暑い8月がきました。

アベノミクスで雇用が回復したという。土建需要?と思わせるほど道路工事が多いこの頃ですが、我が家の周辺の工事状況を見ていると異様としか思えません。なぜこうも無計画に掘ったり埋めたりしなければならないのか。ドイツでは、都市計画で地域ごとにインフラ整備についても決定し、ライフライン敷設や道路計画は、この地域にはこういう用途の建物をこれだけの規模造るという計画とともに決定されるので、あとからの敷設工事はないとのこと。 (参考 水島信著『ドイツ流街づくり読本』鹿島出版会)

www.kajima-publishing.co.jp/cgi-bin/www/search222.cgi?A=detail&isbn=ISBN9784306072534&db=book

地中化の問題もありますが、それ以前に無計画・無制限にあとづけで建築を許可しすぎです。いえ、許可ならまだ良いのに確認だけで事実上やりたい放題に建築を認める制度が問題です。建築で利益を上げる権利ばかりが重視され、住み暮らす権利がおろそかな日本。

原発事故の被害が2年以上も放置され、なにひとつ解決していないのに原発稼働を進め、海外に輸出しようとする日本。政府の要人が「ナチスに手口を学べ」などと非常識なことを公言する日本。そんな日本で真面目に生きるしんどさが身に応える暑い8月です。

●8月1日~5日 シビック1階アートサロンとギャラリーにて、「戦災・原爆資料展」をおこなっています。

●8月2日、3日の2日間、シビック小ホールにて「区民平和の集い」を開催しています。

www.city.bunkyo.lg.jp/view.php?pageId=1449&blockId=666991&calendarMode=article

●8月6日~9日 シビック1階アートサロンにて恒例の第9回「原爆の図展」を開催します。

●藤原美佐子レポートNO.10ができました。  www.m-fujiwara.net/no10.html

区政と区議会の現状と問題を取り上げ、私なりにお届けしています。毎回お叱りを受けますが、今回も字数が多く、わずかな息抜きとなっていた「余談ですが・・・」もカット。申し訳ありません。

8月4日(日)に新聞折込(朝日・毎日・東京・日経)をします。マンションでチラシ類の投函ができないところがふえてきたので、初めてやってみますが、はたしてどれだけの方に読んでいただけるか。ご覧いただき、ご意見をいただければ幸いです。

 

 

*