2012年の最後に

明日は大晦日、怒濤のようになだれ込み今年が暮れていきます。年末の大掃除、ことしもお座なりにお茶を濁して終わりそうです。

とりあえず玄関だけは、と思って始めると、猫たちが「めずらしいね~」と寄ってきました。全部で8匹、地域猫たちです。最近地域猫活動に協力しています。有志たちがトラップで野良猫を捕獲して、避妊・去勢手術をして地域に戻し、一代限り餌をやっていくという活動です。私は餌やり専門ですが、熱心な方は補助金が切れても自費で頑張っているので、頭が下がります。

すべての野良猫に手術を施せるよう、補助金アップも要望したいところですが、最後まで飼わずに放してしまう人たちや、手術をせずに餌だけやる人たちをなんとか啓発しなくては。獣医師会にも、補助金が切れた後は手術費の割引など、さらなる協力を求めたいところです。

20121229cat3 20121229cat4 20121229cat2

 

 

さて、今年も1年の締めくくりに市民の広場から区長・教育長へ2013年区政要望を提出しました。

地域主権改革が名ばかりで国や都の追随に終わることのないよう、地域住民の生活の質が真に向上するよう、自治体として対応できるだけの力量を持つこと、自民党への政権交代で民主的教育が危ぶまれている中、正しい歴史観をもち、子どもの立場に寄り添い、教育の独立を保つことなどを始め、区民の皆さんからの要望も交えて多岐にわたる要望をしました。キャビネットに「市民の広場2013年区政要望」として収納しましたので、ぜひご一読ください。

www.m-fujiwara.net/cabinet.html

 

そして次は、年末恒例のパブリックコメントの嵐です。3・11以降、子育て世代のお母さんお父さんが非常に政治に(正確には政治ではなく行政施策に)関心を持つようになり、熱心なウォッチャーが多くなっています。その分、行政も緊張感をもって寄せられる意見に気を配っているように思います。いかにうまく説き伏せるかではなく、きちんと真意を汲んで対応するところまではいっていないようなのが残念です。

この時期にパブコメが多いのは年度末の計画策定を睨んでのこととはいえ、もう少し早めにと申入れているのですが。。。 以下のサイトからお入りください。

 www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_koho_pabukome.html
特に保育計画の修正は保育園の定員増、区立幼稚園の預かり保育など皆さんの関心事だと思います。
その他の保健医療計画、地域防災計画、建築安全マネジメント計画などもすべて大事なことばかりです。
建築に関しては担当技術者の数の確保や力量アップなどが課題ですが、建築主事はひとりきり、他の技術者も減少しており、1級建築士の受験補助がひとり1回2万円ついているだけで研修助成がないことや、やはり何と言っても人減らしが問題です。
忙しい時期ですし、難しい問題ばかりで大変ですが、ぜひ意見を出してくださいね。
昔、私がまだ子育てをしていた頃、生活クラブ生協の班で子どもの遊び場について調査し、議会に公園計画の提案をしたことがありました。そのとき、班長さんが言った言葉。今も覚えています。
「提案するからには行政からの提案もよく読んで、賛成でも反対でも必ずパブリックコメントを返すのは礼儀だと思ってね。(^_^)」
それ以後私はできる限りすべてのパブリックコメントに意見を出すよう心がけてきました。
最後に、衆目を集めながら約8年間計画がとまっていた小石川植物園隣の住友不動産千石2丁目マンション計画が動き出したというお知らせです。12月27日に建築計画の標識が設置されました。開発許可の問題、説明会の問題など来年早々からまたウォッチが必要です。20121229網干坂住友不動産

まもなく今年も秒読みに入ります。今年一年、私にとっては最愛の犬が死に、また社会にとっても政治転換の大変な年でしたが、お陰様でなんとか元気に年を越せそうです。

来たる年は、政権党が選挙時の約束を次々と反故にして脱原発の流れも変わりそうですし、不穏な気配がありますが、気持ちを新たに頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさま良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*