もうすぐブルーインパルスが飛びます!

JSC理事長の河野一郎さんから文京区長宛てに、「国立競技場ファイナルイベント」に関する「通知」がきました。

www.city.bunkyo.lg.jp/soshiki_busyo_kankyoseisaku_souon.html

 「SAYONARA 国立競技場 FINAL “FOR THE FUTURE” 」のプログラム1つとして「防衛省様のご協力により、

ブルーインパルスの展示飛行を実施」するにあたり、「騒音等皆さまにご迷惑をお掛けする」ので理解と協力を

お願い申し上げるとのことです。

通知ですから反論の余地はないようですが、5月30日(訓練)と31日(本番)の両日、17:30から18:00の間で

10分間程度、豊島区・文京区・板橋区・新宿区・港区・渋谷区・目黒区・世田谷区・自衛隊入間基地・草加市・

川口市の上空を自衛隊のブルーインパルス6機が飛ぶということです。

それらの自治体には同じ通知が来ていると思いますが、 聞くところ、飛行高度の最低が600mとか。

墨田区上空は通りませんが、もしコースを間違えて墨田区に入れば、スカイツリーにぶつかる高さですね。

文京区の上空では700mを超える高度で飛行するそうです。

1964年の東京五輪の時のうろ覚えですが、騒音というよりは爆音でした。もうすぐ聞こえるかな。

あ、今飛んで行きました。以外におとなしい音でした。

ファイナルイベントは、スポーツの聖地として親しまれてきた国立競技場の56年の歴史に敬意と感謝を表する

ためのプログラムというけれど、歴史に敬意をもち感謝するなら、解体しないで改修活用してはどうでしょうか。

なんかマッチポンプ、自作自演の感を免れません。そのうち自業自得になるのでは?

 

折しもJSCの国立競技場に関する将来構想有識者会議(委員長=佐藤禎一元文部事務次官)が28日、

最大8万137人収容の新競技場の基本設計案を承認したそうです。

www.asahi.com/articles/ASG5X61DZG5XUTQP027.html

景観に配慮し75mを70mに下げたと言っても全然景観はよくなっていません。

当初の威圧的な巨大さがなくなった分、今度はぽんと置かれた電子蚊取り器のような違和感があります。

建築家の槇文彦氏の提言や伊東豊雄氏の改修案は無視された形ですが、どうして聞く耳を持たないのか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*