国立裁判弁論再開

昨日、3月25日、暖かかったですね。待ち遠しかった東京の桜の開花宣言がようやくありました。

報告が遅れましたが、国立市元市長、上原公子さんに対して国立市が損害賠償請求をしている訴訟は、昨年いったん結審し、3月18日に判決が出るかと思われましたが、暮れの国立市議会の求償権放棄の議決を受けて 弁論が再開されることになりました。

もう一往復、弁論と反論があり、7月くらいに判決が出る見込みです。

次回の公判は 5月20日 16:30 東京地方裁判所 703号法廷

裁判所も人事異動があり、最初の裁判で上原さんに違法を認め、明和地所を勝訴させた裁判官は、東京地裁を去ったとのことなので、上原さんに勝訴判決を出しやすい状況になったとも言えます。

文京区の人事異動はどうなったかなあ・・内示は出たようなのですが。。いろいろな立場で、理由はともあれ、そこここで移動が期待されるこの頃です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*