再開発事業計画

過去にも書きましたが、春日・後楽園駅前地区の再開発事業計画の縦覧意見を1月17日まで募集しています。

提出は持参か郵送に限り、提出先は

東京都都市整備局市街地整備部民間開発課(〒163‐8001東京都新宿区西新宿2‐8‐1第二本庁舎19F北側)です。

 

さて、計画の内容ですが、基本設計段階でまだ詳細は決まっていないとはいえ、総事業費754億5千万円、補助金総額78億円が投じられる計画、基本がよくなければ私たちの税を使ってほしくありません。

しかし、78億のうち最も多い約52億が充てられる「共同施設整備費の中のその他施設費」の内容は明らかではありません。おそらく公益施設などもこれに入るのだと思いますが、都市計画決定前には保育園、高齢者施設、医療機関、大学等の公益施設という説明を受け、詳しくは事業計画時点で明らかになると言っていたのに、おかしいことに逆に曖昧になり、「子育て支援施設のほか『知と文化を大切にするまちづくり』という考え方に基づく関連施設」、という表現になっています。中央大学が候補に挙がっていたので、どうなったか縦覧担当者に尋ねたところ、まだ決まっていないとのことでした。

また、次に多い13億円の算出根拠である「21世紀都市居住緊急促進事業」というのは、「21世紀にふさわしい、ゆとりある生活空間の実現を図る事業」ということで、住宅要件の中には、高齢社会への対応として、高齢者の身体機能に配慮した加齢対応構造であること、という項目があります。

ですが、居室の構造はプライバシー尊重の視点から描いてありませんが、ワンルームに近い小さい住戸が多く、とてもゆとりある生活空間とは思えません。南街区は1人世帯の若年層向け、北街区は少し広く2人以上世帯向け、西街区は比較的小型の住戸ということ。

それに超高層の141mマンションそのものが高齢者の身体機能にとっては酷なのではないでしょうか。防災安全性への寄与という要件でも、高齢者対象となるとどうなのか、制震装置導入で揺れに対応した設計だとしても、それ以前の問題ではないのか。階段を降りるのが大変、一度降りたら昇れないのでは、と心配してしまいます。

それとも高層階は若年層、低層階は高齢者と分けるのでしょうか。

 

次に気になるのは、人口動態と住宅政策の問題です。この再開発ビルは竣工するのが2018年、人口推計では都心回帰も20年には頭打ち、2023年にはさすがの文京区も人口減少に転じていますが、740戸もの巨大マンションは区内の他地域を空洞化させるか、それとも自ら新築ゴーストタウンになるかもしれませんね。

千葉県が、予定より5年早く、首都圏で初めて人口減少に転じたと報道されていましたが、もし文京区も5年早まれば2018年に減少に転じ、竣工と同時に供給過剰、値崩れ売れ残り、悪夢か正夢か。

宇部市のシャッター通りが世界最長のお化け屋敷にリメークして話題になっていますが、大変よいアイディアだと思いますが、東京の都市核のゴーストタウンは笑えません。

 

うひとつ気になるのは駐車場と駐輪場です。

特に、言問通りに北街区駐車場の入口をつくる計画は渋滞を悪化させるのではないか心配です。昔から週末などには西片交差点から唐橋くらいまで渋滞になっていましたが、春日交差点の信号の直進と右折が分離されてからは、春日交差点のシビック方面への右折車線が渋滞し、それを避けるために西片交差点で左折せずこんにゃくえんま前を左折する車がふえたこともあり、言問通りの渋滞が酷くなっています。そこに駐車場の入口ができれば、拍車をかけるのは見えています。

基本設計をした日本設計の技師さんに聞いたところ、「警察との協議で一応安全面や交通面は大丈夫ということになり、商店街の合意も得たが、渋滞対策など運用面は様子を見て今後検討する。駐車場は地下でつながっているが、南から北への一方通行になっており、北街区は居住者の駐車場が主で、オフィス棟の南街区に用のある車は北入口からは入らないので、駐車場の進入時間帯を区切ることも可能」とのことでしたが。。。

駐輪場については、外来者用はともかく、居住者用が地下2階や地上6,7階にあり、エレベータで自転車を運ぶようになっていることが気になります。

シンドラー社エレベータでの死亡事故も記憶に生々しいし、ちょっと出たり入ったりするには面倒で、路上に放置するのは人情のように思えます。日本設計さんは最近のマンション居住者は公共心があり放置せずきちんと運ぶ、とおっしゃいますが。。。

 

以上が事業計画書を見て、説明を聞いて、感じたことです。みなさまもどうぞ・・・、と言いたいところですが、縦覧期間は去年12月で終わり、東京都のHPにも事業計画書が見つかりません。意見募集も出ていません。やれやれ。

でも、もし意見を出したいという方がいらしたら、コピーをお分けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*