危険な夏の珍事

すっかりご無沙汰する間に9月になり、議会が始まりました。

この夏、さまざまな珍事がありました。

できたばかりの総合体育館で、子どもプールの天井ガラスにひびが入り、使用禁止になっていました。夏の猛暑で明かり取りのガラス天井下の子どもプールの水温が42℃にまで上がったため、指定管理者の東京ドームは黒い遮光ネットを張ったのですが、それが仇となりガラスが異常高温になりひびが入ったというもの。割れたら大惨事になったでしょうから不幸中の幸いですが、なんで?という思いはぬぐえません。

気候変動の中、ガラスの下が異常高温になることは予想しなかったのか。全面ガラスの建物が流行っていますが、高名な建築家槇文彦先生設計の東大法科大学院だって見るからに恐いのに、子どもが裸で泳ぐプールの上に、小さな明かり取りならまだしも全面ガラスって危険すぎません?そして、通風窓を開けることで温度の上昇を抑えられるはずだったけれど、網戸が張られていないため、虫が入るから開けなかったと。虫が恐くて露天風呂に入れるか、と言いたいところですが、それはさておき、光を吸収する黒のネットを張ったというのが信じられません。ガラスに密着して張ったのがいけないとも言われていますが、密着させなくても相当の熱を持ったと思います。子どもの頃、黒い紙に虫眼鏡で太陽光の焦点をつくって燃やしたこと、よ~く覚えています。子どもだって想像がつきそうです。

さまざまな問題の解決を指定管理者に任せていたことも問題ですが、指定管理者制度とはそういうものです。もしこれが区直営なら、直接の所管はスポーツ振興課でも、通風窓の網戸の時点で施設管理課がすぐに対応できたし、建築物の構造や物理に詳しい施設課なら黒いシートという発想には行き着かなかったはず、と思わざるを得ません。

もっとも昨今では、専門家でもかなり想像力を欠いている事例が見られます。昨日のニュースですが、ロンドンでは建設中の全面ガラス張り超高層ビルで凹面の反射光が路上に焦点を結び、駐車中の車やビル入口の床材を溶かしたという事件もありました。

sankei.jp.msn.com/world/news/130904/erp13090408580002-n1.htm

総合体育館には、これ以外にも本当にたくさんの想像力を欠く設計による問題が生じていますが、また別の機会にします。でもひと言だけ。一級建築士の国家試験に気象学と物理学と想像力のテストを加えるべきです。

もうひとつは集中豪雨による被害です。各地で悲惨な事故が報道されていますが、文京区では8月21日に大雨・洪水警報が発令され、人的被害はありませんでしたが、建物に被害が多数生じました。民間の建物で床上・床下浸水が101件、区施設では本郷福祉センター(若駒の郷)、千石保育園、特養白山の郷の3件で浸水等の被害がありました。

中でも千川通り沿いの10階建てマンションで半地下部分に浸水し、消防のレスキューが出動して10人が救出されたそうです。水圧で脱出できなくなり、3人はベランダから救出されたということですが、この方たちは無事に区内ホテルに収容されたそうで、こちらも不幸中の幸い。

千川通りは、古くは谷端川(小石川、礫川(こいしかわ)、千川とも呼ばれた)が流れていたところ、暗渠化されましたが当然谷底だったので低地です。豪雨時には水が集まることは想定済みだったはず。止水板の設備はあったらしいけれど使用されず、健生病院前に常設の土嚢は使ったようですが、用をなさない程の洪水だったのでしょう。

問題はこういう立地条件で半地下を設計することです。浅はか、無知としか言いようがない。日本はむちゃくちゃ建築自由の国ですが、こんな物騒な自由があっていいはずはないと思います。区は建設時の事前協議で立地や洪水被害の危険性などを説明し、対応を促し重要事項説明に入れるよう指導しているが、基本的に民間事業は民の責任と言い、それでも被害が出れば救済するのが区の役目と言いますが、過去には地下駐車場で水死者も出ており、容易に想定できる災害への対応を怠る事業者の責任はどうなるのか。救済は税で行うのですから良識ある区民としては理不尽な思いが残ります。

建築基準法は建物単体の性能しか問題にせず、周囲の地形や状況には頓着しない。都の建築安全条例でも規制できない。区の建築安全マネジメント計画は基準法の範囲のみで、民法上の安全には関知しない。直接生活に関わる消防法はかなりの強制力があるのに、建築確認が下りた建物には寛大であまり実効性なし。これでは前代未聞の災害被害をどう防げばいいのか、途方に暮れます。

気候変動で前例がない豪雨と言う前に、かつてはなかった危ない建物を用心して規制する知恵があってもいいと思います。まちづくり条例や住環境整備条例の策定がどうしてもイヤなら、転ばぬ先の杖条例でも、石橋を叩いて渡る条例でも、気候変動対応条例でもなんでもいいです。絶対に必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*