今年も中止!区政を話し合う集い(11/7)

11月7日に予定されていた「区政を話し合う集い コミュニティ・産業・文化編」は申込者少数につき中止となったそうです。

21日の「子育て支援・教育・青少年の健全育成編」については予定どおりおこなわれるようです。

昨年は、「まちづくり・環境編」はおこなわれましたが、「福祉・健康編」はやはり申込み少数で中止となりました。

区民はそんなに関心が低いのでしょうか?それとも・・・?

私は募集要領に申込みをためらわせるものがあるように思います。

 

どちらか1日だけ、発言項目もひとつだけ、さらに具体的な発言事項をあらかじめ書けと(去年は発言要旨を100字くらいで書けと)指示され、その上「記載事項に不備がある場合は対象外とする」って、こんな威圧的な募集に応じる人はどんな人たちでしょうか。

よほど区政にやるかたない憤懣を抱いている人しか、このハードルを乗り越えて応募しないのでは?

もっと誰でも何でもいくつでも、疑問や意見を出し合い、区長や幹部職員とざっくばらんに話し合いましょう、そしてより暮らし良い文京区に共にしていきましょう!という雰囲気でやれないのでしょうか。

もっとも、なごやかな雰囲気よりも、重い課題を抱えて憤懣やるかたない人たちと直接会って話す方が、民主的でより区民に寄り添った施政につながるから、敢えてこういう募集要領にしていると穿った見方もできますが。

しかし、毎年中止になっているのにこういうやり方に固執する文京区って、本当は区民と話し合いたくないのだと思われても仕方ないでしょう。

区政を話し合う集いについては、議事録公開の遅さも問題になっていて、6月議会の一般質問で私はこの問題をとりあげたのですが、ついでに区長が区民となかなか会ってくれないことを指摘したところ、区長は「私は職員のだれよりも、あらゆる機会を通じて多くの区民と面談し、その声に耳を傾けていると自負しております」と答弁されました。

ぜひそのとおりにお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*