辺野古の海に人魚?

法事のために先祖の地、沖縄に来ています。飛行機の中で読んだ東京新聞をみてびっくり!沖縄でジュゴンと違う新たな人魚に似た海中生物が見つかったって。むさぼり読んでいると、鳴き声がピースピース、キュージョウキュージョウって、て、て、これで気がつくって遅すぎ。「きょう4月1日はエープリルフールです、本日の記事・コラムはすべてフィクションです」だって。

そういえば隣にはボスザルを石を1つずつ積む投票で選ぶサルの群れの話。投票期間中は毛繕いやえさの分け与えは自粛しているとか。そうかと思えばIOCの内部文書で東京五輪からブービー賞の創設で勝利至上主義に歯止めをかけることがわかったとか。めっぽう嬉しいニュースばかり。いやなニュースばかりの世の中、エープリルフールしか嬉しい話はないのかしら。哀しいかな。

他のページはどうも本物の記事らしい。社説「国民の痛みに心を砕け、 きょうから消費税8%」もどうせならフィクションだったらよかったのに。

空港からゆいレール(空港モノレール。ゆいとは琉球方言のゆいまーるからとった。ゆいまーるとは結い回るから来たという説や雇い回りから来たという説などがあるが、共同労働のこと)に乗ると、テンプスタッフのポスターがありました。 20140401テンプスタッフ沖縄

わお!テンプって沖縄まで、全国区なんだ。

ゆいまーるの国でもテンプスタッフの派遣なんだ。

今年から文京区役所の戸籍住民課の2回窓口業務がテンプスタッフに委託となっています。住民登録や印鑑登録など重要な業務は区役所職員が担当し、住民票や印鑑証明書交付など証明事務だけテンプスタッフが担当しますが、それでも個人情報に触れることと区民と直接接する良い機会ですから、私たちは反対しました。テンプグループは“働く”についてのいろんな疑問に答えてくれるらしいですが、文京区役所では入れ替わりが結構激しく、労働者が定着しないとも言われています。

テンプってテンプレート(定型化した)労働という意味なのか、添付ファイルみたいにどこにでもぱっと貼り付けて便利に飛ばせる労働者という意味なのか、考えてしまいます。

*