国立市議会で権利放棄決議案可決

18日に下のページでお知らせした国立市議会の上原公子元市長への賠償金請求に関する債権放棄を求める決議案は、19日の夜に本会議で 賛成11、反対9で可決されました。

m-fujiwara.net/2013/12/18/

時間が予想より早まったため、傍聴には行けませんでしたが、国立市議会は生中継したのでWEBで審議をみました。

議員提出議案23号、午後3時半から約3時間の審議では、賛成討論・反対討論が活発に行われました。全部通しては聞けませんでしたが、印象的だったのは、反対討論が非常に感情的で、理論的でなく悪意が感じられたこと。例えば、地区計画条例が違法でないとしても上原市長が動かなければ損害賠償は生じなかったとか、裁判の公判で上原さんが和服を着て勝負服だなどと言ったとか、市民の中には反対者もいたのにオール国立などと言うなとか。

地区計画が違法でなければ市長が動くのは当然で、当然のことをして損害賠償を請求されれば市は闘うのが当然です。市民の運動があったからこそ議決でも可決されたのだし、可決されたからには市長は動くのが義務です。

この議決は法的拘束力はありませんが、2月27日の判決にどう影響するでしょうか。司法と立法と行政の関係が最近、さまざまな場面で問題となっています。かなり複雑というかどう考えてよいのか判断しかねるものがあります。今後の経過に注目しています。

それにしても議案の審議がこれほど時間をかけて行われ、議員間討論が活発で、しかも同時中継で公開される国立市議会に感服です。付託委員会での審議のみで、本会議では討論が行われない、つまり全議員での討論がないまま議決される文京区の議会は改革が必要です。

*