議会が終わり、新年度スタート!

DSC_1572昨日、年度末最終日に3つの議案を可決し、今期4年間の議会がすべて終了しました。

国民健康保険と教育長、そして特別区税に関するもので、私たちは最初のふたつには反対しました。例によって区長提案や区長与党議員提案が否決されたことがない文京区です。こちら側が提案するものは否決されますが、まれに否決できない内容だと、全議員提案にして、少数会派の提案が可決されたという実績は絶対に残しません。

民主党の議長も自公民の区長与党の論理から抜けられず、議会改革道半ば。

請願の扱いなどは、区民の切なる思いを受け止められず、多数会派絶対の論理で、委員会で採択された請願を本会議で審査もせず、昨年と今年、2度も表決し直し不採択としました。1度目は、会議規則に5人の議員が異議を申し立てれば本会議での請願簡易表決を起立表決に変更できるという条項があるから、と言い、補正予算の可決と請願採択がねじれ現象となるからと言い、2度目はすでに予算もついた後、それでも最後の望みをつなぐ区民の請願が委員会で採択されたものを、5人の異議申し立てもないまま本会議でまた起立表決で不採択としました。今回はねじれも会議規則も持ち出さず、ただ委員会構成が多数会派優勢になっていないというそれだけの理由でした。

ほんとうに何ということ! 委員会主義を返上するでもなく、すべての委員会構成を議会構成と一致させるでもなく(こんなことは実際無理なんです)、自分たちに有利になっていない文教委員会の採択を、とにかく覆したいだけ。理も尽くさず数で押す非民主的なただの横暴。残念です。

それに先立ち、全員協議会で恒例の退職職員の挨拶がありました。毎年面白い光景が展開されますが、昨日は関係が深かった都市計画や土木の部課長の挨拶が、宮仕えが本当に辛かったんだなと思わせる内容で、感慨ひとしおでした。 辞令をもらった途端に、すべての建物など周り中が美しく見えたという部長さん、いつになく晴れ晴れと声も高らかに雄弁だった課長さん、お二人とも次の職場は地域活動センターです。老若男女さまざまな区民と接するお仕事に、きっと新しい使命を見つけられることでしょう。本当はこれまでの職場でも、あんなに業者を守ることにやっきにならず、区民の立場に立ってくれていたら、もっと早くから区民が美しく見えたかもしれないのに。残念でした。

さて、昨日市民の広場の通信が新聞折込されました。お目に止まりましたか?4年間の一応まとめです。ぜひこれからでも見てご意見をくだされば幸いです。

そこにも案内を出しましたが、7日(火)18:30~20:30 シビック3階会議室Bにて市民の広場セミナーを開催します。

講師は、木幡福祉政策課長。 用地取得や建築計画で問題を抱える特養建設。一方、社会福祉協議会が進める小地域福祉活動は、地域福祉コーディネーターを中心に住み慣れた地域で支えあって暮らす仕組みづくりを進めています。福祉政策課が関わるこの2つの課題について考えます。申込み不要ですのでお気軽にぜひどうぞ。

 

4日(土)14:00~ 藤原の事務所お披露目会をします。DSC_1571 今日は初めて生活者ネットの政策宣伝カーを走らせました。事務所は前と同じ旧中山道、誠之小学校前信号のところ、西片2‐16‐21です。4日は夕方までの間いつでも構いませんのでぜひお立ち寄りください。

DSC_1568 7日に藤原美佐子の区政レポートを新聞折込します。こちらもぜひご意見をお寄せください。 うかうかしている間に我が家のすべての花が満開となりました。梅桃(ゆすらうめ)、サクランボ、紅花トキワマンサクなどなど。間もなくブナの新緑が始まります。DSC_1569

*