東京を変える!

強権的高圧的にトップダウンで強引に進めてきた都政を、停滞してきたら投げ出した人がいるので、12月16日は都知事選挙になりました。衆議院解散同日選挙もありやなしや。忙しい1ヶ月になりそうです。

一昨日、区議会第4回定例会の一般質問原稿を提出し、やれやれ一休みも束の間、昨晩中野ZEROホールでの「東京を変えるキックオフ集会 宇都宮けんじさんとともに人にやさしい東京を!」に行ってきました。

大ホールを埋め尽くし立ち見もありの1400人大集会となりました。ああ、石原都政の終焉を喜び未来に期待をかける人がこれだけいるんだ~と思って、びっくり!嬉しい!自己責任の嵐に吹き飛ばされ押しつぶされそうだった人たちが助かるかもしれない!

6年くらい前、浅野史郎さんの決起集会に駆けつけた時のことを思い出し、感慨無量。あのときは八重洲口のホテルでしたが、ZEROホールはあのときの3倍くらいにふくれあがっていました。

以下、参加者の皆さんの心から振り絞られた声をご紹介します。

●貧困、格差ひろげた石原都政。たまゆら荘火災で亡くなった10人中9人が東京都民。43000人の特養待機者。2007年時点の約2倍になった2010年の保育園待機者8400人。

●たった60万円の盲導犬えさ代補助金までカット。ウィメンズプラザも廃止しようとした。(これが財政再建の正体?)

●生活保護切り下げ、公営住宅つくらず、非正規雇用で住むところもない。住民票のない人は投票もできない。

●中国、韓国、女性、高齢者、障害者への差別。差別の石原都政を自ら投げ出したのはチャンスです。希望が見えてきた。 (思い出します差別の言葉の数々。障害者に人格はあるのか。生殖能力を失った女性が生きているのは無駄で罪。三国人、シナ。原発都民投票なんてセンチメント。ネットカフェ難民はファッション。)

●関係ないけど、わたくし宇都宮市出身です。石原単体のみならず、石原的体質に反対。石原的体質=原発的体質を許したメディアの責任は大きい。人が生きていく痛みがわからない人に政治をしてほしくない。選挙の日まで怒り続け、怒りを優しさにつなげよう!

●小泉の子分から石原の子分になったI氏。子分を親分にしてはならない。

●暴力夫を息を潜めてやりすごすような石原都政の日々だった。

●子どもの貧困が問題となっている。児童扶養手当5年後に半額削減、ストップ。つまずいた子どもの行き先だった定時制高校統廃合反対。シングルマザーズ見てね!

●女性副知事をぜひ実現させたい。よろしく!

●築地市場の豊洲移転はオリンピックのためだった。除染費持ちで汚染された東京ガス跡地を買い取った税の無駄。(もちろんオリンピック誘致も無駄)

●原発の現地は東京です。原発いらない福島。12月10日に全国ネット発足集会をします。

●そうだ、石原さん、もう前知事なんだよね~、これで変えられなきゃ東京の恥。メディアがやらないなら私たちが新しいメディアになって拡散しよう。勝手連を山ほどつくろう。

以下は宇都宮けんじさんご本人からの言葉です。

◆日弁連会長として原発事故被災地支援にあたってきた。原子力損害賠償センターで国がまず賠償し、国から東電に求償するしくみにしたい。

◆家賃補助、最低賃金引き上げで居住権・基本的人権を守りましょう。

◆公契約条例実現、低価格入札防止の一環で入札条件に最低賃金以上の企業という条項を入れるべき。

◆管理教育は憲法19条 思想良心の自由に反する。先生たちが自由にものを言えない強制的な雰囲気で、学力競争を煽ることが子どものストレスとなり、いじめ・暴力につながる。いじめのない学校に向けて全力を注ぎます。

◆瓦礫処理は住民の声をよく聞き決定します。日本には世界の2/3の焼却炉があります。まさに焼却文化。健康調査をずっとやっていくことが必要です。環境調査、放射線測定もやるべきです。

◆あんぱんはこしあんが好きです。

宇都宮さんの政策は「人にやさしい東京をつくる会」のサイトにあります。 utsunomiyakenji.com/index.html

勝手連をつくるときの参考にしてください。 www.senkyo.metro.tokyo.jp/qa/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*