞台を降りられました。ご冥福を心よりお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*