さよなら、XP~~

年度明け、消費税が上がったことはどう生活に影響しているのでしょうか。まだ見えてきませんが、一つ気になるのは、年度替わりとWindowsXPのサポート終了の時期が重なったことによるパソコンの不具合です。

我が家も今年1月に8.1に買い替えた口ですが、以前からのプリンターが3月末に急に使えなくなっていました。最初はアップデートやらサポートナビやらで四苦八苦工夫しようとしましたが、どうにもお手上げ。息子、夫、電話サポートの順に泣きつくと、どうやらDellのプリンターが8.1に対応していないらしい。ではどうして3月までは使えたのか、これが不思議。不安定な中たまたま運がよかっただけで、何かの拍子に本来の不整合が表に出てきたらしいのです。

XPがあまりにも使いよくて尾を引く中で、Vista、7が評判悪く、8、8.1と立て続けにヴァージョンアップしたところに消費税アップが重なり、どっと買い替えが増えたために(これは相談窓口氏の言葉ではなく私の解釈ですが)、整合性を図るソフトが間に合わなかったのだとか。

そんな無責任な~、困りますよ、それならXPのサポート期間を延長するなり何なり対応してくれなきゃ。

いや、末尾の記事を読むともう限界だったようですから、後継OSの低容量デバイスへの対応を急ぐべきでしょう。

外国の方と思われる日本語堪能な窓口氏は、「それは担当が違います! しかるべき窓口にどうぞ。」

結局、窓口氏の指示に従い再設定の方法を教わって、なんとか使えるようになりました。

たまたま我が家は他の家人もパソコン&プリンターを持っていたので別条ありませんでしたが、XPサポート終了の4月9日の周辺でもっと重大な不整合は他になかったのでしょうか。

騒がれたほどは買占めも消費減もなく穏やかな幕開けのようですが、陰ではこんな騒動もありました、という一席でした。おそまつ!

news.mynavi.jp/articles/2014/04/09/windowsxp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*