絶対高さ制限 第2次素案

11月の第4回定例会建設委員会で、高さ制限第2次素案の出し方についてかなり紛糾し、担当課の持ち帰りとなり、その後何も報告がなく、こちらから尋ねて初めてわかったことをご報告します。

まず、そもそも建設委員会で何が紛糾したかというと、1次素案が区報特集号で、新聞折り込みだったため(特集号は常に折り込み)、新聞を取っていない人やチラシと一緒に捨ててしまった人が多く、周知に問題があったので、担当課では2次素案は周知に工夫すると言っていたのですが、建設委員会での当初の説明では、今回は特集号を出さず、区や町会の掲示板と12/25の区報通常号でアナウンスをして、素案そのものは地域活動センターなどに置いて自主的に見に来てもらうようにするというので、それでは前よりもっと酷い、と揉めたのです。

12/21に都市計画審議会があり、資料に第2次素案が出ましたが、今後の周知や意見募集について何も触れていないので、担当の都市計画部計画調整課に聞いたというわけです。

そのときの回答は、「2月に第2次素案の区報特集号を出し、区民意見を募集します。これについては、都市計画審議会では報告しました。建設委員会には2月の第1回定例会で報告する予定です。」

何も問題がないかのごとく、さらっとすまして言うのには本当に腹が立ちました。
都計審は行政機関でしょう、議会で揉めたのに議会に報告せず、都計審を傍聴した人しかわからない状況っていうのはないでしょう!

ともあれ、これでは1次素案のときとまったく変わらず、12月が2月に延びただけで、しかも3月に第3次素案を出す予定には変更がないようなので、1ヶ月で意見募集し、集約し、検討して採否を決めるということです。

これはほぼ無理でしょう。ということはできレースで、今回の2次素案で固めるつもりということでしょうか。

そんな姑息無情な区ではまさかないと思いますが、3次素案を延期してもらうよう働きかけるとともに、2月までにじっくりと意見を練って、区報発行と同時に一気に意見を上げられるよう準備するしかないですね。

素案の内容は、18階の計画調整課で都計審資料をくださいと言えば、既に終わった審議会ですからくれると思いますのでご覧ください。それともまた情報公開請求をしなければくれないかな? 私が傍聴資料を持っていますので、ご希望でしたらコピーして差し上げます。

内容をざっくり述べると、1次素案は現状より高いという意見が多かったことから、具体的に要望が強かったところや地域特性が明らかなところなどについて高さを下げた、ということです。

22mだった本駒込と西片の一部(一種住専に隣接する)、不忍通り沿いの目白台、千石、白山、根津、千駄木などは17mまで下がりましたが、小石川2,3丁目の22mの地域はそのままです。

その他、規制値の算出の際、切り上げだったのが四捨五入になり、1m下がったところがたくさんあります。

ただ、17mまで下がってもまだ不十分なところとして、西片の第一幼稚園の周囲、誠之小の前の地域があげられます。現状は隣の一種住専の10mと全く変わらない地域性で、むしろ道路幅は狭いのですから、10mでもいいくらい、百歩譲っても12か14で十分だと思います。

4~6車線の春日通り沿いの春日2丁目が14mだというのに、中山道沿いのこの地域がそれより高いというのはあり得ません。沿道の31mと釣り合いを取ろうとしているのなら、中山道は2車線ですから、31の方を22まで下げてはどうでしょう。

これでは必死で守ってきた一種住専の趣をどんどん壊し狭めてしまいます。西片では今でも町会と連携してワンルームマンションと闘い、なんとか30m以下に抑えているのに、やった~!31mまでOK!とデベさんが喜ぶばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*