エネルギー政策パブリックコメント

内閣府のエネルギー政策パブコメは今日の18時締切でした!

2030年までに 1.原発ゼロシナリオ 2.原発15%シナリオ 3.原発20~25%シナリオのどれを選ぶか。

みなさんは意見を送りましたか?

私は回線の混雑で何度送信しても送信完了サインが出ず、焦りましたが、ギリギリ締切5分前に滑り込みでようやく以下の意見を送信できました。 急いだので少なからず雑駁ですが、とにかく意見を出すことに意味があります。

内閣府に電話して、混雑のために意見を送れなかった人が多かったらどうするのかと尋ねたところ、送信ボタンを押したけれど混雑で止まっていた分は、後ほど混雑が解消したときに締切後でも受信するようになっているとのことでした。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

意見
・この3案の中では2030年までに原発ゼロシナリオを支持します。
・しかし、2030年といわずできるだけ早い時期に原発ゼロとすることを求めます。3案以外で、できるだけ早く廃止する案を提案します。
・安全が確保できない原発は存在するべきではないので、再稼働はせず、大飯原発は再停止し、すべての原発は廃炉作業に取りかかってください。

理由
・古川大臣はNHKの討論で、この3パターンは単に議論のきっかけとして提示しただけで、今後専門家会議などで他の案が出てきて議論の末他の結論になるかもしれない、というようなことを発言していました。ではなぜ3択で選ばせてこんな議論をさせて視聴者アンケートまでとるのかというと、国民みんなに考えてもらうためだそうです。それなら今まで隠してきた情報を全部開示し、国民的議論を起こし、国民投票をするべきです。ただし、国民的議論の果てに国民の声を押し切って政府が原発をどんどん稼働させ推進してしまうことだけはやめてください。国民投票をしてその結果を尊重するべきです。
・原発ゼロ以外のシナリオでは日本の安全は確保できません。地震国日本ではいつまた福島第1原発と同じ事故が起きるかわかりません。再度起きれば、特に西日本で事故が起きれば、日本国内に安全に暮らせる場所はなくなります。
・原発を廃止すると産業が衰退するという説は根拠が曖昧です。ゼロ以外のシナリオの支持者はこぞって電力不足、値上げ、産業衰退を言いますが、この暑さの中、我慢しながらでも何とか持ちこたえていることを考えると、不足はカバーできそうです。また今回の電力値上げは原発事故によるものという認識を持っています。代替エネルギーにすることで原発事故ほどのコスト高騰があるとは考えられません。また、原発関連産業をそのまま代替エネルギー関連産業に振り替えれば、新たな産業振興になります。
・原発のない社会は非現実的という説がありますが、代替エネルギーの確保、原発関連産業の従事者の転職の手配、廃炉技術の確立、核廃棄物処理方法の確立を粛々と進め、再稼働見合わせ、再稼働したものは再停止、建設中のものは計画中止とすることは極めて現実的です。 以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*