また一つ景観破壊のアイストップ

文京区にまたひとつ景観破壊のアイストップが登場。

東大前から本郷通りの上り方向を見ると、そびえ立つ順天堂病院の超高層病棟です。V字型にフェードアウトする美しい並木道だった本郷通りはもうなくなって久しいとはいえ、景観計画にも書き込んであるアイストップの緑はどこへ行ったの? 建ち上がって来て初めて実感できるのですが、その時はすでに遅し。困ったものです。しかも病院です。威圧感と日照阻害は病院としていかがなものでしょう。

建築は単体の良さだけでなく風土や地域文化との調和が必要、ということは瀬戸内国際芸術祭のプログラムとして現在開催中の丹下健三生誕100周年プロジェクトのメインシンポジウムでも言われていましたが、この景観阻害、圧迫感、周辺の日照阻害は、単体としてはもとより、地域性から見ても病院の社会的責任から見ても失敗ではないでしょうか。

このシンポジウムや香川県立ミュージアムの展示を見てつくづく感じたこと、建築は哲学であり思想であり文化です。

www.facebook.com/photo.php?fbid=561963013868132&set=a.204150176316086.55480.203417443056026&type=1&theater

 

8月19日の朝日新聞に、長周期地震動で東京や大阪の超高層ビルが壊れて使えなくなる恐れがあることが防災科学技術研究所の解析でわかったと報じられました。

www.asahi.com/special/news/articles/TKY201308170169.html

www.asahi.com/shimen/articles/TKY201308180314.html

ほーらやっぱり、これで認めざるを得なくなったね、という感じですが、ただ超高層でお客(患者?)を呼ぼうという短絡的で安易な発想では、地域コミュニティを破壊するだけでなく、近い将来とんでもない災厄をもたらしかねません。建設会社のみなさん、建築家のみなさん、夢や思想と責任と誇りを持って未来に恥じないものを100年後に残してください。

DCIM0798

DCIM0797

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*