学校再生・リノベーションを成功させるには

「文京・学校再生応援団」の立ち上げ勉強会がとっても面白かった。
「最近のリノベーション事例に学ぶ」と題して、廃校再生利活用の4事例について聞きました。
共催・協賛にNPO地域再創生プログラム、本郷いきぬき工房、文京建築会が並び、建築家が多かったため、構造や基準法の話が竪穴区画=階段室とか、114条区画とか(防火区画だと後で知った)ちんぷんかんぷんでしたが、心意気で大いに合点しました。

「IDD世田谷ものづくり学校」は池尻中学校活用の力作。

さすが市民参加や協働の土台がしっかりしている世田谷区。ソフトとハードの専門家に任せるところを任せ、がっちりコラボしてイメージを創り上げていったのだろうなあと思わせます。運営にあたる株式会社は、利益を上げることと、アート、農、食、などコンセプト実現とのバランスをきちんととり、それらのコンセプトをカフェに結集して地域に開いています。創業支援よりビジネスとして回るよう、変に家賃も下げず相場で行く。1500人というボランティア登録も、当初からみんなで創っていく雰囲気の中で自然に集まってきたと言います。
次回の勉強会で見学に行くそうなので楽しみです。

「しんえい子ども園もくもく」は西戸山第二中学校活用の保育所と学童保育の複合施設。

木材利用に一家言ある中山区長らしい発想です。ネーミングの由来は聞き忘れましたが、四谷第四小のおもちゃ美術館や「もくもく工房」との連携もあるのかな。豊富な木質内装は文京六中にも通じ、子どもの生態や心理を視野に入れた設計は象設計集団の笠原小学校にも通じます。階段室にふくらみを持たせたという楕円空間が素敵。子どもが壁の木材を撫でている写真があったように思いますが、私も撫でてみたいな~。

「月影の郷」は雪深い上越市の廃校利活用ですが、越後妻有アートトリエンナーレの開催地でもあり、ぜひ次の開催には月影に泊まって、お風呂に入って、アートに浸ろう。こちらは東京の4大学と地元の6大学の協力で、稲作や民具など文化の継承がコンセプトのセルフリノベーション。

「3331 Arts Chiyoda」は2010年事業開始。3・3・3・1とは一本締めの手拍子だそうな。面白い。

もともと関東大震災時の復興小学校、練成小学校と小公園のセットだったのが、その後練成中学と練成公園に分断されていたものを今回大階段でつなぎ、一体化活用を図ったのだそうです。小島小学校活用の台東デザイナーズビレッジに似た感じです。千代田区のコンセプトは文化とアートの拠点で、カフェで明るく地域に開かれた感じです。文京区湯島とは道路を隔てて隣り合っています。三組坂、妻恋坂からすぐなので、行ってみよう。

これらは成功事例ですが、施主である自治体はどのようにプロポーザルの基準を作り、選定し、計画を策定したか、大変興味があります。文京区では旧元町小学校の活用と、明化小学校と誠之小学校の改築が来年度から検討に入りますが、専門家たちの発想力をいかに引き出せるかが課題。一般市民からの発想を吸収する場も必要です。建築家は施主にしばられると言いますが、施主にコンセプトがしっかりあることはもちろんのこと、任せるところはど~んと任せて、協働の各ステークホルダーの発想や持ち味を100%引き出す度量が施主にあれば、倍も3倍も良いものができそうです。安田邸や銅御殿の時代の施主にはあった力です。

金に糸目をつけずと言えない今ですが、行財政改革の中でまず施設計画、改築活用計画が位置付けられていることは、かなり心配材料です。いまだに日本中、容積率緩和で保留床で稼ぐという陳腐で近視眼的な発想が横行しているのも不安です。子ども施設は子どもの幸福のため、文化施設やコミュニティ施設もそれぞれの目的のため、まずは正攻法で王道の施設計画をしてほしいです。ただし根拠を明確に区民に示した上で。コンセプトが良ければ多少お金をかけても区民は納得します。

いつだったか奈良かどこかの小学校存続の話で、学校はどんなに子どもが減っても壊してはならない。建物がなくなればそこを卒業し地域を支えている大人のコミュニティが壊れ、地域は崩壊すると言っていました。東京は特殊ではありますが、文京区は古くからのコミュニティがまだある地域ですから、通じるものがあります。建て替えはともかく廃校の活用には知恵が必要です。

昨日の報告で、若手の発想の豊かさには心底感銘を受けました。彼らの力をぜひ文京区にも貸してほしい!

そして多様化し散漫になった地域を再生させるキーワードは「空間とカフェ」だなあと改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*