嘘と隠蔽とねつ造、1年間お疲れさまでした

今年もいよいよ終わりに近づきました。

名護市長選挙、都知事選挙で始まり、衆議院選挙で終わった2014年でした。アベノミクスの矛盾が露呈し、はっきり言って不況で消費税値上げどころじゃない、という選挙のうえ、憲法や防衛問題も危機的だと思うのに、投票率は史上最低。全有権者数からすると20%台の得票率で4分の3の議席を獲得した自民党は、国民の信任を得たと堂々と言っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の特徴を端的に表す言葉を選ぶとしたら、私は「嘘と隠蔽とねつ造」だと思います。つい最近もSTAP細胞の実験の不正や3・11後の東電の情報隠しについて発覚しましたが、秘密保護法の施行によって、私たちの知る権利、情報共有、参加の権利はさらに阻まれることになるでしょう。将来振り返って、2014年は日本の民主主義のターニングポイントと言われるかもしれません。

文京区についても今年は「嘘と隠蔽の説明会」がとても印象に残りました。福祉分野の説明会は、もっと早くから住民に説明があってもよかったという点で住民が納得せず、事業そのものに反対の住民と折り合いがつきませんが、対応はまだよい方です。都市計画や土木分野は目に余ります。周辺町会にも前日まで知らせず、業者任せの工事説明会、しかも工程表も工事日程もなく、資料も出さず。

紛争になっていたから、できるだけ人が来ないよう、情報を出さないよう考えたのでしょうけれど、知らせていないのに広報は万全、説明内容も不備はないと強弁し、再度の説明会開催には絶対に応じない。マンション紛争の近隣対策会社でももう少し丁寧な対応です。

6665基の納骨堂を新設する源覚寺の説明会は、違法ではないものの、地域性からこれほど大規模な納骨堂をつくらなくてもいいのにという印象です。お彼岸やお盆に6665分の600人くらいの墓参があったら、周辺道路はもうパニックかも。しかも資料はほとんど読めないような小さい字でした。

特にひどかったのは、再開発の実施設計と事業計画の説明会でした。 法定市街地再開発なのに公益部分の実施設計が全く示されず、事業計画の大切な部分である資金計画や補助金根拠の説明も一切なかった。マンションデベと同じレベルで、問題を隠蔽しかっこいい部分しか見せず、しかもこの3年間ずっと求めてきて、実施設計が固まり次第説明すると答弁してきた、風環境データや交通環境データとその対策も全くありませんでした。環境アセスで都知事もこれでよいと言ったというのは嘘。都知事は風が前より強くなる部分があるから、さらに風対策をするように、周辺住民の理解を得るように、と言ったのに対策は必要ないと押し切ったのでした。右折禁止解除をすると言いながら解除後のシミュレーションデータもなかった。

最低なのは、説明会前に再度の事業計画変更で工期を2019年7月末から2020年12月末にまた延長しているのに、説明会ではいっさいそのことに触れなかったこと。ほとんど詐欺的虚偽説明会と言っても言い過ぎではないと思います。いいまちにしたい、と真剣に考えている市民を敵に回しています。

こんな姿勢で国民の税を178億も使い、800億もの短期借入れでしのいで、最終的に保留床を売って採算を合わせる総額1100億もの巨大計画がほんとうに実現できるのか。これだけの事業を実施し、公共に貢献する姿勢とはどうしても思えません。もう少し市民に真面目に向き合う姿勢を持ってくれたら、知恵のある市民はもっといい事業になるよう協力するはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、恒例の年末パブリックコメントです。

www.city.bunkyo.lg.jp/kusejoho/koho/pabukome.html

●地域福祉保健計画「中間のまとめ」について(1/5まで)

●地球温暖化対策地域推進計画「中間見直し」について(1/15まで)

●平成26年度基本構想進行管理について(1/16まで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にも国や都の意見募集があります。

●東京都環境確保条例における子どもの声に関する規制見直しについて

www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2014/12/22ocm200.htm

●文化庁 上野「文化の杜」新構想 に関して・・東京文化資源区構想、政府の規制改革会議とも連動、東京芸大が意見集約をしているのも意味深です。大型バスの駐車場を整備して年3000万人も観光客を集めることと引き換えに失われる文化があるかも。

www.bunka.go.jp/bunkashingikai/kondankaitou/bunkanomori/iken_bosyu.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一昨日、文京区議会全会派から区長に対して、「旧伊勢屋質店の保存に関する要望書」を提出しました。本郷菊坂のランドマークとして、当地で保存ができる契機となることを願います。

本日、区民センターにて、「一葉が通った伊勢屋質店を残す会」の発会式が行われます。DSC_1301

日時:12月28日(日) 午後2時~4時(開場 1時半)
会場:文京区民センター 3C

   2時~2時半  講演  森まゆみさん「一葉と伊勢屋質店」
2時半~4時  発会式・意見交換

問い合わせ  電話 03-3945-1455

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も仕事は納まることなく来年に持ち越されます。みなさま1年間お仕事お疲れさまでした。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*