一葉が通った伊勢屋質店を残す会

2014年12月28日「一葉が通った伊勢屋質店を残す会」が発足しました。

発会式での会長の森まゆみさんの心温まる講演「一葉と伊勢屋質店」にほろっとしました。

質屋通いの赤貧の中で恋心や向上心や社会の闇を見る目を失わず、そこに人間の普遍性や強さ優しさを見つけ、病に苦しみながらも季節や風情を愛で、淡々と、家族をいとおしみながら24歳の生涯を終えた一葉さんが、まるでそこにいるように感じられました。

嬉しいことに区の担当のアカデミー推進部長がサプライズ参加。

区が買うとは限らないながらも、伊勢屋保存に意欲を示す大学との仲介の労をとり、所有者の意向に沿う形で菊坂の地で保存・活用ができるよう尽力すると約束してくださいました。

また、寄付を募るうえで区外の方にも協力いただきやすいよう、 ふるさと納税による基金立ち上げの可能性にも言及されました。

それに先立ち、参加者からは様々な楽しく嬉しく厳しく前向きな発言があり、推進部長からも大変参考になり叱咤激励されたとの感想をいただきました。

新宿区が漱石記念館を開設する際、成澤区長も他の区長と共に賛同者として名を連ねていること、跡見学園で来年度、区長自ら「文京学」の講座を受け持つことなど、へぇ~~な紹介もあり、本当に充実して良い会でした。まずはホッと一息。

年明けに発会式参加者名で区に対し要望書を上げる予定で、文面についても意見交換をしました。区の姿勢をただす文脈から区長を応援する文脈への変更など、調整して新年早々に区長に届けることになりそうです。

13年前、伊勢屋質店の保存を当時の煙山区長に進言したのは、ほかでもない成澤議長(当時)だったとのこと、そして今年、本郷からの文化発信の拠点として伊勢屋の保存・活用を次年度の重点施策に盛り込んだのですから、区長も私たちの要望書をきっと喜んでくださることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*