夏の風物詩、江戸の大衆文化

DSC_0614 DSC_0617 DSC_0621 DSC_0632 DSC_0648 DSC_0649 DSC_0653文京区に大雨・洪水・雷注意報が出ていましたが、もう解除されたのでしょうか。このところしょっ中、注意報や警報が出されますが、みなさんお変わりありませんか?

注意といえば、先日区役所のすぐ近くの白山通り上り線で道路陥没があり、びっくりしました。前日から少しずつ下がっていたらしいですが、もし大きな空洞があり一気に落ちると、車の大事故になりかねません。ひびが入っていたり少しへこみがあるところは要注意です。

現場(カフェ・ヴェローチェの反対側あたり)に居合わせた東京都建設局の方によると、原因はこれから下水道局も一緒に調査するそうです。第六建設事務所に尋ねたところ、一般に夏場はアスファルトが緩んで陥没しやすくなる、と。工事で水脈を切って地下に空洞ができたということはないか、地下鉄でエレベータ工事をしていたことと関係はないか、尋ねましたが、水は出ていないし、空洞もなかったし、地下鉄は関係ないとのことでした。でもこの地域はここ1年くらいずっと地下鉄や老朽管の取り換えなどで道路工事をしていた地域ですので、応急の段階で関係ないと言わず、何か関係があることはないかしっかりと原因を究明していただきたいと思います。

さて、夏の風物詩といえば「文京朝顔・ほおずき市」、今日明日開催です。私は今年初めて式典に出て各会場を回りましたが、どういうわけか津和野市長や甲州市長(代理)が来賓で見えていたり、石見神楽の恵比寿鯛釣り舞いがあったり、地元の住人という江戸太神楽社中の曲芸があったり、こんにゃく閻魔には下仁田町からこんにゃくだけでなく世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」の「荒船風穴」の宣伝に見えていたり、ほんとうに賑やかに大衆文化が花開いていました。

www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_event_asagao.html

www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0075/9967/asagaohozuki.pdf  プログラム

今年は礫川地域活動センターや善光寺さんのところが工事中で少し気をそがれますが、その代わり牛天神北野神社が加わり江戸太神楽の獅子舞や芸能が楽しめます。明日はお天気はどうなんでしょう。今日は大雨の後、今年初の花火大会もあったようですが、明日もし晴れたら、ぜひ江戸の夏の風物詩を満喫してください。

iwamikagura.jp/modules/iwamikagura_db/content0024.html

www.edo-daikagura.com/japanese/maruichi.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*