樋口一葉おそるべし

横浜ボートシアターの語り公演「にごりえ」を聞きました。

語りと言っても朗読ではなく、義太夫でも講談でもなく、エレキギター1本の伴奏で自在に場面を演出し、一葉独特の文語体を感情を込めて読むのですが、まるで映画を見ているような錯覚に陥る不思議な経験でした。
芝居の脚本のように、耳で聞いているのに、いつの間にか目の前に画面を見ている。東大の吉見俊哉先生の弁(joke?)が言い得て妙でした。「耳から入って目から鱗が落ちる」。

丸山福山町で遊女の手紙の代筆をしていたという二十歳そこそこの一葉の、とんでもない恐るべき筆力。

演出の遠藤琢郎さんが仰った「一葉はとんでもない作家」という言葉にピンときてこの公演を楽しみにしていました。

実は一葉がとんでもないというのは、ここ10年ほど伊勢屋公開に関わってきて私がずっと感じてきたことでした。極貧の中で早世した薄幸・薄命の美女という既成概念が、深い洞察力と想像力のある骨太で社会派の書き手という印象に変わりました。もし60歳、70歳、いえ100歳まで生きたらいったいどんな作品を世に送っただろうか。あー返す返すも残念だったなあ。

 

「これが一生か、一生がこれか、ああ嫌だいやだ嫌だ!」どうしようもない状況で死にゆく遊女お力の心の葛藤は、明治29年にやはり抗えない境遇の中で24歳の生涯を閉じた一葉の、まさに魂の叫びのように聞こえました。心中とも不意打ちとも覚悟の自殺とも知り得ないミステリアスな結末、にごりえ、という言葉のニュアンスも初めてピンときた思いです。絶対にお薦めです。DSC_1415 DSC_1418 DSC_1419

 

2月19日(木) 西新井禁煙囲碁クラブ

2月21日(土) 大森Gallery FIRSTLIGHT
演出: 遠藤琢郎  音楽: 松本利洋  語り: 吉岡紗矢
www.yokohama-boattheatre.org/

 

 

産経新聞に記事が載りました。

www.sankei.com/region/news/150127/rgn1501270015-n1.html

文京一葉募金

www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/ichiyoukikin.html

震災20年、他あれこれ

●今日は阪神淡路大震災からちょうど20年目の1月17日。まもなく朝5時46分、起きていたら黙とうです。

●昨日は朝の7時台から夜中のNewsWebまで男性不妊やセックスレスのニュースでもちきりでした。朝、突然、渡邊了文京区健康推進課長がNHKの画面に登場してびっくり。文京区が都内で初、男性不妊検査に助成をするというニュースでした。
www3.nhk.or.jp/news/html/20150116/k10014721141000.html
credo.asia/2015/01/16/sterilitas-test/

「不妊治療を受ける夫婦の中には女性に原因があると誤解している男性も多いので、しっかりと検査をして原因を特定することで、パートナーとして協力しながら治療に取り組んでもらいたい」と課長は言うのですが、この事業、来年度の重点施策に381万円(概算要求)の予算が盛り込まれた時点からなんとなく引っかかっていたので、少し。

たしかに子どもを産まない女性が無条件で離縁された時代が過去にはあったし、つい最近の都知事など閉経後の女性にヘイトスピーチばりの雑言を浴びせ、話題になりましたが、もし男性側の偏見を正す目的なら不妊検査より人権教育でしょう。それに産み育てる経済的環境等が不十分で産めない人と、不妊など健康上問題があるために産めない人とどちらが多いのだろう。

子どもは授かりものと言いますが、授かった時に喜んで受け入れられる平等な条件を整える助成なら重点施策としてふさわしいけれど、同等に受け入れられるかどうかに社会的格差があり、好条件の人のみが不妊治療を望めるとしたら、さらに格差を広げるような助成をせず、神のみぞ知るのままでいいのではないか。つまり、子どもがほしいとは思うが妊娠できないというとき、十分に育てる自信がなければ高額な不妊治療は望まないだろうし、余裕がある世帯だけが不妊治療を望むとしたら、額は少ないけれど公的助成の対象としてふさわしくないと思うのです。

これはハッピーベイビープロジェクトについても同様に感じたことです。産めや増やせの国策を丸呑みし、木を見て森を見ずの感あり。高々1回1万円強、合計381万円の検査費用が重点施策というのも中途半端です。重点というからには、根本的な男女平等意識や子どもを安心して産める環境整備など公平に享受できる条件整備に予算をつけるべきだと思います。こういった教育や条件が整えば、助成金などなくても高々1万円強の検査費用を惜しむ人はいないでしょう。

 

●さて、今日は国会周辺と国立競技場周辺に注目です。

■13:00~  集団的自衛権や秘密保護法に反対するヒューマン・チェーンです。赤いものを身に着けて国会周辺に来てみてください。

www.tokyo-np.co.jp/article/feature/himitsuhogo/iwaneba/list/CK2015011602000127.html

www.facebook.com/pages/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%92%8C117%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3/608236232615999

■17:00~  キラキラ外苑ウォーク JSCの闇の深さを嘆くより、みんなの小さな光で競技場を照らそう

競技場脇の明治公園に集合 懐中電灯やペンライトを用意して競技場に沿って歩きましょう。

www.facebook.com/events/1592438697644457/permalink/1594236194131374/

 

●一昨日お知らせした「一葉募金」が区のHPに乗りました。

www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/ichiyoukikin.html

トップページの注目情報にはまだ入っていませんが(お願い中)、上部の「文化・観光・スポーツ」のバナーをクリックすると、「文京の観光案内」の中にある「文京区一葉募金」に入れます。「組織・部署から探す」の「アカデミー推進課」からも入れますが、ややこしいのでお勧めできません。ワンクリックで入れるようになるといいですね。

 

●元国立市長 上原公子さんの東京高裁控訴審の第一回公判期日が決まりました。

一回で結審する可能性もあり、弁護側からの陳述もあるそうなので、ぜひ傍聴をお願いします。
とてもとても難しい裁判で一審は勝訴でしたが、これも多くの市民の応援で勝ち取ったものです。
市民のために徹底的に頑張った上原さんは市民の力でなんとしても守らなければと思います。
日時:1月19日(月)午前10時30分
場所:東京高裁812号法廷
報告集会
日時:1月19日(月)期日終了後すぐ~12時まで(部屋の使用時間は10時~12時まで
場所:弁護士会館5階508ABC会議室(54名収容)
裁判を知るための資料
朝日新聞
www.asahi.com/sp/articles/ASG9T4WNJG9TUTIL027.html
国立大学通り市民の会
daigakudori.blogspot.jp/?m=1

一葉募金創設!

DSC_13731月15日の東京新聞、攻撃型武器の購入など防衛重視、生活・福祉軽視の2015年度予算の暗いニュースが1面トップですが、後ろの方のページには文京区の明るい話題が2つあります。

■一つは、樋口一葉が通った伊勢屋質店を買い取り保存活用するために、文京区が「一葉募金」を創設したという記事。ふるさと納税と同じ寄付控除方式で、所得税・住民税控除を受けられるものです。 今日中には申請書を含め文京区HPにアップされる予定です。お楽しみに、そして寄付をよろしく。

昨日の朝日夕刊にも「一葉が通った旧伊勢屋質店を守る会」が区長に要望書を出したことや区が大学の購入を仲介し支援することが載りました。 digital.asahi.com/articles/ASGDJ6TNMGDJUCVL01W.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGDJ6TNMGDJUCVL01W

 

区長も今年の年賀会では伊勢屋の保存活用にとても前向きな希望を語ってくださいましたが、菊坂旧伊勢屋質店に明るい光が見えてきました。 昨日からメールや電話をくださったみなさま、応援ありがとうございます。

● 続報「文京区一葉募金」が区のHPに乗りました。

www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/ichiyoukikin.html

トップページの注目情報一覧をクリックすると1月16日のところにあります。

  ■もう一つは文京区と東大で女子サッカーチームを創設するという話です。Bunkyo LB Ladiesだそうです。中学に入ってサッカーをあきらめた女子たちには朗報ですね。 sites.google.com/a/bunkyo-lbl.com/top/ www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150115/CK2015011502000172.html

今年もよろしくお願いいたします。

松の内も開けましたが、改めて明けましておめでとうございます。

新春対談のこと、元日全面広告のこと、などなど書こう書こうと思いつつ、すでに10日が経ちました。年を追うごとに時のたつのが早い気がします。 NHKスペシャルのネクストワールドで、100歳まで健康寿命が延びる話を聞いていて、医療研究費は医療費の縮減でトントンになるのだろうか。人口減が収まるとしても何十歳まで働くことになるのだろうか。世界の食糧は間に合うのだろうか。老化が死語になれば生命体も社会も永遠に成熟せず、成長し続けるのだろうか。格差も広がり続けるのだろうか。資源は無限にあるわけではないし・・・などなど希望より憂鬱がふくらみ、気がふさぎました。私って天邪鬼かな。 今朝は冬晴れの中、「区立丸山新町公園」の落成式に行きました。 写真は植樹された御殿場桜と船の遊具。DSC_1349[1]DSC_1358[1] ケヤキが6本とサクラが2本の樹木の多い公園です。今はプラタナスのように剪定され、天空広々と青空が見えますが、今後枝が広がるか。広がったらなかなか武蔵野風かも。 通称「船公園」と呼ばれていた児童遊園が街区公園に生まれ変わりました。まったく雰囲気が変わり、子どもたちが生き生きと遊んでいるのを見て、計画段階ではいろいろ異論があってもなんとかまとまると、あとは子どもの世界だなあ、と感慨深いものがあります。

DSC_1356[1]6~7年前、公園再整備基本計画策定検討委員会で、個々の整備計画策定では最初の段階から住民参加で、という話が出て、有望だと喜んだのですが、その後、原案策定後の参画となり、現在では、検討委員会に入っても結論ありきの予定調和とか、なかなか多様な意見の合意ができないとか、名称に「船」を入れたいという希望が却下された、などの声を聞きます。この区でのまちづくりの難しさをつくづく感じます。ずっと船公園で親しまれてきたんだからいいじゃない。特定の遊具の名前を入れると撤去したときにまずい、という理由のようですが。。。

 

建設委員会の視察で行った福岡市の「共働事業提案制度」による活気ある公園づくりを思い出しました。この公園づくりから運営までの協働事業は、文京区で継続的に補助金をつけて推進している「新たな公共の担い手」事業と同趣旨なのですが、福岡でうまくいっても文京区ではどうしてかうまくいかない。福岡で「公園と市民の不幸な関係」を好転させたノウハウに学びたいものです。任せる、目をつぶる、楽しむ視点からの規制緩和でまちの課題を解決してほしいと思います。

 

2月に「社会起業フェスタ2015」が企画されています。

bunkyo-sip.jp/?p=2406

毎年やっている「ミ・ラ・イ対話」でいつも感じるのですが、課題が抽出しきれず、議論が煮詰まらず、最後は同質の「いいね!」の関係で消化不良で終わるのです。 新たな公共事業の成否は、公共の概念の共有と参加と協働のデザインにかかっています。合意形成により今ある制度をよりよい制度に変えられるかどうかで決まります。同質のお友だち同士の差し障りない対話だけで、今の枠組みの障害はそのまま、いいね!ですり抜け成果をそこそこ上げるだけでは課題解決にはなりません。結果として何も残らず、幸福な人はそれなりに幸福でも、不幸な人は不幸なままではソーシャルイノベーションはできっこない。何年もこんなことを続けていては、ミ・ラ・イ対話ならぬ対話のミ・イ・ラになってしまう。 そうならぬよう、今年に期待します。

*