桜切るバカ梅切らぬバカ

 

みんなで見ると華やかで桜仲之橋120409上流.jpg
ふたりで見ると優しくて
ひとりで見ると胸がざわめく、、、桜が大好きです。

先週の土曜日あたりが最盛期で、その後散り始め、もうそろそろ今年の桜も見納めかと、昨日いろいろ回ってきました。

神田川沿いの桜がとりわけ好きです。

高戸橋の下流の曙橋から川沿いに入り、面影橋、三島橋と歩いてくると、それぞれの橋の上では大勢の人がお花見をしています。

ブティックの庭をおでん屋さんにしている店あり、屋台のやきいも屋さんあり、欄干にもたれて食べたり飲んだり写真を撮ったり、老若男女思い思いの楽しみ方をしています。桜仲之橋120410.jpg

ビニールシートを敷いて席取りをしての日本独特の花見宴会とはまた違った、以前に見た目黒川と少し似たところのある風情です。

仲之橋を過ぎたあたりに人だかりが。

なんだろうと近寄るとこんな看板が目に入りました。

環四120410.jpg環四1204102.jpg

都市計画道路の環四道路の工事で新しい橋を架けるために桜を2本水元公園に移植するというお知らせです。

枝と根を大きく切り取り、養生して移植すると告知していますが、看板の周囲に集まる人々は口々に「無理だよなあ、こんなに切っちゃあ。枯れちゃうよ。桜切るバカ梅切らぬバカって言うじゃない。。。」などと話しています。

環四道路は文京区内の不忍通りの延長が高田をトンネルで抜け、神田川を突っ切り、戸山公園を回避して富久町、内藤町あたりまでぬらりくらりと計画中の道路ですが、関係筋によると、桜を切る計画はどうしても反対が強くなるそうで、無理でも移植にするそうです。

無理だから枯れてしまいますが、枯れたらあ~あですますのでしょう。あ~あ。

環三道路も植物園を突っ切り、小日向をトンネルで抜けるなどという話が以前にありましたが、播磨坂だけで止まっていてやれやれです。

車のために木を切るのはやめていただきたいと強く思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*