美の条例

今朝の天声人語に国家公務員の暴言やあきれた振る舞いをたしなめる言葉が載っています。  www.asahi.com/paper/column.html?ref=com_gnavi

 

爾(なんじ)の俸 爾の禄は/民の膏(こう) 民の脂なり/下民は虐げ易きも/上天は欺き難し


 お前の給料は人々の払う税金、汗と脂の結晶である。それを忘れて人々を
虐げるなら天罰が下るぞ。という意味だそうですが、高級官僚に限らず区の
職員でも誰のために奉職しているのか疑問に思うことがあります。

 

度々水害を被った地域やその危険のある地域での開発や建設について、
「区としてこういう地域に地下室は危ないからやめなさいと指導してほしい」
とお願いすると、関係各部課はこう答えます。
「合法な開発や建築にそんなことは言えない。」とか、
「事前協議や相談で一度は助言はするが、相談に来ない事業者には助言できないし、
助言義務はないので相談に来ても担当が助言し忘れることもあるし、助言しても
相手が守るかどうかは知らない。」とか、
「私の役目は建築基準法を順守させることで、そんなことは私の役割ではない。」とか、
「民のことだから民が考えればいい。」とか、「危険な建物をつくる事業者と、
危険を承知で、あるいは勉強不足で知らずに買う消費者が悪いのだから、
わざわざ事前にやめろと言うのは親切すぎる。」とか、
「私の家は入口を階段で1m高くしてある。私だったら川底だったところに
地下室はつくらない。」とか、
「民がどんな建物をつくり、どんな物件を買うかなど区は関係ない。
官の仕事は、被害者を救済し、3日間の宿泊場所を税金で補償すること。」とかとかとか。

民が悪いことをして他者に損害を与えたら、民が罰を受け賠償すればいいのであり、
官の役目は制度化し基準をつくり許認可して、あとは被害の救済をすること、
という観念がしみついています。被害がでないように施策をし、施策の効果が
上がるように工夫し、住民が安全で快適に住まえるようにすることは彼らの仕事では
ないのでしょう。
こういうこと以外でも、この人たちは哀れな弱者にお恵みを与えるという姿勢だな、
と感じることもあります。
こういう姿勢では、制度化や基準づくりでも決して民の視点に立った人間味のある
施策はできないだろうなあ、と感じざるを得ません。

区の都市計画説明会などでよく聞く住民の質問に、
「言語による定性的な規定ではなく数値による定量規定で示せ。」というものが
ありますが、法規がどんな精神で何を目指すのか本質は定性的にしか表せません。
数値は必ず破られる。悪質な業者は、ありとあらゆる方策を練って数値の隙間を
縫ってくるものです。
定性的にこのまちをどうしたいか、良いまちにするには何が必要か、をきちんと押さえないと
条例も基準も要綱も良いものはできないでしょう。

折しも一昨日の総務区民委員会で、区の基本構想を担う担当者から、
「行政の常識が区民の非常識とならないように、今後は事業評価を改善していく。」
というような発言があり、びっくりすると共に感激しました。
かつて17年くらい前、区立第六中学校の校長が地域の誠之小学校を訪れ、
初めて生徒たちに直接六中の魅力を語り、六中に来てくださいと語ったとき、彼は
「学校の常識を社会の常識と一致させる。」という決意を語りました。
そのときの感動を思い出します。名言です。
今、この言葉が実現されているかどうか正直わかりませんが、公を担う者は
こういう姿勢で臨みたいものです。自戒を込めて強くそう思います。

神奈川県真鶴町のまちづくり条例は「美の条例」と呼ばれています。

この条例策定には、当時の三木邦之町長や担当官、都市計画専門家、法律家、
住民などが悩み抜き苦渋の選択をした歴史があります。
町を愛する住民が住み続けられる町にするために、乱開発からどう守るか。

法や司法との闘いもありました。でも美しい真鶴の海を見るとき、この姿勢が

まちの存続にどれほど寄与しているかを実感します。


以下は三木元真鶴町長の娘さんのブログから。
・-・-・-・-・

「美の基準」についての覚え書き

80年代後半、大きな大きな経済の波が、真鶴町にも押し寄せてきました。

この小さな半島に、持ち上がったリゾートマンション建築計画は、全部で43棟。

そのすべてが、国の建築基準法・都市計画法に見合ったものであり、県の指導にも従っているのだと、
当然のように、財産権・建てる権利を主張してきます。

国の法律で、真鶴町は守れない。
「きちんとした拘束力のある、この町独自の条例をつくる必要がある。」

自己水源の乏しい、真鶴半島の現実的な弱さを武器に基準以上の大きさの建築物には

水を供給しないという「水の条例」

建蔽率・容積率に加え、風致地区や、細かな基準を設けて、景観を守る「美の条例」
2段階の条例構想をかかげて立ち上がったのが、私の父でした。

このように小さな町が、独自の法律を設けるというのは、並大抵のことではありません。
開発業者だけでなく、国や県も圧力をかけてきます。
そして、規制の厳しい条例に、住民からも様々な主張が起りました。
各所をまわり、「話し合い」に力を尽くす日々。

当時の父との会話で、私の胸に深く刻まれているものがあります。
「建蔽率50% 容積率200%という数字を見て、厳しすぎるという意見があるが
今現在、この真鶴にたつ建物の中で、この基準に反しているものなどほとんどない。
自分たちはずっとこのように暮らしてきた。
もちろん土地所有権・財産権を主張することはできる。
けれど、自分の権利を主張することで、隣の人の権利を侵すようなことはよそう。
ただそれだけのことなんだ。」

”美”という主観的なものを、どのように客観的な言葉におきかえるのか?

「この土地に人が住み、集落を形成し始めた頃から考えると、真鶴には1000年の歴史がある。
その時間の重みを加えることで、その営みを言葉にかえることで、
真鶴独自の”美”を客観的、かつ、普遍的なものにすることができる。」

1993年に制定され、翌年に施行された「美の基準」によって当時の開発計画の、ほぼすべてが白紙に戻されました。

私は今日も、懐かしい町並みを歩き、鬱蒼としたお林に分け入り、木々の隙間から、かがやく海を眺めています。

その暮らし方ひとつで、その生き方ひとつで、私たちは、大きな力に打ち勝つことができる。
それが「美の基準」が私に教えてくれたことです。
できあがった条例の素案をもって、説明にまわる父は、「これを真鶴の”決意”と受けとめてほしい。」といいました。

施行から来年で20年。
平易であたたかく、芯の強い言葉で綴られた真鶴の決意が改めて多くの人に読み継がれ、

受け継がれていくことを心から願います。

hanaeletters.sblo.jp/article/74599931.html?

会場変更:10/11新国立競技場を考えるシンポジウム

昨日、朝日新聞と東京新聞に大々的に掲載された新国立競技場建設問題。あまりの反響の大きさに、10月11日のシンポジウムの会場が建築家会館から日本青年館に変更となりました。

東京新聞
www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013092302000121.html
朝日新聞
www.asahi.com/culture/articles/TKY201309230166.html

朝日は今朝の天声人語でも取り上げています。

www.asahi.com/paper/column.html?ref=com_gnavi

元のシンポジウムの案内  m-fujiwara.net/schedule/1011

以下のように変更↓

新国立競技場を考えるシンポジウム実行委員会
新国立競技場を考えるシンポジウム実行委員会 2013年9月25日 10:57
【会場が変更になりました!】
反響が大きくなったため急遽広い会場に変更いたしました。ご確認くださいJIA会館のすぐ近くです。
変更内容は下記です。

場所:日本青年館 中ホール (新宿区霞ヶ丘7−1)
会費:一般 1,000円 学生500円
定員:先着350名(来場先着で申し込み制ではありません)
※定員を超えた場合は別室にてモニター上映をいたします。
※当日下記URLにて中継も決定しました。
www.ustream.tv/channel/jia-kksk

どうぞよろしくお願い致します。

事務局

「住み、暮らす」人を忘れた都市計画

「絶対高さ制限を定める高度地区指定の都市計画原案」について区民意見を募集しています。

www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keikakutyousei_takasa_gennan_iken.html

7月18日に行われた都市計画審議会で、高さ60~70mの建築が可能となる地域にもともと住んでいた低層住居の人々の生活をどう守るかという質問に答えた学識委員の発言が、区民説明会で物議をかもし、ブログで都計審でのやりとりを取り上げた私としても気になっていましたが、審議会の議事録が公開されました。

それを読んでみると、傍聴したときには気がつかなかった部分があり、質問の意図のすり替えがあることもわかり、学識委員の発言は思っていた以上に問題があるように思います。故意かどうかはわかりませんが、責任の重さを考えて発言していただきたいと思います。

質問の意図は、制限値を60から40へ引き下げてほしいというのではなく、第一種低層住居専用地域なみの生活を求めているわけでもありません。今回の指定で60mや70mの制限になる湯島や本郷などに、低層でもともと住んでいた方が、高い建物ができて住めなくなったり困ったことが起きたら区はどう対応するか、という質問なのに、60を40にしろとか一低層なみの居住環境を保護しろとか要求していると意図をすり替え、そういう要求は我が儘だと断じていらっしゃる。聞いている一般人には我が儘というショッキングな言葉だけが耳に残り、威圧効果満点だけど、文句を言われたら、商業地域で一低層なみの生活を求め制限値の引き下げを要求するのは我が儘と言っているのだ、と逃げられる言い方になっています。

都市計画家は良いまちというのをどのように考えているのか。住人を取り替えても良いまちをつくろうと意気込んでいるのか。住み慣れたまちに死ぬまで住み、暮らしたいと願う高齢の人などいないと思っているのか。「自然豊かな、あるいはゆったりとした住宅地にお住まいになりたいということであれば、これはやむをえず、しかるべき場所に転居していただくしかない」 などと本気で思っているのでしょうか。ぜひご一読ください。14ページ~16ページあたりです。

www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0063/3566/13.07.18tokeishin-gijiroku.pdf

www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keikakutyousei_toshimachi_toshikeikakushingikai_h25_1.html

説明会では、既存不適格になることよる資産価値減少への不安が前面にでた質問が目立ちました。区の担当者は概ね丁寧にわかりやすく答えていたと私は思います。1次素案の頃よりずいぶんうまくなったなあと、ある意味感心しました。

「高さ制限で今7階建てなのに既存不適格となり、5階建てにしか建替えられなくなったら、区は資産価値の減少を金銭で賠償するのか、」などの質問も出ていましたが、法律の改廃は社会情勢の変化により現状に問題が生じたから改善のためにおこなわれるのであり、既存不適格が生じるのはある意味当然。建替え特例があることの方が異例だから特例なのです。消防法など既存の建物にも義務づけがある法もあります。逆にこれまでは都市法は緩和緩和できたのだから、新しい法の下で自分が行った行為で、もとから住んでいた人の日照権侵害や太陽光発電効率低下などで財産権侵害をした可能性もあります。「あなた賠償しましたか?合法だから賠償責任はないと言うでしょう?」と、もう少し毅然としてたしなめてもよかったかと思います。でも、生活権は建替え特例で50年は守られる。資産価値は床面積だけで決まるわけではなく、街並みの良さで価値が上がることもある。というような答弁もあったので、まずまず。

苦しいのは都の第六建設事務所長に釘をさされたように、都の意向で長引かせたのではなく、あくまで地域主権で変更を貫くことが求められていることでしょう。東京都はおそらくオリンピックをにらんで、安全な東京をつくらなければならない。2階建ての木造密集地域を2階や3階の「低廉な」改築で不燃化されたくない。5階建てくらいに共同化して、空地をつくり、良質なマンションに外から人を呼びたいという意図があるようです。前出議事録28~30ページ。

9月20日の建設委員会で報告されましたが、大塚5,6丁目の木密地域が東京都に不燃化特区の申請をすることになりました。東京都建築安全条例の新たな防火規制に基づき、準耐火建築物への建替え助成と除却助成、固定資産税と都市計画税の減免が設定されています。除却による空地を共同化して17mまでの「低廉な」マンションを造るより、不燃で頑丈な良質の低層住居とポケットパークという手法もあります。住み、暮らす人を主に工夫していただきたいものです。

いずれにしても既存不適格が2008年から2012年までに100棟以上増え、今も着々と増えているのですから、迅速な決定と丁寧な対応が必要です。  m-fujiwara.net/2013/07/19/

住み、暮らす人を忘れた都市計画にならないよう、既存不適格の相談だけでなく、以前より高い建物が周辺に建って困る古くからの住民のための相談窓口もつくっていただきたいと思います。

五輪施設の未来への指標

スケジュールの欄で10月11日のシンポジウムをお知らせしましたが、建築家槇文彦氏の提言について、以下実行委員会の見解です。

「JIA MAGAZINE 295 号に掲載された、槇文彦氏の「新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える」という論考を私たちは重要な問題提起として受け止めました。
掲載誌(JIA MAGAZINE 295号 9頁から) bit.ly/1dkMkpS
そこにはこの巨大建築に対して3つの視点が示されています。場所の歴史と都市景観の問題、公共建築のプログラムの問題、そしてコンペのあり方の問題です。

いずれも今日の私たちの社会、都市、建築文化のあり方を改めて問うものです。
氏は編集長の問いかけに対し「一老建築家が、このようなエッセイを書かなければならなかったその背後にある我々の建築文化の風土について、少し皆で考えてみることができればいいことだと思っています」と語っています。
私たちはこのコメントを引継ぎ、この問題をさらに深めたいと考えシンポジウムを企画しました。」

オリンピック施設については、各界から都市の持続可能性、環境保全、温暖化ガス削減、周辺地域との融合、などさまざまな問題意識が提起されています。

以下のサイトは、これらの問題を比較的コンパクトにまとめていてお薦めです。

homepage2.nifty.com/fujiwara_studyroom/jyunkan/tokyogorin1/tokyogorin1.html

五輪招致に懐疑的な人も、両手をあげて歓迎する人も、都市計画の問題として今一度考えてみてはいかがでしょうか。

■シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える

日時:2013年10月11日(金) 18:00~20:00
場所:建築家会館本館ホール(東京都渋谷区)
東京都渋谷区神宮前2-3-16 建築家会館1階
会費:一般1,000円 学生500円
定員:当日先着200名 定員を超えた場合は別室にてモニター上映をいたします
主催:新国立競技場を考えるシンポジウム実行委員会
パネリスト:槇文彦/陣内秀信/宮台真司/古市徹雄(兼進行)
www.facebook.com/events/146766988867251/

危険な夏の珍事

すっかりご無沙汰する間に9月になり、議会が始まりました。

この夏、さまざまな珍事がありました。

できたばかりの総合体育館で、子どもプールの天井ガラスにひびが入り、使用禁止になっていました。夏の猛暑で明かり取りのガラス天井下の子どもプールの水温が42℃にまで上がったため、指定管理者の東京ドームは黒い遮光ネットを張ったのですが、それが仇となりガラスが異常高温になりひびが入ったというもの。割れたら大惨事になったでしょうから不幸中の幸いですが、なんで?という思いはぬぐえません。

気候変動の中、ガラスの下が異常高温になることは予想しなかったのか。全面ガラスの建物が流行っていますが、高名な建築家槇文彦先生設計の東大法科大学院だって見るからに恐いのに、子どもが裸で泳ぐプールの上に、小さな明かり取りならまだしも全面ガラスって危険すぎません?そして、通風窓を開けることで温度の上昇を抑えられるはずだったけれど、網戸が張られていないため、虫が入るから開けなかったと。虫が恐くて露天風呂に入れるか、と言いたいところですが、それはさておき、光を吸収する黒のネットを張ったというのが信じられません。ガラスに密着して張ったのがいけないとも言われていますが、密着させなくても相当の熱を持ったと思います。子どもの頃、黒い紙に虫眼鏡で太陽光の焦点をつくって燃やしたこと、よ~く覚えています。子どもだって想像がつきそうです。

さまざまな問題の解決を指定管理者に任せていたことも問題ですが、指定管理者制度とはそういうものです。もしこれが区直営なら、直接の所管はスポーツ振興課でも、通風窓の網戸の時点で施設管理課がすぐに対応できたし、建築物の構造や物理に詳しい施設課なら黒いシートという発想には行き着かなかったはず、と思わざるを得ません。

もっとも昨今では、専門家でもかなり想像力を欠いている事例が見られます。昨日のニュースですが、ロンドンでは建設中の全面ガラス張り超高層ビルで凹面の反射光が路上に焦点を結び、駐車中の車やビル入口の床材を溶かしたという事件もありました。

sankei.jp.msn.com/world/news/130904/erp13090408580002-n1.htm

総合体育館には、これ以外にも本当にたくさんの想像力を欠く設計による問題が生じていますが、また別の機会にします。でもひと言だけ。一級建築士の国家試験に気象学と物理学と想像力のテストを加えるべきです。

もうひとつは集中豪雨による被害です。各地で悲惨な事故が報道されていますが、文京区では8月21日に大雨・洪水警報が発令され、人的被害はありませんでしたが、建物に被害が多数生じました。民間の建物で床上・床下浸水が101件、区施設では本郷福祉センター(若駒の郷)、千石保育園、特養白山の郷の3件で浸水等の被害がありました。

中でも千川通り沿いの10階建てマンションで半地下部分に浸水し、消防のレスキューが出動して10人が救出されたそうです。水圧で脱出できなくなり、3人はベランダから救出されたということですが、この方たちは無事に区内ホテルに収容されたそうで、こちらも不幸中の幸い。

千川通りは、古くは谷端川(小石川、礫川(こいしかわ)、千川とも呼ばれた)が流れていたところ、暗渠化されましたが当然谷底だったので低地です。豪雨時には水が集まることは想定済みだったはず。止水板の設備はあったらしいけれど使用されず、健生病院前に常設の土嚢は使ったようですが、用をなさない程の洪水だったのでしょう。

問題はこういう立地条件で半地下を設計することです。浅はか、無知としか言いようがない。日本はむちゃくちゃ建築自由の国ですが、こんな物騒な自由があっていいはずはないと思います。区は建設時の事前協議で立地や洪水被害の危険性などを説明し、対応を促し重要事項説明に入れるよう指導しているが、基本的に民間事業は民の責任と言い、それでも被害が出れば救済するのが区の役目と言いますが、過去には地下駐車場で水死者も出ており、容易に想定できる災害への対応を怠る事業者の責任はどうなるのか。救済は税で行うのですから良識ある区民としては理不尽な思いが残ります。

建築基準法は建物単体の性能しか問題にせず、周囲の地形や状況には頓着しない。都の建築安全条例でも規制できない。区の建築安全マネジメント計画は基準法の範囲のみで、民法上の安全には関知しない。直接生活に関わる消防法はかなりの強制力があるのに、建築確認が下りた建物には寛大であまり実効性なし。これでは前代未聞の災害被害をどう防げばいいのか、途方に暮れます。

気候変動で前例がない豪雨と言う前に、かつてはなかった危ない建物を用心して規制する知恵があってもいいと思います。まちづくり条例や住環境整備条例の策定がどうしてもイヤなら、転ばぬ先の杖条例でも、石橋を叩いて渡る条例でも、気候変動対応条例でもなんでもいいです。絶対に必要です。

*