ワカコマンのなつまつり

今日も暑かった~、疲れた~。でも猛暑の一日の最後、本郷福祉センター若駒の里の「なつまつり」でほっと一息、ビールと焼きそばで疲れを癒しました。フィナーレは快傑ワカコマンが活躍する劇「大きなカブ」、若かったり若くなかったり、浴衣だったりタンクトップだったり、夫婦や親子や私みたいなおひとり様、最後まで様々な人々で賑わっていました。

DSC_0659DSC_0660

 

遠くに隅田川の花火の音を聞きながら帰りました。若駒の里が開設して11年、当初はご苦労があったのかもしれませんが、地域がこんなに親しく盛り上がっているのは嬉しいことです。他の地域では福祉施設開設が地域になかなか理解されないところもあります。

今朝の柳町小学校整備方針案の説明会を苦々しく思い出します。1年も前から熱心に検討してきたのに、変更過程を誠意をもって示すこともなく、環境アセスすらせず、結論ありきであとづけの整合性のない説明をたった1枚の紙にまとめて片付けてしまおうとする区の姿勢は本当に残念です。

とにかくこの案を通そう、通すためにつじつまを合わそう、という意図がみえみえです。築年数からすれば今体育館とプールを更新する必要がないことはず~っと前からわかっていること。それなのに昨年は検討して、なぜ途中でひっこめたかを聞いているのに対して、まだ更新の必要がない、全面改築のときに同時に更新した方が多様なプランができるからと。つじつまさえあっていません。

長期整備計画は築年数や人口推計などに基づいて決めますが、人口が大きく変わる事情が生じたら耐用年数が来る前でも当然新設だってありえるのだから、増設が中規模改築や大規模改築になる可能性だってあるはずです。大きく変わる事情は教育部門とは関わりのない都市計画の要素が強く、開発に伴う外部不経済であり、今後も人口増の間はどんどん増えると思います。持論ですが外部不経済はその発生源で内部化してもらうしかない。元PTA会長ではないけれど、子どもの教育環境を悪化させる教室増設はせず、児童増加対応は再開発事業者に小学校をつくらせるとか、ドラスティックな転換が必要です。

ともあれ、子どもは6年間で小学校を卒業していきます。区の案では現在の在校生を含め13年後の新入生までは新しい体育館も見ずに卒業です。やなぎの森で遊ぶこともなく狭い校庭と古い体育館で我慢する学年が10期くらいできるのです。ごり押しするために取って付けた理由としか思えず、この人たちは絶対に子どもたちのことを思ってはいないと確信が持てました。説明にあたった区職員は全員区外に住む男性でしたが、自分の子どものことだったらどうしただろうと思わずにいられません。保護者の方に見せていただいた「やなぎの森」への思いをつづった子どもたちの文が心を打ちました。心字池をハート池と呼び、落ちてびしょ濡れになり、スグリや桑の実を食べ、またとない貴重な経験をわくわくしながらつづる姿が目に浮かびます。

不信と怒りに言葉を荒げる保護者さん、子どもたちのためを思って報われぬ努力を重ね疲れてしまったPTA会長さん、それでもみなさんしっかりと主張し、データ提出や追加説明会、教育委員ひとりひとりへの議事録提示の要求をしていましたが、中でも元のPTA会長という地域の男性の言葉が響きました。

「地域の反対する人たちを納得させられない案じゃだめだよ。上の人、教育委員たちが現地を見て判断して、教育長や区長が出てきて話さなきゃ。」

7~8年くらい前の廃案になった学校統廃合計画を思い出します。誠之小学校を低学年と高学年に分割する案に地域やPTAが猛反対しました。区はこれ以外にない、これがベストと言いましたが、ありえない!どうしても納得できず、いつもはおとなしい住民も実力行使まで考えていました。結局廃案となり、今全面改築の検討中ですが、当然ながら区の案はベストどころではない最悪の案だったのです。

昔聞いてずっと忘れられない奈良県の小学校保存運動の話があります。学校は卒業生にとっては心のよりどころ、地域の心象風景です。人口減少で学校は廃校になっても校舎だけは残すべき。経済性や合理性を理由によりどころをなくしてしまえば、地域に愛着を持っていた人々は去り、コミュニティが壊れ、いずれまちは消滅するからと。

 

 

政務活動費

「政務活動費はそもそも住民の役に立っているのか」

号泣議員の登場で一気に話題が盛り上がった政務活動費の使い道、あまりにも非常識な議員のせいで廃止論まで出ていますが、無駄のないよう誠実に使っていた議員にとっても結構難しい課題です。

住民の代表としての議員が住民の声を聞いたり社会情勢を勉強するために視察に出向いたり勉強会に参加するのは、当然の義務であり、区行政からの報告に持論で対抗するだけでは議会の意味がないとすら言えます。一方で、議員に信託したのだから議会の多数決で決めればいい。住民参加は時間の無駄、税の無駄という人もいます。

多くの議員は、選挙の際に公言した信念と方針に従い、住民の声を反映させてまとめた政策を提言していくために情報収集活動をしています。当初の考えが変わったとしたら、何故どのように変わったかを丁寧に誠意をもって説明することが必要だと考えています。私はそのような考えのもとで政務活動費を使い勉強し発信しています。

文京区議会では、政務活動費の請求には領収書添付が必須です。飲食を含む会合への参加費は認めず、交通費も行く先を明示した領収書が必要です。私たちの会派では、タクシーも必要不可欠なとき以外は使わず、使ったしても自分の努力次第で使わずに済むときは請求していません。政務調査費が政務活動費になった昨年度、使える幅が広がった言いますが、私などは逆に、交通費はスイカやパスモの購入時やチャージ時一括ではなく乗車時毎回の領収書が必要になったため、手続きが煩雑になり交通費は請求しなくなっています。

今年度、私は会派の会計当番なので、目下第一四半期の支払伝票の作成に四苦八苦しています。少なくとも計算間違いのないよう、貴重な区民の税をきちんと政務に生かせるよう、念じながら頑張っています。

www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014072402000161.html

夏の風物詩、江戸の大衆文化

DSC_0614 DSC_0617 DSC_0621 DSC_0632 DSC_0648 DSC_0649 DSC_0653文京区に大雨・洪水・雷注意報が出ていましたが、もう解除されたのでしょうか。このところしょっ中、注意報や警報が出されますが、みなさんお変わりありませんか?

注意といえば、先日区役所のすぐ近くの白山通り上り線で道路陥没があり、びっくりしました。前日から少しずつ下がっていたらしいですが、もし大きな空洞があり一気に落ちると、車の大事故になりかねません。ひびが入っていたり少しへこみがあるところは要注意です。

現場(カフェ・ヴェローチェの反対側あたり)に居合わせた東京都建設局の方によると、原因はこれから下水道局も一緒に調査するそうです。第六建設事務所に尋ねたところ、一般に夏場はアスファルトが緩んで陥没しやすくなる、と。工事で水脈を切って地下に空洞ができたということはないか、地下鉄でエレベータ工事をしていたことと関係はないか、尋ねましたが、水は出ていないし、空洞もなかったし、地下鉄は関係ないとのことでした。でもこの地域はここ1年くらいずっと地下鉄や老朽管の取り換えなどで道路工事をしていた地域ですので、応急の段階で関係ないと言わず、何か関係があることはないかしっかりと原因を究明していただきたいと思います。

さて、夏の風物詩といえば「文京朝顔・ほおずき市」、今日明日開催です。私は今年初めて式典に出て各会場を回りましたが、どういうわけか津和野市長や甲州市長(代理)が来賓で見えていたり、石見神楽の恵比寿鯛釣り舞いがあったり、地元の住人という江戸太神楽社中の曲芸があったり、こんにゃく閻魔には下仁田町からこんにゃくだけでなく世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」の「荒船風穴」の宣伝に見えていたり、ほんとうに賑やかに大衆文化が花開いていました。

www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_event_asagao.html

www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0075/9967/asagaohozuki.pdf  プログラム

今年は礫川地域活動センターや善光寺さんのところが工事中で少し気をそがれますが、その代わり牛天神北野神社が加わり江戸太神楽の獅子舞や芸能が楽しめます。明日はお天気はどうなんでしょう。今日は大雨の後、今年初の花火大会もあったようですが、明日もし晴れたら、ぜひ江戸の夏の風物詩を満喫してください。

iwamikagura.jp/modules/iwamikagura_db/content0024.html

www.edo-daikagura.com/japanese/maruichi.htm

 

情報公開条例20条「救済の申出」

建築基準法違反が判明したある建築物に関し、法適合調査と消防署との協議内容の情報公開請求をしたことに対する非公開決定について、文京区情報公開及び個人情報保護審査会に決定の取り消しを求めて救済の申出をおこなった結果の報告書を見せてもらいました。

申出の内容は個人が特定できるので割愛するとして、区行政の言い分だけ見てみると、

「条例第7条第3号に該当するため、非公開としたことについて
本件是正指導は、建築基準法第9条による違反に対する措置の前段階の、行政指導の
段階である。行政指導の段階においては、当該建築物が建築基準関係法令上の何の法令
に抵触しているか、又は区からどのような指導を受けているかは一般には知り得ない情
報である。事業の目的のために同社が所有する建築物について、区から受けている行政
指導の内容が公にされた場合、当該法人の権利、競争上の地位その他正当な利益を害す
るおそれは否定できない

なお、本件是正指導内容は、当該建築物を使用する者の避難を確保することを目的と
しているもので、一般的な人の生命や生活等の保護のために公にすることが必要である
とは認められず、第7条第3号のただし書きに該当しない。

条例第7条第6号に該当するため、非公開としたことについて
行政指導は、行政手続条例第31条第1項に規定するとおり、相手方の任意の協力に
よってのみ実現されるものである。行政指導の内容を公開することによって、区と所有
者等との信頼関係が崩れ、所有者等が態度を硬化させ行政指導に協力しない可能性が高
くなり、監察事務の適正な執行に支障を及ぼすおそれがある。
また、本件行政指導は、建築基準法令に抵触する部分があるため是正計画の作成を求
める旨の内容であるが、その違反条文や内容を知ることで、この程度の違反であれば行
政指導の範囲であり、建築基準法第9条による措置命令はなされないのだという誤解を
生むおそれがあり、この場合も監察事務の適正な執行に支障を及ぼすおそれがある。
こうしたことから、第7条第6号に該当し、非公開とした。」

 

これを読んだある人は、「ショッカーのような抗弁」(仮面ライダーのショッカーのように相手すると疲れるだけの弁明を次々としてくる)と感想を漏らしたそうです。

けだし名言、情報公開制度の本質をまったく無視した、ただ脱力させるだけの抗弁です。明るみに出されたくない業者のために笑っちゃうほど一所懸命な行政の姿。違法建築の違法たるゆえん、建物の住人だけでなく毎日通学・通勤で通りかかる子どもやおとな、訪問者、周辺住民など広く一般に悪い影響を及ぼすからこそ違法だということを忘れ、業者が少しでも多く儲けるために法を犯すことも忘れ、住民のためを装い行政と業者が仲良くすることが住民のためと言わんばかりです。私たちは経験上、住民がおとなしくしていれば区が業者を適切に指導してくれて、文句を言うより良い結果が出るなんてことは断じてないことを熟知しています。

こんな言い分が通るなら、風が吹いただけで傾くかもしれない危ない企業の情報が開示される見込みは絶対にない上、超有名大企業のマンションが基準法違反を見過ごされて鉄筋が間引きされたり、数年後に文字通り傾いたり、広告法や宅建業法違反の巨大広告チラシがばらまかれたりする異常事態も永遠になくならないでしょう。

 

で、審査会の出した結論は、

「不存在により非公開となる部分を除いて、公開すべきである。また、一部公開とする理由についての決定通知書の記載に瑕疵が認められるので、この点につき、実施機関に対して今後は適正な処理を行うよう勧告する。」

判断理由の中で行政の言い分はことごとく否定され、ある人がショッカーと形容した内容はやはりおかしかった、私たちの感覚がまともだったことがわかり、救われた思いです。

 

以下審査会の判断理由から要点抜粋

「一般論としては行政指導を受けた事実が公にされることで、当該法人の権利、競争上の地位その他正当な利益を害する可能性があることは否定しないが、本件については、その可能性は抽象的なものに留まり、そこには当該法人と実施機関のやりとりや、当該法人のノウハウ等も記載されておらず、また建築物の所有者についても不動産登記事項証明書において公にされている情報と一致していることから、法人の正当な利益を著しく害するとは認められない。」

「行政指導の事実については、公開することで相手方の改善を促す面もあり、また、実施機関は、重大な違反事実がある場合には、相手方の協力によらず強制的な権限の発動を行うことも可能であるから、公開の可否については、一概に論じることは困難である。
本件に係る行政指導の実施状況、非公開部分の具体的記載内容からすると、本件非公開部分を公開したことにより、直ちに対象者の協力を得ることが困難となり、また、行政指導の内容が公になることにより監察事務に著しい支障が生じる蓋然性があると認めることは困難である。
なお、本件文書は、一件の建物についての一回の違反是正指導に係る文書であり、違反是正がなされない場合に、他の措置を検討するのか、行政指導にとどめるのかといった内容も記載されていないのであるから、実施機関が主張する、この程度の違反であれば行政指導の範囲であり、建築基準法第9条による措置命令はなされないのだという誤解を生むおそれもないと考えられる。」

強制立ち退きでスーパー堤防、怒る住民

江戸川スーパー堤防計画地での住宅の強制取り壊しに対して、3日60人、4日130人、5日50人が抗議行動に参加しました。

壊される家の隣にお住まいのTさんが3日、怒りの抗議を行っています。60年も水害はなかったのに。堤防の上に住みたくないのに。9年間何の連絡もなかったのに。。。この時代にこんな強権的な強制執行、信じられない。内閣だけで憲法解釈を変える政府の強権的な性格が基礎自治体にも及んできたのか。
youtu.be/NV3pvmqoY9A

5日の報道の中からいくつか。
FNNニュース…
www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00271935.html
日本テレビ
www.news24.jp/articles/2014/07/05/07254427.html
JNN
www.at-s.com/sbstv/videonews/national.html?id=2241995

文京区の春日・後楽園駅前地区の市街地再開発でも事業組合は今年度中の権利変換認可、解体、着工を目指していますが、地権者で反対している人がいると聞いたので、6月の区議会建設委員会で質問しました。
「最終的に全員の賛成が得られなければ強制立ち退きになるのか」という質問に対し、区は強制権利変換の可能性もあると答弁。これが即ち強制立ち退きということのようです。

ということは、文京区でも江戸川区と同様、強制取り壊しや強制立ち退きが今年度中にあるかもしれません。

 

建設委員会、北海道視察

DSC_0480

元百貨店、今はまちづくりセンターとして活用

元百貨店、今はまちづくりセンターとして活用

横浜元町公園とそっくりな函館元町公園

横浜元町公園とそっくりな函館元町公園

建設委員会の視察(6/30~7/2)から帰りました。正式な視察報告は議会のホームページに後日アップされますが、多分3~4か月後になるのでとりあえずこれから少しずつ記していきます。

今年の視察地は奥尻島、函館市、千歳市。災害復興、防災計画、防災施設、都市マスタープラン、景観まちづくりなどの調査・研究が目的です。私が4年間視察地候補として推してきた飯田市の視察はとうとう実現せず、正副委員長(自民・公明)の推したところに決まりました。

奇しくもとは言いたくない、折しも計ったように、集団的自衛権の自公合意が整い閣議決定された日と重なり、函館を除いて自衛隊の基地や演習地の集積地でした。特に千歳市は陸上・航空自衛隊があり、人口の約1/3が自衛隊関係者というまちです。今までは自衛隊は災害救助に活躍し、訓練に励むまちづくりのパートナーでしたから、50t以上の本物の戦車が公道を走り、子どもの遊ぶ広場がヘリポートになっているのも何とか受け入れたでしょうけれど、集団的自衛が制度化された後はどうなるのか。政府内の自公合意はともあれ、こういう末端の自衛隊協力自治体との合意はできていたのか。人口減で都市マスも改定した中、少なからず自衛隊依存があっただろうに、自衛隊志望者が減り再編や徴兵などさまざまな可能性がでてくれば、20年スパンの都市計画マスタープランの将来構想は再検討を要するのではないのか。視察させていただく立場で、他自治体の議員には絶対に答えにくい質問は慎みましたが、疑問は多々あります。

地方都市の人口減に伴う都市マス改定は、自治体領域、市街化調整地域、市街化地域とある中で、都市計画区域を設定したコンパクトシティ化構想で、目的が明確で、住宅政策、公共施設計画、防災、エネルギー、景観、ソフトのまちづくりなどすべてが盛り込まれ整合されていることに少し驚きました。自治体領域がすべて市街化地域で全域が都市計画区域の巨大都市東京では、都市マスは方向性や理念を定めるのみ、個別計画をそこに統合するのは難しいのかもしれませんが、せめて横軸を通して整合させないと、せっかくの都市マスや景観計画が適用除外ばかりになり実効性がなくなることを実感しました。

函館市では西部地区歴史的町並み基金や景観形成住宅奨励金など、歴史・文化面の保存政策と住み替えや集約を誘導する現実的住宅政策が整合され、実効性のある観光まちづくりが実現できていました。都市景観形成地域の和洋折衷住宅などの街並みや伝統的建造物群保存地区の教会や赤レンガ倉庫地区を見て歩き、ロープウェイから夜景を眺め、沈みがちな視察に一服の清涼剤をいただきました。

*