私の中の記念日

ちょうど1年前の今日、12月29日、3人の女性が集まり、膝詰めで相談し、統一地方選挙で区議会に私が立候補することを決めました。

年老いた舅と姑がいる、関心がまちづくり・都市計画・環境分野に偏っている、私自身が若くない、今の生活を変えたくない、等々、はっきりいって障害も多く、適任とは思えず、決心がつきませんでした。

しかし、地域主権はかけ声ばかりで市民自治が進まず、請願も意見も提案もまったく通らず、市民は参加疲れ、どうにか市民の声を議会に伝える無所属の議員をふやさなければ、という思いもあり、2人の熱心な説得に負けた形で、苦渋の決断をしました。

そしてその後、3人に2人プラスで、5人でカラオケに行ったのです。5人で狂ったように勝手気ままに歌いまくりました。演歌組、童謡組、パンクロック組、70年代組、それぞれ無理矢理喉のつかえを飲み込んだみたいに。すごいことになりました。

その後、それまで地域でまちづくりの問題を考えてきた仲間が応援してくれることになり、少しずつやる気が出てきたところに、3.11が来たのでした。

あの日、私は支持者の一人と区役所11階の選挙管理委員会室で事前審査を受けていました。そこにあの震度5弱。机の下に入って!と言われ、入っていたけれどなかなか揺れが収まらず、腰が痛くなって・・・もともと超高層は人の住むところではないと思っていたので、絶対こんなところでは死にたくないと思い、揺れが収まり次第、階段を駆け下りたのですが・・・

事務所に帰ってみたら、ご自分の家のこともさぞ心配だろうに、みんなまだいて、私たちの帰りを待っていてくれたのです。あんな地震を区役所で経験し、愛想を尽かしてやめてもよかったようなものですが、これが効きました。もうみんなと一緒にやるっきゃないな、と。

今、必死で勉強しようとはしながらも飲み込みが遅く、物覚えが悪く、思いこみが強く、寝不足に弱く、多々難ありながら何とかがんばっていられるのは、12.29の仲間と3.11の仲間がいるからこそです。

今日は私の議会記念日です。

このまちは元、本当にいいまちでした。それがどんどん様変わりし、自由の名の下に、ひとりひとりには悪意はないまま、本当に酷いことになりつつあります。先のことを考えてみて!日本中ではもうとっくに人口が減り始め、10年後には文京区も人口が減り始めるのに、そのときのためを考えて!

市民として外から吠えているより、議会の中で自分の住みたいまちを描いていきたい、違うまちを描いている人たちの意見も聴き、何が違うか、どうしてその違いが生じるのか、意見を伝え合う中で合意点を見つけ、狂い始めた軌道を少しでも修正していきたい、と今は考えています。

 

宿題

昨日は区役所の仕事納めでした。今日12月29日から1月3日まではシビックセンターは全館閉鎖されます。

いつもの土日のように、身分証明書のカードキーで入れるのかと思って資料の整理をゆっくりしていたら、特別に届け出ないと入れないと聞いて、ちょっと急いだのですが、夜6時になっても終わりそうもないので、諦めました。

あ~あ、整理の苦手な私、自宅だけでなく区役所でも、整理整頓は年越し・先送りとなり、頭が痛いことです。今日からは我が家も大掃除ですが、今、この段階で既に継続審議、保存モードです。

ところで、宿題になっていた区内の学校のICT化については、最後に教育委員会学務課長さんにようやく聞くことができました。

ICT化のことは12月8日にこのブログで取り上げ、下の文科省統計の文京区の数値が低いこと、そして数値の意味に関する疑問を述べましたが、学務課に聞いたところ、担当者がこのデータを知らなくて、時間が欲しいと持ち帰ったのでした。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001081897&requestSender=dsearch

さて、この中の「市区町村別コンピュータ設置状況およびインターネット接続状況の実態」という項目について、小学校の現在の普通教室ラン整備率が6.5%というのは、特別支援学級の一部に整備しているものとのことでした。

そして24年度に10校、25年度に10校、25年度までに特別支援学級も含め、全小学校の普通教室に教育用サーバーのランを整備する計画とのことでした。

中学校の88.3%というのは、六中が建て替え中のためその分100から減っているからで、校舎完成後は元通り100%になるそうです。

そういうことで、23~25年度の基本構想実施計画で区立小学校 20校全部にラン整備をすると区長が発言されたのは間違いではなかったことになりますが、それでは実施計画に書いてあるパソコン教室、特別教室、職員室が対象、という方が間違いなのか、という疑問がわきます。

それについては、「パソコン教室は既に全校ラン整備されている。実施計画には計画を全部書かない場合もある。」との回答でした。しかし、全部書かずに省略するっていうのも変ですが、すでにやったパソコン教室が入っているのは明らかに間違いだし、前回聞いたときは、小学校の普通教室は今期の実施計画後の課題、つまり目下ラン化する計画はない、ということをおっしゃったわけですから、このあやふやさは怪しい。問題ありと思います。

ちなみに朝日新聞の特集、「教育あしたへ デジタルが来た」では、1人1台のタブレット端末を子どもに与え、問題を解く際に回答を共有し、習熟度などもデータとして教師が把握している事例がありましたが、文京区ではラン化後の活用については、「いろいろ問題もあるので検討中」ということで、1人1台は当面考えていないようでした。

電子黒板は50インチ型のホワイトボードタイプが各校に原則1台、テレビと兼用の32型が各クラスに1台と言っていましたが、どちらもランにはつないでいないそうで、先生が持参した教材ソフトを入れて見せる専用、双方向の活用はかなり遠い先のようです。

「いろいろの問題」の中には、教員の資質や能力、生徒の個人情報やデータ共有の範囲のことも含まれていますが、他の自治体の教員ができて文京区でできない理由は考えられず、ICT化自体の持つ危険以外にはあまり考えられないし、何よりせっかく予算をあててラン化する意味が半減するので、先進事例の研究に励み、早々に課題を解決し、有効に活用してほしいものです。

 

宿題はこれ以外にも、絶対高さ制限の第2次素案の周知と区民意見募集の実施方法について、なぜ都市計画審議会で明らかにしなかったのか、地域の掲示板に貼ることやHP上でだけでも早めに広報してはどうか、都市計画部計画調整課に尋ねたかったのですが、あちらが忙しすぎて、とうとう説明していただけませんでした。年明けに再度伺いましょう。

その他、年が明ける前にもう2つ、議会活性化研修会と行財政改革推進計画についてご報告したいと思っていますが、間に合うかな??

*