情報教育の重要性

ICT(インフォメーション・コミュニケーション・テクノロジー)教育が言われだして久しく、高校で「情報」が必修科目になって10年たちます。文京区でも新しくできた中学校には電子黒板やコンピュータなどが完全装備されていますが、機器操作技術にとどまり、肝心の情報リテラシー、つまり情報の受発信、選別、情報公開を含む入手・活用技術などについての教育はまだまだ遅れています。

受験科目になっていないことも原因のひとつと、危機感を募らせる大学教員などが研究会を自主的に組織し、「情報」を大学入試センター試験の科目にすることを目指して「大学情報入試全国模擬試験」を実施しています。

mainichi.jp/shimen/news/20131219ddm013100008000c.html

twitter.com/jnsgsec/status/413931591434395648

不足している情報教育の教員養成や、高校生ではAO入試に使える大学もあります。(受験証明書が出ます。)ぜひトライしてみてください。第2回模試は以下の通り。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第2回大学情報入試全国模擬試験受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
情報入試研究会と情報処理学会情報入試WGは、以下の日程で、第2回大学情報入
試全国模擬試験を実施します。
模擬試験実施日:2014年2月22日(土) 13:30~16:00
(団体受験は2月8日(土)~3月15日(土)の期間に実施)
申込締切:2014年1月31日(金)(団体) 2月10日(月)(個人)

会場:明治大学駿河台キャンパス、大阪電気通信大学寝屋川キャンパス
詳細情報  jnsg.jp/?p=957

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*