3/26春日再開発説明会の結果

この説明会は、2月25日の建設委員会で3月26日に開催することだけは明らかになりましたが、1週間前になっても時間や場所が明らかにされず、周辺住民への周知と張り紙を必ずするように念を押していましたが、事業者は頑として聞き入れず、2Hの範囲の住民に手紙を配っただけでとうとう張り紙をしませんでした。
法でどう定めていようと、説明会を丁寧にして悪いことは全然ありません。特にこのような周囲への影響が大きく巨額な国税が投じられる計画の場合、区報に載せてもおかしくないし、全国民に広報してもよいくらいです。
説明会の冒頭、この説明会は前回の説明会で出された質問に十分回答できなかったのを補足するものとしておこなうもので、新たな説明会という位置づけではない、という趣旨の弁明をしていました。

これは張り紙をしなかった言い訳だと思いますが、実際は2Hの範囲の住民、特に開発予定地内の住民でも手紙が届いていない人もいることがわかりました。
手違いとか言っているようですが、重要な問題です。みなさまもどうぞ抗議してください。
区民の理解を得ることが目的の説明会なのに、区民の要求をかわし、苦情に抗弁することしか考えない区と組合の姿勢は本当に情けない。残念です。
こういう事情の所為か、参加者は前回の半分ほどでしたが、それでも100人以上。質疑応答の内容は、質問に全部答えず、故意にか意図を曲解したり決めつけたり、ひどいものでしたが、特に直接環境影響を受ける本郷4丁目と西片の方々が、食い下がって質問していました。
内容の主なものは、
①風環境について、どう変わるのかわかりにくい。年平均の風速では意味がない。風が強い冬や夕方など、今でもビル風がひどく、被害が予想される時の環境悪化をどうするかが知りたい。最大瞬間風速や風の流れの変化を知りたい。追加資料を。・・・風洞実験の結果、いくらか変わったが、中高層の領域として妥当な範囲で納まっている。
②川を暗渠化した低地の湿地帯で地盤が軟弱、ゲリラ豪雨時の排水処理計画を知りたい。・・・今回は排水管100ミリ(時間雨量)対応。各街区の地下ピットに数千トンの貯留槽設置。3時間外部に排出しないように設計。
③大気汚染、ヒートアイランド、地震、災害、火災対応は?・・・すべて問題なし。環境影響評価どおり、地区計画どおり、植栽、壁面後退、高層棟は固い地盤まで長い杭を打ち込むことで対応。防災広場、マンホールトイレ、火災感知システム万全、初期消火に力を入れ、はしご車が届かない31m以上は、フロアごとに初期消火用品を備え、非常用エレベータ設置、防災センター設置。
④交通データによると、年平均で信号1回待ちになっているが、年平均は意味なし。現況でも朝夕やお彼岸お盆など時期的には信号3回待ちくらい。西片交差点の白山通り右折禁火解除で、どれだけ言問い通りの信号待ちが増えるか、追加データを・・・時期や時間によって交通渋滞が増えるのは仕方がない。
⑤セットバックが狭すぎる。茗荷谷の再開発は同じ日本設計だが、植栽が貧弱、車寄せがなく、不便で住めなくなり引越した人もいる。きれいごとを並べるが、不安。・・・都市計画に即して目的に沿うよう形作った。
⑥なぜ北側だけ突出して高いのか。開発敷地内だけに日陰の影響を落とす設計にしてはどうか。・・・都市計画の枠組みでおこなっているとしか答えられない。
⑦都市計画の枠組みということは区の事業なのか。区が来て説明するわけでもないのに、都市計画決定に即してというだけの説明は不親切。都市計画の図面も自分で作ったのだから、なぜそういう計画にしたのかが知りたい。・・・結局なぜ北側だけこんなに高いのかは説明せず。
⑧補助金について。今回の緊急促進補助は地権者が権利変換を含め完全に合意していることが条件。これだけ補助金をもらうという前提の説明で権利変換に合意を求めていると、合意ができないとき補助金がもらえず、自分たちの権利床が減り、負担が増え、抜ける人が出てきて、今回も住戸数を増やしているが、保留床処分金をもっと増やさざるを得なくなり、しまいに破綻しないか。・・・合意は事業計画に関する合意だけでよく、権利変換については、目下説明して合意を求めているところ。補助金は年度ごとに申請できる条件が整えば申請する。
というわけで、言いたくない部分はスルーし、同席しない区の責任にし、多少のことは仕方がないなど、責任を回避し、周辺が受ける被害については大したことないから感知せず、という姿勢でした。
区の指導責任、説明責任、都市計画責任回避が最も重大な問題と考えます。
なお、説明会に出られた方からの補足訂正があれば歓迎します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*