東海道品川の宿

5月16日、地域振興・まちづくり調査特別委員会の視察で、旧東海道品川宿周辺のまちづくりを見学してきました。

品川区についてはこれまで、品川ナンバー、湾岸開発のマイクロソフトやソニー誘致、北品川の原美術館などに象徴されるハイソでおしゃれで先進のイメージをいだいていました。最近では、中延地域の地域通過や高齢者中心のコミュニティ活性化、目黒川の親水遊歩道やおしゃれな川沿いカフェなど、まち歩き・川歩きを楽しませていただいていますが、今回一転して東海道の宿場というレトロで庶民的な一画の息の長いまちづくりの手法に触れ、まちづくりのうまくいっている地域に共通するコンセプトを改めて確認した思いです。

▲外国人向けのゲストハウス

●ひとつは、観光客(=通り過ぎる人)のためでなく住民の生活重視ということ。旅人向けではなくあくまで身内向けに、町の歴史性・アイデンティティを子孫に守り伝え、自慢したいというのが動機だそうです。江戸時代の街道・宿場というと、もろ観光まちづくりと思いがちですが、これは以前にも書きましたがドイツのロマンティック街道などでも同様です。

25年活動を続けている「旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会」のみなさんは、その中でも、外の人・若い人の参加を歓迎し、外からと内からの価値観のずれもそのまま、変なところは変なままでそこがよい、と堂々売りにしてしまいます。土日まち歩きの観光客のために開店することはあまりなく、生活道路は生活必需品を運ぶために車も通す。狭くても拡幅せず、むしろ線引きで狭め、ガードレールはつくらず車が来るよ~危ないよ~で対応。もちろん旅人のためのサービスも 忘れませんが、ただし一挙両得型です。空き店舗を利用したお休み処や外国人向けのゲストハウスがそこここに。    

●もうひとつは、区と商店街、NPO、任意団体などがうまく連携し、知恵を絞って補助金を有効活用していること。商店街活性化推進事業の中には、石畳をつなぎ透水性舗装などの整備、ゲートや街灯の整備、歴史的景観の修景、案内サイン整備などが含まれ、その他電線の地中化や一時託児所など、さまざまなニーズにしっかり対応して、生活・住環境の向上をもたらしています。           

▲子育て交流ルーム品川宿おばちゃんち

夜間保育や延長保育にいち早く取り組んだ品川区ですが、在宅保育者支援としてのリフレッシュや交流と、商店街活性化としての空き店舗活用をうまくマッチングさせ、若い世代を古い町に引き寄せるまちづくりコーディネートとしても成功していると感じました。

品川区って面白い区だな~というのが実感です。思い思いのまちづくりをしている地区が点在し、それぞれが個性的で、それでいて生活密着型、一方2010年には景観行政団体にもなっている。もしかしてファーストワンは名乗っていないけれど、元祖ファーストワンタイプ?
ファーストワンと名乗ったのがファーストと言われる文京区も、このふたつのコンセプトを導入し、この方式で進めたらまちが活性化するのではないでしょうか。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
講演会のお知らせ
「生活空間と都市景観—快適な街並みと美しい街並みの違い」 
(主催 文京の未来を創るネットワーク・お結びの会)
 
日 時 : 2012年6月3日(日) 13時30分~16時00分
 
場 所 : 文京シビックセンター 4階 シルバーホール
 
講 師 : 建築家 水島 信 氏(ドイツバイエルン州建築家協会)
     
来日のたびにドイツのお話をうかがっています。観光客より住民の生活重視のまちづくり、
徹底した住民主権、民主主義が結果として昔ながらのまちの維持、観光まちづくりに奏功している
ローテンブルクやヒュッセン。
今回はどんなお話を聞けるのか、楽しみです。 参加費500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*