この1週間

連休が終わりました。区政レポートを脱稿し、息つく暇もなく周年行事やイベントや説明会で、たまってしまった新聞やメールから目についた情報をご紹介します。重大なニュースがたくさん!

21日に衆議院が解散、総選挙が12月14日に決まり、区役所の中も選挙費用が補正予算でついたり、議員たちが散り散りになったり、ポスター作戦の変更を迫られたり、騒然としてきました。
大義なき解散、裏切り解散、安倍の身勝手解散…いろいろ言われましたが、自民党の自民党による自民党のための解散・総選挙であることは事実。憲法改正解散が正解という声が有力です。かかる費用は700億!
解散しなくても2年以内には破たんして自爆するだろうに、まだ命脈のあるうちに延命して憲法改正をしたいためだけの解散に700億はあまりにももったいない。
700億あったら何ができるか?財務省は先月、小学校1年生の35人学級を40人に戻し4000人の教員を削減し86億節約する案を示し、文科省からも非難の声が上がっていますが、700億で35人学級を8年間維持できることになります。
また、昨年8月から今年度中までで生活保護費が670億削られる計算といいます。
www.asahi.com/articles/ASGCM64WJGCMUTIL03C.html
なんともやるせないけれど、やはりこの700億は福祉や教育に使ってほしい。
 来年度の防衛費にオスプレイ5機分、540億が計上される予定ですが、せめてオスプレイの540億を選挙費用に振り替えてもらいたい。
www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014111802000162.html
しかし選挙をするなら、きちんと対立軸を定めてアベノミクス、憲法、防衛、基地、原発再稼働などを全部争点にして闘える野党の結束に期待したいものです。安倍さんの言う「民主党政権で経済が衰退し、アベノミクスで盛り返した」は大うそ。アベノミクスの円安政策でGDPが衰退し、実質賃金が低下した事実を示すグラフがあります。 saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html   数日前、電話で投票先や支持政党についての自動音声アンケートに答えましたが、支持政党と投票したい人が一致しないことに自分でも困りました。 日経調査では目下の投票先は自民党が35%、民主党が9%。アベノミクスを「評価しない」が51%、「評価する」が33%。私と違う立場でも混乱ぶりがよくわかります。恥ずかしながら私も、政党の名前やどこが護憲でどこが新自由主義なのかもわからないのが実情です。 しかし、今朝の朝日新聞で少し安心。民主党は「アベノミクスからの転換」を打ち出し、野党調整も進んでいるとのこと。格差解消と真の豊かさに期待したいところです。 www.asahi.com/articles/ASGCS4HZ4GCSUTFK003.html?iref=comtop_6_02
◆●▲━━━━━━━━━━━━━■▲
19日の新聞折込で「藤原レポートNO.12晩秋号」を配布しました。
テーマは「住民意思が反映されない都市計画」。ご覧いただきご意見・ご感想をお寄せいただけると嬉しいです。
11月22日に春日・後楽園駅前地区再開発の説明会がありました。
標識設置以来、組合は周辺に説明する姿勢を見せていたので、少しは期待していたのですが、前代未聞の最悪の説明会でした。
2009年に都市計画決定、2012年に組合認可、事業計画が策定されて以来、ずっと説明会を求めてきました。2009年当時、周辺環境に及ぼす影響や景観破壊について区民から多くの疑問が呈されましたが、説明会を強引に打ち切り、都市計画審議会でも合否ギリギリの55点と評され、今後課題にどう対応し区民に悪影響を上回る公益を提示できるかがポイントとされたのです。説明責任を果たすべく、もっと早くから住民に順次丁寧に説明することもできたのに、一切拒否してきた組合であり、それに加担してきた文京区行政です。
今回も計178億という巨額な税投入に見合う公共のメリットはなんなのか、課題となっていたビル風、吹き降ろし風、交通渋滞、環境悪化に対する態度がまったく示されず、約束されていた風環境の追加調査の資料もなく、事業計画変更の資料もまったくありませんでした。きれいなCGを延々と見せ、質問時間はたった40分しかとらず、周辺住民や区民の疑問や要望に答えないまま、説明会を打ち切りました。バカにしているとしか思えません。
再度都市計画決定をする必要はない、というのが区の見解ですが、学識委員から板状の150mの壁の景観破壊と日の当たらない公開空地では55点合否ギリギリと指摘されたのですから、事業の公益性を論じるのに、公費投入が78億か178億かは重大問題です。

いくら都市計画決定事項に高さや形状だけで資金が入っていないとはいえ、公益が絶対条件の法定再開発である以上、再度の都市計画決定は絶対に必要なはずです。

 3月までに着工しないと100億円の追加補助が受けられないため、組合は必死でどこか1ヵ所を解体杭打ちして着工の実績をつくり強行突破することが大いに予想されます。
区民の中には、住民監査請求や差し止め訴訟を言い出している方もいますが、とにかく区民の声を上げることが重要です。とりあえず1回の説明会で打ち切らず、説明を尽くすよう申し入れましたが、意見でも質問でも何でも結構です。
組合に直接でも、区の地域整備課にでも構いません。出向いても電話でもメールでも構いません。
www.harusan.jp/rooms/news/news1410.pdf
www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_chiikiseibi_query
国税、都税、区税すべて私たちの納めた税金です。178億もの税金をつぎ込む事業に対して、きちんと物申して行きたいと思います。みなさまもぜひ!
◆●▲━━━━━━━━━━━━━■▲
2015年度の重点施策が発表されました。
www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0081/0242/27.jyuuten.pdf

年一度、11月23日の一葉忌に、旧伊勢屋質店公開事業をしていたところ、文学散歩の皆さんが大勢見学に来られ、口々に教えてくださいました。「朝、区長さんがシビックで、区は月2回くらい公開しようと思っているけど、・・・今年で公開が終わりにならないように、皆さんから所有者に働きかけて、って160人もの前で言っていたよ」、中には「私たちに所有者に働きかけろっておかしいよ。文の京なら区が守ればいいのに…」と憤慨する声もありました。耳を疑ってしまいました。その場にいてこれを聞いた所有者さんはどう思ったか。ここには書けませんが。。

 

来年度の区の重点施策に「大学との協働による伊勢屋質店の公開事業」があり、13年も所有者の協力のもと公開事業を手伝ってきた「文京の文化環境を活かす会」は事前に一言もお知らせがなかったことにびっくりしたいきさつがあります。信義則というものがあるだろうに。所有者さんは区の担当者から私たちの会にはまだ言わないでと言われていたらしく、私たちも大学との交渉が途上なので大っぴらにしないよう言われていました。区長自ら区民に直接大っぴらにしてくださいました。さあ、大っぴらに文化保存の活動を始めましょう!

 

    重点施策にはその他、環境施策分野で、④家庭用蓄電システム設置費助成が新設されました。重点には入っていませんが、2030年には500万円程度になり国内販売40万台くらいになりそうな水素・燃料電池車、区でも2020年オリ・パラに向けて調達をぜひ考えてほしいと思います。 実は10年くらい前からホンダのFCXクラリティの動向をウォッチしていたのですが、ドイツでは実用化されても日本ではまだ数千万円レベルで論外。と思ったらクラスを落として数百万で、FCVコンセプトになったそうで、期待が膨らみます。 www3.nhk.or.jp/news/html/20141125/k10013452861000.html
今週も頑張ります!

誠之小学校改築基本構想検討委員会

誠之小学校改築基本構想検討委員会 第2回
11月6日 18:30~20:30  誠之小学校図書室にて
10人まで傍聴できます。直接会場にいらしてください。
www.city.bunkyo.lg.jp/view.php?pageId=1449&mode=0&calendarMode=article&blockId=781889&calendarFrom=0

 

第1回は9月でしたが、まだ議事録が出ませんので私のメモから少し。

誠之の現状という資料について紛糾しました。

建築法上の規制一覧や地形図、敷地図と、改築案5案が示されただけで、誠之小学校の歴史や歴代改修の経過などについて何も資料がありません。

建築史の専門家に聞いたところ、現校舎の建てられた年代は最古は大正13年、北西部分の現図書室のあたりの9教室でした。

後藤新平の発意による試験的RC導入でしたが、関東大震災のときは基礎工事段階で被災を免れ、そういう意味では復興小学校(明化、千駄木、元町など)よりさらに数年古いものです。

番町小学校などテストRCの他の4校は改築され、部分的にでも残るのは誠之が唯一だろうということです。

そのような歴史性を抜きにして、改築案をいきなり示したことは議論の進め方として問題です。

委員からの指摘を受け、5案は改築案として示したのではなく、イメージを喚起しやすいように参考としてつけたという説明が教育委員会からありましたが、イメージ喚起に5案は必要ありません。

あたかもこの中から選べというように感じられるという複数の委員からの指摘はもっともです。

また、委員として周辺全町会からの参加がなく、町会連合会として森川町からも町会長が参加しているのに、おひざ元の丸山福山町会など白山から参加がないのはおかしい(西片は参加)という指摘もあり、次回(今日)からは委員会構成が変わることになりました。

明化小学校の改築基本構想検討委員会

10月22日に第1回が開かれました。

こちらも提示資料について紛糾したそうです。

都市計画審議会と重なり傍聴できず残念でしたが、傍聴された区民の方に伺ったところ、明化小学校の卒業生、元町公園や明石小学校(中央区)の保存運動にも関わった方、地域の方、PTA、議員など傍聴者も誠之(4人)より多かったようです。

それだけ復興小学校の部分の保存に関心が高いのだと思います。

せっかく耐力度調査をしたのに調査報告は間に合わなかったそうで、それなら延期してくれれば都市計画審議会の委員たちも参加できただろうに。

それはよしとしても、配布資料には六中改築検討委員会の報告書などが参考として示され、保存に関する耐震・耐力に関する資料はなく、委員会開始当初は区側が全面改築ありきの方向に進めようとしている印象を受けたということです。

しかし、PTA関係や町会関係の委員さんたちは、思いの強弱はあっても、全面建て替えではなく、校舎を壊さずに改修してなるべく残して大切に継承していきたいという雰囲気がほとんどで、終わりになるにつれだんだんそのムードが強くなったように感じたということです。

 

思いをきちんと発言する方が多かった一方で、本当はそう思いつつも大地震で生徒たちに被害が出ることを恐れて迷う方もいたようです。

明化小の生徒や卒業生、教職員、地域の思いを尊重し、自分たち主体の改築計画を進めてほしいという気持ちがひしひしと感じられたとのことでした。

アドバイザーに景観審議会委員の土田寛先生が入られたことは喜ばしいことです。

地域と小学校との結びつきを大切に考えておられ、地域にとって精神的なよりどころでもある小学校の存在について、次世代を担う子どもたちがここでどういう経験をするかをよく心に置いて、話し合っていってほしいとおっしゃったそうです。

本当にその通りだと思います。かけがえのない6年間を過ごす場所を効率より何より教育的配慮をもって考えていただきたいものです。

 

都市計画ではありませんが、原発の是非を問う県民投票条例の直接請求運動が埼玉県で始まっています。住民の主体的政治参加は民主主義の基本ルールです。住民意見より自分たちの考えの方が優れているという驕りは見苦しいし間違っています。都市計画に限らず、行政には住民を尊重して施策をしていただきたい。

再開発説明会、いよいよ!

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発
 
説明会の日程が決まりました!
2013年2月の予算委員会のときから昨年の夏ごろにはと言われていた
説明会がいよいよ開催されます。
 

11月22日(土)10:30~  (当初10:00とご案内しましたが訂正です)

文京区民センター 3A会議室


10日ごろには現地建築看板10か所に貼り出す予定とのこと。
(岡崎薬局付近、三菱銀行付近など)
2H(高さの2倍=約300m)の範囲にはお知らせチラシが11月6日に各戸配布
されました。
なお2Hに含まれなくても参加できますので、多くの、特に区民のみなさんに、
この巨大計画をきちんと知っていただくためにも、広くお声がけいただき、
お誘いあわせの上ご参加ください。
標識設置は10月17日でした。文京区では建築面積3000㎡以上は確認申請の
60日以上前に設置することが義務付けられている(葛飾区などでは90日前)
ため、逆に考えると12月17日以降は確認申請ができるということ。
昨今、申請しさえすれば2週間くらいで確認が下ります。
そもそももっと早くから住民に順次丁寧に説明することもできたのに、一切
拒否してきた組合であり、それに加担してきた文京区行政です。
住民の疑問や要望に答えないまま、説明会を打ち切ることも大いにありえます。
1回の説明会で打ち切らず、説明を尽くすよう申し入れていますが、なにしろ
3月までに着工しないと100億円の追加補助が受けられないため、組合は必死で
どこか1ヵ所を解体杭打ちして着工の実績をつくることが予想されます。
178億もの公費(私たちが納めた税金)をつぎ込む事業をそのような姑息なやり方で強行してほしくありません。
 
最大の疑問は、都市計画決定された内容が大きく変わらなければ(軽易な
変更ならば)再度都市計画決定をする必要はない、とする区の姿勢です。
しかし、2009年の都市計画審議会では学識委員から、55点合否ギリギリ。
150mの板壁と日の当たらないグリーンバレーのメリットとデメリットの
比較にかかる。(その委員は賛否態度を保留されました)とまで言われた
事業の公益性を論じるのに、公費投入が70億か170億かは重大問題です。
いくら都市計画決定事項に高さや形状だけで資金が入っていないとはいえ、
公益がなければ成立しない法定再開発でどれだけの税が投入されるかを
無視することはできません。
事業計画の許認可所管の東京都都市整備局は、当初は組合にも指導する
という態度を示していましたが、最近は、「許認可は形式的なものであり、
指導所管は都市計画決定した文京区なので、文京区に言ってほしい。
文京区には再度都市計画するかどうかの基準を都市計画法上できちんと
示すよう、伝えてある」と以前より後退した態度です。
区の地域整備課は、都からどのように言われているか知りませんが、
きちんとどころかケンモホロロ。
条文も示さず、都市計画法の運用指針を自分で調べろという態度でした。
国からの再開発推進の意向があるものと考えますが、最低限のルールと
して、主権者、納税者の住民意思を尊重するべきです。
事業計画変更の中身は、750億の総事業費が1100億に、補助金総額が78億
から178億に跳ね上がる資金計画変更と、施設計画も住宅だけでも740戸が
763戸に変更されています。
区の補助65億は当初と変わらず、その中には都区財調からの区の補助と

区を通じて交付される国と都の補助金が含まれます。
国から直接交付される補助金があり、それが13億から113億に増額される
資金計画となっています。
どうぞ皆さん、高さ150mのこの再開発事業がそれだけの税投入に値する
公共の利益に資する素晴らしい事業となるよう、説明会に参加され意思を
表明されるよう、お願いいたします。
参加できない方は、疑問や意見を「区民の声」や
直接窓口(18階地域整備課)どんどん届けてください。

もちろん組合に直接でもかまいません。 
この再開発については、2008年から「文京区の環境を守る会」で区や組合と
質疑応答を続けてきました。
ちかぢか同会からのお知らせも出る予定ですのでご注目ください。
また、過去のブログで再開発に関する私自身の考えを述べていますので、
よろしければご参照ください。

m-fujiwara.net/2012/07/06/

小金井市の住民投票条例直接請求については、住民投票条例案が深夜1時に
本会議で1票差で否決されたそうです。残念ですが、私たちにはとても参考になりました。
以下、小金井市議の渡辺さんのツイッターから。

建築安全条例改正の意見募集

「東京都建築安全条例に基づく寄宿舎に係る建築基準等についての見直しの考え方」に関する意見募集

東京都都市整備局は本日から11月25日まで下記の通り意見募集をしています。 www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2014/11/22ob4100.htm 「 昨今、戸建て住宅等を転用したいわゆるシェアハウスやグループホームなど、新たな住まい方が増加しています。 国は、こうした建築物について、法令上、寄宿舎として取り扱うことを明確にした上で、既存ストックの活用も可能となるよう、本年7月に改正建築基準法施行令が、8月には告示が施行されています。 また、本年6月には、木材利用や新技術導入を促進するための規制緩和などの改正建築基準法が公布され(来年6月には施行予定です。)、こうしたことなどを踏まえ、東京の市街地に必要な安全性や防火性などを考慮しつつ、このたび、「東京都建築安全条例に基づく寄宿舎に係る建築基準等についての見直しの考え方」を取りまとめましたので、下記のとおり、広く都民の皆様の御意見を募集します。今後、頂いた御意見を踏まえ、見直し(案)としてまとめてまいります。」

*