「やなぎの森」消滅の危機

柳町小学校にある「やなぎの森」をご存知ですか?
地域住民によって50年にわたって育てられてきた森で、児童や卒業生たちを始め多くの人々に愛されています。
柳町小学校は、この森のほか保護者や地域住民の声を入れてわざわざアスファルトから土に戻した校庭が特徴であり、子どもたちの教育環境を誇る小学校です。
今、子どもの人口の増加で教室が足りなくなり、増設計画がありますが、1年以上におよぶ話し合いや検討の末、教育委員会はこの森を削ってそこに新校舎を建てる案を提示しています。PTAやOBなどから反対が強く、要望書や意見書が出されていますが、教育委員会は話し合いの姿勢をとりながらも案を強く推しています。
直前のお知らせになって申し訳ありませんが、今日の10:00から区役所21階の会議室で説明会が開かれます。
教育委員会から直接話を聞くもしかしたら最後のチャンスかも知れません。お時間があったらぜひご参加ください。
www.city.bunkyo.lg.jp/view.php?pageId=1449&mode=0&calendarMode=article&blockId=770859&calendarFrom=0
以下「柳町小学校の特色ある教育環境を引き継ぐ会」のブログから。
★20日(土)午前10時から区民向け説明会開催★

やなぎの森に校舎を増設する整備方針案について、20日(土)

午前10時から11時半まで、シビックセンター21階2101・2102会議室で、
説明会が開かれます。

通常のエレベーターでは上がれないので、非常用エレベーターを使う

必要があります。係員の方がいらっしゃるようなので、お尋ねください。

果たして、子どもたちにきちんと説明できるような説明があるのでしょうか。

説明会のたびに積もっていく数々の疑問に、答えてくれるのでしょうか。
たくさんの区民にお越しいただき、教育委員会の対応に目を凝らしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*