ネット選挙解禁

7月の参議院選挙からインターネットでの選挙運動ができるよう、公職選挙法改正案が今国会にかけられる見込み
です。
これまで告示後はホームページやブログの更新はダメ、ツイッターやFaceBookへの書き込みにも神経を使いました
が、基本的に候補者からは意見や政策、有権者からは賛同や呼びかけを発信することができるようになり、
とても自由に活動ができるようになりそうで歓迎です。

ネット社会には、なりすましによる流言飛語、ネガティブキャンペーンのような誹謗中傷、思わぬ炎上など、
デメリットが常に問題になりますが、これは自主、民主、自由が定着していないことに伴う必要悪だと思うので、
慣らして定着を待つしかないのではないでしょうか。

よくインターネットで検索をしていると炎上状態の掲示板に行き着くことがあり、テーマをそっちのけで
素性の探り合いや「出ていけ!」みたいな排除、敵対心むき出しの自己主張など、サイトを閉じるしかない
悲惨な状態でネット社会の暗部を見た気がしますが、アサーション(相手の主張を聞き、理解しながら自分の
考えを過不足なく的確に伝えることと理解しています)に慣れていない人が多い日本では、どうしても対面でない
ネットの場で攻撃的な言葉で主張してしまうのでしょう。
私も反省することしばしばです。

折しも23日にシビック・スカイホールで文京区の地域貢献講座2012のファイナル公開シンポジウムがあり参加
しました。
「文京まちかどミーティング」と題されたこの講座は、ネット社会で子育てや防災などに孤立しがちで不安を
抱える住民がまちの中で対話の場をもち、住みよい地域にするためのアクションを起こしていくきっかけにしよう
という趣旨でした。

私は「文京区をぶっちぎり日本一住みたいまちにするには?」の回のワークショップに参加しましたが、
区内在住の区役所職員や区の課長さんなどと同じテーブルにつき、今までヒアリングでしか話したことのない
方々と対面でまちをテーマに話し合ってみて、アサーティブに話す訓練が必要だなあと感じました。
レッテル貼りや先入観はなにも産み出さないという自戒を込めて。

シンポジウムでは区長の存在感を強調する構成になっていて、最初の挨拶、発表の講評、パネルの挨拶、鼎談と
度々登壇され苦言も呈されていました。違和感を禁じ得なかったのは、対話のメリット、ネット社会の弊害を
指摘する事例として「区民の声」(メールによる区への投書)について言及した場面でした。
「区民の声にとんがった文章がふえている、夜中の2時とかに発信されている、自分は全部目を通して(部下が
つくった)返事にも目を通すが、やめたいくらいだ」というような趣旨の発言でした。

これは明らかに問題のはき違えです。それだけ区長に訴えたい区民が増えているということ。行き詰まって
ついきつい調子になっていること。日中から深夜まで仕事や家庭に追われ、夜中に疲れた身体でようやく時間を
作りしたためていること。普通の時間に窓口で話せば解決できる問題ではなく、為政者のトップとして権限を持つ
区長に話したいことがあるということ。なのです。
区長たるもの区民を愛し理解し、ぜひ包容力を持ってアサーティブに区政にあたっていただきたいものです。
そして区長として解決できる方法を探っていただきたいと思います。

重要文化財の校舎で学ぶ

愛媛県八幡浜市立 日土小学校の校舎が12月に重要文化財に指定されました。

www.asahi.com/shimen/articles/TKY201302220622.html

http://www.asahi.com/culture/update/1019/TKY201210190295.html
山間のひなびた温泉宿のように川に突き出た清水の舞台のような設計で有名ですが、
設計者は「日本を代表する建築家10人」にも選ばれた大洲市出身の故松村正恒氏。
八幡浜市職員時代に設計し、1950年代後半に建設されたそうです。

耐震性能を心配して建て替えを望む声も多く、補強し安全を確保した上での保存再生には
市の教育委員会も相当腐心したようです。
その甲斐あって日本建築学会賞と米国のモダニズム賞も受け、今回の重文指定で三冠王と
なりました。
日土小と同じく松村正恒が市職員時代に設計した小学校を卒業したという市教委施設係長の
梶本教仁さん、土日返上で尽力した成果が実って、満面の笑顔です。

ちなみに1930年に建設された文京区の明化小学校も、木田保造という有名な方の設計施工
だそうです。木田組を率いて京華女子中高や昭和第一などの学校や、銀座松屋などの
デパートも手がけたそうです。
現役でまだ十分活躍している明化小学校、重要文化財になるといいなあと思います。
子どもたちが文化財の中で学ぶことを誇りに思い、大きくなっても忘れずに大事にして
くれるはずです。

今は順天堂に貸している旧元町小学校も同じく昭和初期の建物で、こちらは元町公園と
セットで関東大震災復興小学校・小公園として、文化財の価値を認められています。
当時の東京市の公園課長井下清の監修で設計施工されたもので、2015年に区に返還された
後の活用について、来年度区庁内で検討会を立ち上げるとのことですが、文化と歴史を
誇る文京区として恥ずかしくない活用策をじっくりと検討していただきたいと思います。

自治制度改革論の動向

21日の自治制度・行財政調査特別委員会の勉強会を傍聴しました。
政府の第30次地方制度調査会委員を務められる山梨学院大学の江藤俊明教授による、
住民自治制度や議会改革の動向についての昨年12月の中間報告に沿った興味深いお話でした。
疑問が解決したというより課題が明確になり深まったという感じではありますが。

地方自治法の改正により地域主権は形だけは一気に進みましたが、住民自治=住民主権は
なかなか進みません。拘束型住民投票の導入は見送られ、ひきつづき検討だそうです。
昨年から今年にかけて、原発立地や稼働の是非を問う住民投票条例の直接請求が各地で
行われましたが、個別条例制定の直接請求には限界があり、署名は十分過ぎるくらい
集まっても議会が否決して成立しませんでした。
私も会員になっている原発都民投票の会では、個別ではなく常設型(実施必至型=署名が
集まれば住民投票をかならず行う)住民投票条例、諮問型ではなく拘束型(投票結果に
かならず従う)住民投票を求めていますが、都議会では「常設型住民投票条例制定を求める陳情」
が総務委員会で否決されました。
常設型でなければ足を棒にして署名を集めてもこのように無駄になり、拘束型でなければ
50億円もかけて住民投票をすることが無駄になりかねないので、自治法改正により導入される
としたら拘束型なのでしょう。

直接民主制は本来民主主義の基本だと思うのですが、住民の付託を受けた議会では住民投票は
議会軽視だという意見がかならず出ます。そういう議員は自分たちが住民の意思に依拠するとは
思っていないのか、鞄、看板、地盤という住民からかけ離れた宙に浮いたものに依拠すると
思っているのか、不思議なことです。

江藤先生によると、住民参加には「正当性」が認められず、決定には「正当性」をもつ委員しか
関与できないということでしたが、正当性ってなんでしょう。
無作為抽出にしても学識などの専門委員にしても正当性を担保するのは行政=首長なのだから、
もし住民投票が実現し、首長と相反する結論を住民が出したとしたら、正当同士の一騎打ちと
いうこと。住民参加に正当性がないなどと言えるのでしょうか。

議会改革ももう一歩。
政党とも違う、選挙制度ともずれる会派というのは世界でもまれな制度だそうです。
首長の追認機関としての首長与党会派が頑として存在する中での議員間討論は虚しいものです。

また、定例議会制度から通年議会制度への移行が目下文京区議会(幹事長間の懇談会)でも
議論されていますが、行政施策や情報が切れ切れに議案として出てくる制度から、
4年くらいのスパンで行政評価→決算→予算要望→予算に反映、という流れの中で議会が関与する
制度に変われば、住民の付託を受けた議会の存在意義が明確になり実効性も上がるという話には、
条例提案、決算、予算の流れになかなかついていけない私としては大いに納得でした。
もっとも勤勉で優秀な見習うべき議員さんは、今の制度の中でもきちんと行政情報をキャッチし、
流れを把握して予算審査につなげているようです。

自治の基本はお任せせず主体として参加し引き受けること。お任せは痛い散財にもつながります。
選びっぱなしはやめよう!
http://www.asahi.com/shimen/articles/OSK201302190206.html

任せて文句を言う社会から引き受けて考える社会へ

社会学者の宮台真司さんの今や有名になったフレーズですが、「お任せせず大事なことは自分で決める。」という参加型民主主義は20年以上も前から生活者ネットワークのメインテーマでした。先日2月16日のNHKスペシャル討論番組「どうするエネルギー政策」でもパネリストの枝廣淳子さんが同じことを言っていました。

Nスペの討論では思考停止グループと思考し提案するグループに、言い換えれば原発推進派と脱原発派にはっきり分かれた構図で、目先のことだけでなく数十年先を見据えたエネルギー政策を、というところまでは全会一致なのに、その先がかみ合っていないのがもどかしかった。中でも安全とは何かの合意、未来がどんなであってほしいかの展望の点で食い違いが目立ちました。

化石燃料も底をつきかけている中、原発を廃止したら、将来エネルギーが不足する、高騰する、経済が成り立たないというお定まりの論調に対して、たとえば10年前に将来を見据えて再生可能エネルギーを含めたダイバーシティに政策転換していれば、今原発事故でこれほどエネルギーが逼迫しなかっただろう、だから将来を見据えて今からでも早急に多様な再生可能エネルギーへの政策転換を決断すべし、という提案(私なりの解釈)があったのを受けて、茂木大臣が「サウジアラビアは化石燃料の枯渇を見据えて原発エネルギーの比率を20%まで高める政策転換をした」などと返していたのにはのけぞりました。

安全とは基準のクリアだけでなく、どこまで何を引き受けるかの合意を含めたものです。画面の下に絶えず流れるツイッターの声には子の世代、孫の世代からの「安全やエネルギー削減のために脱原発を押しつけるな」というような投稿がありましたが、次世代や次々世代が今の混乱や窮状を嫌うあまり短絡的で自暴自棄な選択に向かうことのないよう、今の世代はきちんとした情報のもと、議論をつくして政策を決断しなければならないと痛感しました。もちろん今の世代の廃棄物を将来に押しつけることなどもってのほか。

原発 を廃炉にするのがたとえ数十年先だとしても、政策決定に10年は長すぎるという意見がありましたが、情報公開と詰めの議論は早いほどよいでしょう。私たちも任せて文句を言っても手遅れだった今回の失敗から学び、自分たちのこととして引き受けて考えていく覚悟を決めましょう!

いくつかお知らせです。

①上記Nスペのパネリストでもあった西尾漠さん(NPO法人原子力資料情報室共同代表)を講師とする勉強会

「原発を止めてきた日本の運動 ~マスメディアで流されない真実~」

日時: 3月23日(土) 14:00~16:30

会場: ドリームインスティテュート研修スタジオ (本郷3丁目UCビル6階)

参加費: 資料代 1000円

主催: NPO研修情報センター(TRC)、共働e-news

共催: ドリームインスティテュート、知研フォーラム

申込み、問合せ先: Tel&Fax 042-208-3320

 

②「東北子ども未来公演」プロジェクト

www.japanfs.org/tohoku/musical/about.html#cast

○公演名    東北子ども未来公演 presented by JFS & 日本興亜損保
『CARE WAVE AID ~被災地の子ども達による【未来宣言3.11】~』

○日時     2013年3月30日(土)13:00公演 / 17:30公演 ※2回公演

○会場     世田谷パブリックシアター
東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー3階
(東急田園都市線・東急世田谷線の三軒茶屋駅より直結)

○主催:NGOジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS 代表:枝廣淳子)
○共催:日本興亜損害保険株式会社
○特別協力:特定非営利活動法人CARE-WAVE
○後援:岩手県、宮城県、岩手県大船渡市、宮城県気仙沼市、東京都世田谷区、徳島県阿南市(2月6日現在)

○キャスト
福島県郡山市、岩手県大船渡市の高校生、宮城県気仙沼演劇塾『うを座』と徳島県阿南市民劇団『夢創』の子どもたち、プロの俳優・ミュージシャン 総勢約70名

○公演内容
東日本大震災を体験した東北の子どもたちとプロの俳優が、震災や貧困、少年兵、難民キャンプなど世界の社会問題をテーマにおくるノンフィクションミュージカル。

震災から2年、未曾有の惨状を体験した子どもたちは驚くほどの精神的な成長を遂げました。彼らが語り始めた世界への『思いやりの心』をお届けします。

○チケット料金 一般 1,000円/一人、12歳以下 500円/一人
未就学児無料(お子様が席利用の場合には無料チケットが必要です)

※チケット売上全額は、震災の復興や環境・社会問題に取り組むNPO等に寄付されます。

○チケット購入方法       こちらに詳しい説明があります。
www.japanfs.org/tohoku/musical/ticket.html

文化は記憶の継承・・・

2013021610250000

 

Odd Eye

Odd Eye

 

お向かいの邸宅の解体工事が終わりました。丸2ヶ月、震動と騒音に悩まされましたが、更地になってみると改めてもったいないことをしたなあ、と思います。かつてお医者様の自宅と医院があったころの思い出がかすかに残っています。前庭や中庭には池や築山があり、石や古木や竹林があったのに、何一つ残さず平らにしてしまった風情のなさ。愚挙。こうしなければ売れない、更地の方が価値があるなんて、いつから日本はこんな信じられない非文化的な国になってしまったのか。

写真奥の塀の後ろには、中央公論初代社長の麻田駒之助さんの邸宅だった国登録文化財の平野邸があり、今回の解体で被害があったようなので心配です。今もご当主がお住まいですが、こちらはぜひぜひ守っていきたいです。

blogs.yahoo.co.jp/maki57562000/GALLERY/show_image.html?id=53155953&no=1

「文化は記憶の継承」と言ったのは高階秀爾さんだったか。去る者は日々に疎しで、かつての西片町のおぼろげな記憶が彼方に追いやられ忘れ去られるのは時間の問題でしょう。土地を譲り受けた所有者の私的権利(権利と言ってももっぱら金銭的利益を得る権利のみ)を文化よりも何よりも大事にする文京区は、「文化と歴史と緑」を売りにしながらそれらをいずれ食いつぶしていくのでしょうか。土地の売買や建築に際して、樹木を残す決断をした地権者や設計に対して区として助成をしてはどうかと10年近く前に区に提案したところ、今後検討すると言っておきながらずっと手をこまねいています。無策なまま文化の風化を待つ文京区には「文化と歴史と緑」というフレーズを返上してほしいくらい。本当に情けない思いです。

一方、先日のニュースで、杉並区が来年度予算31億円で荻窪にある近衛文麿元首相の旧宅「荻外荘」(てきがいそう)を取得することを報じていました。有識者らによる懇談会で活用方針を検討するとのこと、杉並区のことだから住民参加も当然あると思います。東京の文化は西高東低のようです。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000013-mailo-l13

荻窪駅を南口に下りて高井戸方面に南下する道沿いには、文化財が並んでいます。まず取っつきには「旅館西郊」(せいこう)、そして荻外荘、大田黒公園と続きます。旅館西郊は一昨年登録文化財になったそうで何よりですが、5~6年前、もしや取り壊されるかという話を聞き、まちづくり仲間で今のうちに西郊に泊まろう!ということになり、午後から勉強会、夕方から夜中まで宴会、そしてお泊まりをしたのでした。

洋館部分は下宿屋というかアパート、和室部分が旅館になっている不思議な建物ですが、使ってこそ生きる文化財、地震が恐くて文化が守れるか、とまでは言いませんが、危ないから壊すのではなく何とか工夫して使う心意気が嬉しいです。

文京区は昨年、念願の森鴎外記念館を設立し、文の京の対面をなんとかつなぎとめましたが、長年放置してきた新江戸川公園の松聲閣は来年度予算でようやく修復することになったところで、2年前に入札不調になったいきさつは想像はつくものの話にならないお粗末さでした。要するに心意気と想像力と柔軟性に欠けるのです。あんなに素敵な公園を何年も放りっぱなしにしておいたなんて恥ずかしい。大田黒公園は杉並区立公園としては初の回遊式庭園だそうですが、文京区には回遊式庭園が多すぎて有り難さがわからないのですね、きっと。

サトウハチロー記念館も残せず旧居跡の石碑一枚にしてしまい、樋口一葉記念館はつくらないと断言し、旧伊勢屋質店も市民団体がほそぼそと年1度の公開を支えている現状です。みなさんは文京区の文化行政をどう思いますか?自発的な自覚を待っているあいだに記憶はとだえ、重みのある文化は継承されず、吹けば飛ぶような軽薄短小な町になるでしょう。その前に声をみんなで上げませんか。

小平で市民ソーラー発電所

原発から脱することがどうしてもできない、どうしようもなくダメな日本社会、いっそ捨ててしまおうか、とも思いますが、踏みとどまって地域のエネルギーの自給自足に踏み出した自治体、市民団体がたくさんあります。文京区でもぜひやりたい!やりませんか?

10年ほど前に見学に行った長野県飯田市の「おひさま発電所」、昨年視察に行った堺市の「まちなか発電所」、練馬区・大田区・江戸川区などのエコメッセ「元気力発電所」、そして今月、小平市で「こだいらそーらー」が設立します。

以下「こだいらソーラー設立記念フォーラム」のお知らせです。

市民から募る出資金には配当がつき、脱退時には配当つきで返還されます。

まだまだ資金不足のようですから、どうぞぜひご参加ください。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

こだいらソーラー設立記念フォーラムのお知らせ

3.11以来、小平市でエネルギーシフトの重要性にめざめた市民が集い、

地域社会に根ざした再生可能エネルギーによる地域分散的なクリーンな

エネルギーを推進し、地域のエネルギーの自給自足を少しでも実現して

いくことをめざそうと、「こだいらソーラー」を立ち上げました。

多くの市民の理解と賛同を得て、市内に太陽光市民共同発電所を設置

していきたいと考えています。幸いにも、こだいらソーラー第1号機が

2月中にも始動することとなりました。

このたび2月23日に、こだいらソーラー設立記念フォーラムを、田中優さん

をお招きして開催いたします。

パネルディスカッションでは、地域発・市民発のエネルギーシフトの実現

に向けて、知恵を出しあいます。ぜひご参加ください。


「小平で市民ソーラー発電所をつくろう!」
●日時:2013年2月23日(土)13:30~16:45
●場所:小平市中央公民館 2Fホール(小平市小川町2-1325  電話042
-341-0861)
交通/西武多摩湖線青梅街道駅徒歩5分
●資料代:300円
●主催:こだいらソーラー 後援:小平市
●内容
○パネルディスカッション
<パネラー>
足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ
太陽光発電所ネットワーク
多摩市循環型エネルギー協議会
こだいらソーラー
○基調講演(15:00~)
 「エネルギーシフトで、未来の当たり前を今、現実のものに」
田中 優さん(「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長)

主催 こだいらソーラー(代表 都甲公子)
<連絡・問合せ> (田中) 電話  042-467-2861 FAX  042-467-2951
メール kodaira.solar@gmail.com
kodairasolar.wordpress.com/

政治家の無知ほど危険なものはない

「政治家の無知ほど危険なものはない」(週刊金曜日2/1号)、ほんと、実感です。

日揮アルジェリア人質事件。背後にあるものを見極めず、邦人救出のために自衛隊法改正などを論じれば、テロリストの民間人無差別殺戮へと道を開くだけ。日揮社長の社員の安全を願う沈痛な表情とは裏腹に、裏紅絹がひるがえるダークスーツにいやな予感がしたけれど、予感的中。中東はフセインやビンラディンの死によって安全になどならなかったのです。

宗教問題、尖閣などの領土問題、原発は限りなく容認されゆくゆくは核武装?一触即発で第三次世界戦争か・・・恐ろしい話です。危ないことに手を出した企業や無謀な覇権を主張する政府から人々を救えるのは、地元民との真摯な交流と信頼関係の構築だけだと確信します。

話は変わりますが、昨日のNHKスペシャルは、「核のゴミ」はどこへ、と題して破綻したプルサーマル計画の後始末もできない日本の実情を検証していました。六ヶ所村に全国から送られ、たまっている使用済み核燃料、再処理もできず最終処分場が決まらないので埋設もできない。再処理ができないなら発生元の原発に返却することになっているのに、それをすると原発が運転できなくなるから、無理を承知で再処理計画の方針を変えない日本政府。

政府内部でも電力会社内部でも計画の撤回を提案する若い技術者がいたにも拘わらず、国策によって運営している事業をつぶすわけにはいかない、みたいな本末転倒の論理でにぎりつぶす日本政府。国策を変えればいいだけなのに。。。次世代や次々世代のことを少しでも考えれば、今原発稼働を続けることがどれほど後世に取り返しのつかない事態をもたらすか容易にわかるのに、原発を推進し続ける無知、無謀、無責任な政府の姿が浮き彫りになっていました。

さらに話が変わって、身近な文京区でも2年かけて進めてきた絶対高さ制限が、今覆されそうとしています。第3次素案の次は本案作成で都市計画決定に進むはずだったのに、第4次素案をつくりまたパブリックコメントだそうです。商業系用途地域とはいえ、第3次素案のときより約10mも高くなる関口と後楽。これまでの3つの素案と3度のパブコメはいったいなんだったのでしょうか。区民の声をにぎりつぶし、どんどん決定を遅らせ、どんどん駆け込みの既存不適格建物をふやし、着工ラッシュがおさまるのを待っているのでしょうか。住居系地域では、もう我慢できない!こちらだけでも早く都市計画決定して!という声が聞こえます。

無知な「政治家」などとおこがましいことは言いませんが、住環境保全のために議員になる前からずっと高さ制限を求め続けてきた一区民として、背後に何があったのかきちんと調べなくてはと思っています。

*