区議会が始まりました

◆●▲━━━━━━━━━━━━━■▲
文京区議会2013年第4回定例会が始まりました。

目白台運動場、シルバーピア、総合体育館、交流館、児童館など指定管理者
の指定について7件、青少年プラザ(もとの教育センター)条例等、条例6件、
シビック大ホール改修工事等、請負契約2件、15議案が審議されます。
明日からの一般質問では、田中和子区議と藤原が市民の広場を代表して
一般質問に立ちます。
藤原は明日 22日 16:25くらいから
田中区議は 26日 15:40くらいから です。
傍聴にお越しください。
藤原は、都市計画、緑豊かな文化の香るまちづくり、木づかいのまちづくり、 安全で住みよいまちづくり、 の4分野で10項目の質問をします。
各議員の質問要旨は以下からどうぞ。 www.city.bunkyo.lg.jp/kugikai_nittei_yousi254.html
◆●▲━━━━━━━━━━━━━■▲
世の中では国政が支離滅裂になっています。
ねじれが解消したから安倍政権はやりたい放題。
エネルギー削減と言いながら巨大インフラに突っ走り、かと思うと工事入札は
続々と不調です。
豊洲の新市場は、4つのうち3つまで予定価格をオーバーして、大手ゼネコン
によるJVが辞退し、新国立競技場では1300億円の条件でコンペをしたはずが
3000億にふくらみ、失格かと思いきや1800億で手を打つという禁じ手。
地域主権と言いながら、文科省は自治体の教科書採択権を剥奪し、検定に
合格した教科書を子どもたちに無償配布し、問題なくやっている竹富町に
是正(問題ないのだから是正ではなく押しつけ?)させようとしています。
特定秘密保護法に至っては、政府に情報を集権化し、国民はおとなしく
従っていればいいという時代錯誤。
たとえば国民保護計画というのが各区にあり、保護行動マニュアルには
ミサイル攻撃や武力攻撃を受ける可能性がある場合などの規定があります
が、何も根拠を示されずに区民はおとなしく避難指示などに従うでしょうか。
区職員は根拠を示せば厳罰を受けるかもしれないし。
文京区でも情報公開制度は明らかに後退しており、おとなしくしていれば
出したくない情報は非公開どころか不存在になります。
見くびらないで!おとなしく盲従すると思ったら大間違い。
根拠不明の命令には従わないし、隠していることを究明するためにもっと
つっこみます。
被災者や放射性廃棄物をさておいて、無意味で無駄な防潮堤をつくろうという
首相と、防潮堤は不要という家庭内野党の妻は、家でどういう会話を交わして
いるのでしょうか。

余談ですが・・・

今日まで東京ドームでポール・マッカートニーのコンサートをしています。
音は上に流れるので、シビックの22階からいつも大音量が聞こえるのですが、
いつもの関ジャニとかと違うのは、キャーキャーという声より、音楽そのものが
聞こえたことです。
ぼんやりとした音ではありましたが、本当に彼自身の声かな?と思うほど、
ハイテンション、ハイキーで、相変わらずのポールになんかとても嬉しかった。
家に帰ってびっくりしたのは、なんと西片の我が家までも聞こえたのです!
相当大音量だったのでしょう。
家ではどういうわけかワーッという歓声しか聞こえません。
でもキャーではなくワーだから許せました。
大昔、ドームではなく後楽園球場だったころ、王や長嶋がホームランを打つと
聞こえた、あのワーッです。
懐かしくて懐かしくて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*